小さな発見に満ちた北欧時間の流れる森と湖「メッツァ」

北欧のライフスタイルを体験できるゾーン「メッツァビレッジ」2018年秋開業ムーミンの物語を主題としたゾーン「ムーミンバレーパーク」2019年春グランドオープン

フィンテック グローバル株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 信光、以下「フィンテック社」)と株式会社ムーミン物語(本社:東京都港区、代表取締役:ロバート ハースト、以下「ムーミン物語社」)は、“北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所″を目指した「メッツァ」を、埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに開業します。メッツァは、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(2018年秋開業予定)と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」(2019年春グランドオープン予定)の2つのゾーンから構成されています。

メッツァ ロゴメッツァ ロゴ

メッツァビレッジ ロゴメッツァビレッジ ロゴ

ムーミンバレーパーク ロゴムーミンバレーパーク ロゴ
                     ©Moomin Characters TM

<「メッツァ」コンセプトについて>
メッツァは、本質的なこころの豊かさの発見へ導く6つの体験価値「挑戦、創造、共有、解放、探究、想像」を、お客様に提供します。 お客様には、それぞれの体験を通じて、日常生活で忘れてしまいがちな大切なことを発見して頂き、その発見がこころの豊かさにつながります。 また、メッツァでの体験は、3つの指針に基づいて設計されています。
3つの指針:
①    答えは自分で考え、見つけるものという考えの「人それぞれの答えがある」体験(多様性・変化)
②    湖畔で味わう風の心地よさや足の裏で感じる根っこの力強さなど「五感を刺激する」体験(体験・感覚)少しずつ積み重ねて、大きな成果を手に入れる喜びと感動の「積み重ねが意味を持つ」体験(継続性・蓄積)

<「メッツァビレッジ」について>
メッツァビレッジでは、こころの豊かさにつながる北欧のライフスタイルを体験できます。入場は無料で、日常的にお越し頂ける自然豊かな公園機能を維持し、自然を身近に感じて頂ける施設やアクティビティを展開します。新鮮な地元野菜や工芸品などをご購入頂けるマーケットや、サウナを併設した宿泊施設、グランピング施設を計画しています。

メッツァビレッジ イメージメッツァビレッジ イメージ

メッツァビレッジ イメージメッツァビレッジ イメージ

メッツァビレッジ イメージメッツァビレッジ イメージ

<「ムーミンバレーパーク」について>
ムーミンバレーパークでは、ムーミン一家とその仲間たち、そして新しい発見に出会うことができます。 ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台や水浴び小屋、ムーミンの物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じて頂ける施設などを計画しています。 また、ムーミンバレーパークのオリジナル商品を展開する大型のギフトショップやレストランなども計画しています。
©Moomin Characters TM

ムーミンバレーパーク イメージムーミンバレーパーク イメージ

ムーミンバレーパーク イメージムーミンバレーパーク イメージ

ムーミンバレーパーク イメージムーミンバレーパーク イメージ

 

ムーミンバレーパーク イメージムーミンバレーパーク イメージ

 

ムーミンバレーパーク イメージムーミンバレーパーク イメージ

<ロゴについて>
「メッツァ」「メッツァビレッジ」「ムーミンバレーパーク」の世界観をイメージした初公開の3つのロゴは、ムーミンの物語の原作者トーベ・ヤンソンの姪ソフィア・ヤンソンのご子息ジェイムス・ザンブラーが在籍する、フィンランドのクリエイティブエージェンシー「Kobra Agency」が制作。「メッツァ」のロゴは、宮沢湖周辺に広がる森(=フィンランド語で「メッツァ」)をイメージ。 「メッツァビレッジ」のロゴは、森の中に広がるマーケットなどをイメージ。 「ムーミンバレーパーク」のロゴは、ムーミン谷をイメージしています。
※メッツァ及びmetsäは登録商標です。
※メッツァビレッジ及びmetsä villageは商標登録出願中です。
※ムーミンバレーパーク及びMOOMINVALLEY PARKは商標登録出願中です。

<メッツァ公式サイト公開>
2016年12月6日(火)にメッツァ公式サイトを公開します。ティザームービーも本公式サイトでご覧頂けます。
URL: www.metsa.co.jp

<アンバサダープログラム>
メッツァでは、開発チームと共に施設内アクティビティを企画いただける方や、メッツァの魅力や価値を広めていただける方をサポーターとして募集します。プログラム概要の発表と募集開始は、2017年1月にメッツァ公式サイトで公開予定です。

<地方創生への新たな取り組み>
青々とした木々が茂るハイキングコースや、のびのびと過ごせる公園など、自然と人々の暮らしが共に息づく地域資源豊かな飯能市が有する奥深い資産と、メッツァのコンセプトを合わせることで、飯能市と共に新たな地方創生のあり方を創造していきます。森と人との共生、自然と都市との調和への取り組みを、飯能市とメッツァ、そして周辺地域へと広げていきます。

<従業員採用に関して>
メッツァでは、正社員・準社員・パートタイムの従業員の採用を行う予定です。採用開始時期は、随時発表します。

 <フィンテック グローバル株式会社について>
フィンテック社は、企業の成長・地域社会の発展を支援する「ブティック型投資銀行」です。ヘルスケア施設のファイナンスアレンジメント等や、テーマパーク、ライフサイエンス、不動産、食品等の領域で特色ある企業への投資を展開しており、2013年にムーミンの遊具を製作するフィンランド企業のプーハ・グループ社(Puuha group Oy)と共に、株式会社ムーミン物語を設立しました。
フィンテック社と埼玉県飯能市(市長:大久保 勝、以下「飯能市」)は、2015年6月30日、メッツァの開設や飯能市の観光振興に資する事項等で連携協力していく旨を定めた「地方創生に関する基本協定」を締結しました。フィンテック社は、「メッツァ」の開業準備を進めるとともに、飯能市と連携した観光振興の推進に努めています。

<株式会社ムーミン物語について>株式会社ムーミン物語は、2013年に設立し、ムーミンの著作権をすべて保有するOy Moomin Characters, Ltd.(フィンランド共和国、以下、「Moomin Characters」 という)のグローバルな専属的代理人であるBulls Presstjänst AB との間で、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」に関する日本国内の独占的ライセンス契約を締結しており、パーク開業準備を進めています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ムーミン物語 >
  3. 小さな発見に満ちた北欧時間の流れる森と湖「メッツァ」