アメリカ人が秋に目指す日本の観光地No.1は箱根!増加を続ける箱根町の外国人観光客、宿泊者数は前年比122%の46万人*1!世界が注目!箱根の“本物”の魅力とは?!

年間150組の外国人観光客を案内する箱根のガイド金子森さんが秋の箱根を特別紹介!「日本の魅力をまとめて箱根で堪能する1泊2日の旅」

アメリカ人が秋に目指す日本の観光地No.1は箱根!
増加を続ける箱根町の外国人観光客、宿泊者数は前年比122%の46万人*1!
世界が注目!箱根の“本物”の魅力とは?!


年間150組の外国人観光客を案内する箱根のガイド金子森さんが秋の箱根を特別紹介!
「日本の魅力をまとめて箱根で堪能する1泊2日の旅」


紅葉シーズン到来!箱根の最もきれいな絶景に出会える時期に!
 残暑も一段落、箱根の最もきれいな絶景に出会える季節がやってきました。紅葉から先に見える富士山や芦ノ湖、そして箱根一帯で楽しめる温泉の絶景。さらに、この絶景に加えて、歴史や文化など外国人観光客から評価の高い箱根の“本物”の魅力をご紹介することで、箱根の魅力を再発見いただき、国内外の多くの皆様にさらに箱根を楽しんでいただきたいと考えています。

東京でも、京都でもない! 海外ツーリストは箱根を目指す!

 昨年9月から11月の3ヶ月間に日本を訪れたアメリカ人の宿泊人数が最も多かった場所は箱根でした。東京各地や京都よりも多い結果となっています。またアメリカ人だけではなく、箱根町の外国人観光客の宿泊者数も増加を続けており、昨年は前年比122%で46万人に達しました*1。

【アメリカ人の宿泊先ランキング】 (2016年9月1日~11月30日)【アメリカ人の宿泊先ランキング】 (2016年9月1日~11月30日)

 

人気の秘密は“本物”、箱根には日本の“本物”がつまっている?!

 年間150日、世界23カ国以上からの外国人観光客を案内している箱根の観光兼登山ガイドの金子森さんに箱根の魅力について聞いてみると「箱根には富士山に代表されるような雄大な自然、寺社仏閣などの歴史や地域で何世紀にわたり育まれてきた文化、そして温泉といった海外からの観光客が日本に求める要素が多く揃っています。 しかも、そのいずれもが英語で言うところのオーセンティック(Authentic)、つまり本物であることが外国人観光客の方から高く評価されている理由だと思います」とコメント。さらに、「海外の方は写真に撮ってInstagramなどのSNSに投稿する人も多く、特に箱根は無数に“インスタ映え”するスポットがあることもあり、SNSを通じて箱根の人気が近年さらに広がっていると感じています」と続け、主に海外の旅行者に人気のスポットを紹介いただきました。

【次回日本に訪れた時にしたいこと】【次回日本に訪れた時にしたいこと】

注目スポットは、箱根神社旧東海道など、歴史をリアルに体感できる場所、 40万年の歴史が生み出した箱根一帯に数多くある温泉に加え、箱根彫刻の森美術館、ポーラ美術館などの文化的スポット、そして創業から何百年も代々受け継がれた多くの旅館や店舗など。そこで今回は、金子さんに秋におススメの箱根の“本物”スポットを1泊2日で体験できるコースを特別に紹介いただきました!

*1:箱根町調べ 。 

 

1日目午前中:
朝一番は、紅葉の先に見える富士山から!
無数の“インスタ映え”スポットで、箱根の絶景をおさえる!

 自然の豊かな箱根。首都圏からも多くの観光客が「紅葉狩り」に訪れるように、箱根の秋は格別です。定番の紅葉スポットは、日本初のフランス式庭園である箱根強羅公園、つつじの名所としても有名な箱根小涌園 蓬莱園、箱根美術館、仙石原・長安寺など。さらに箱根の絶景は、箱根海賊船、芦ノ湖遊覧船、箱根ロープウェイ、箱根駒ヶ岳ロープウェイ、箱根登山電車など箱根中に動くさまざまな乗り物から見ると全く違う風景が楽しめます。

 また秋の箱根の絶景として見逃せないのが、赤く染まった山々と芦ノ湖の先に見える富士山を望む景観。大涌谷まで行く箱根ロープウェイから見られる紅葉と富士山とのコラボレーションは必見です。

 さらに箱根の秋の絶景といえば、仙石原のすすき草原も見逃せません。9月下旬から黄金色にキラキラと輝き、秋が深まるごとに淡い金色の草原に変化していく光景は、箱根でしか味わえない見どころの一つです。

芦ノ湖芦ノ湖

仙石原のすすき草原 (10月下旬から11月中旬は一面が黄金に!)仙石原のすすき草原 (10月下旬から11月中旬は一面が黄金に!)











 

1日目午後1時:
歴史を体感する旧東海道ハイキング!

 「昔から変わらない自然と、その中に息づく歴史を実際に体感できるのも箱根の魅力です。」
 金子さんによると、外国人観光客の方で、江戸時代初期、幕府の官道として整備された旧東海道を実際に歩いて、当時さながらの風景を楽しむ人も多いとのこと。
 注目すべきは、箱根神社や芦ノ湖畔の箱根の関所。畑宿から芦ノ湖にかけて今も残る石畳の街道や江戸初期に植えられた樹齢370年になる約400本の杉並木は見逃せない絶景の一つです。
 この旧東海道があったからこそ、芦ノ湖畔や湯本をはじめとする湯治場として繁栄してきた箱根の歴史。実際に歩いてみることで、新しい箱根の魅力の発見につながるかもしれません。

旧東海道の石畳旧東海道の石畳

杉並木杉並木











 

1日目午後3時:
トリップアドバイザーで4.5の高評価*2!400年代々続く茶屋!
*2:2017年9月27日時点。

 旧東海道を歩いて疲れたら、当時の旅人も足を休めた甘酒茶屋で休息。13代目を継ぐ店主の山本聡さんによると「訪れたアメリカ人の方はまず400年間代々続いていることに驚かれます」とのこと。また流暢な英語の接客で外国人観光客から人気の奥川さんは「ここ数年で世界各国から訪れてくださる外国人の方が急激に増えています。ここはどこだろうと思うくらい、海外の方でお店がいっぱいのときもあります」と外国人から高まる人気についてお話ししてくださいました。
 お話を聞くと、代々続く建物、当時使われた駕籠、米と米麹だけで作った甘酒、ホスピタリティーあふれるお店の方々から聞く歴史のお話など、箱根の“本物”の魅力がSNSなどを通じて拡散されたことで、世界中からお客様が訪れてきてくださっているのではないかと考えられます。
 奥川さんは、あるイギリス人観光客の方が『The Guardian』という新聞で甘酒茶屋が大きく紹介された記事を持っていらっしゃったともお話されており、外国人の方からの注目スポットになっています。

甘酒茶屋13代目山本聡さん(右)と姉で 外国人を流暢な英語で接客する奥川琴代さん甘酒茶屋13代目山本聡さん(右)と姉で 外国人を流暢な英語で接客する奥川琴代さん










 


 

 

1日目午後4時:
箱根といえば温泉!豊臣秀吉の軍勢も士気を高めた箱根の温泉へ!
40万年の火山活動と複雑な地層が生んだ、箱根ならではのバリエーション「箱根十七湯」!

 「箱根にきたら、やっぱり温泉を楽しんでいただきたい」と金子さん。他に例を見ないほどバラエティ豊富な泉質の温泉が揃うのは箱根ならでは。40万年前とも言われる箱根火山の噴火活動によって、多様な地質を作り上げた結果、「箱根十七湯」と呼ばれるバリエーション豊かな温泉場が揃いました。
 歴史を紐解くと、開湯は奈良時代の738年。以降、多くの歴史上の人物に愛され発展を遂げました。中でも代表的な人物が豊臣秀吉。全国区の知名度を得たのは、秀吉の小田原征伐がきっかけといわれています。陣中の労をいやすため、秀吉自身も入湯し、軍勢の士気を高めたというエピソードが残っています。江戸時代には将軍家への献上湯としても利用されていました。
 その後は旧東海道の整備とともに発展した箱根。塔ノ沢温泉に通っていた福沢諭吉らの提言もあって、道路、交通機関の近代化が進むと、七湯から十二湯と開発も進み、現在は十七湯を数え、宿泊施設の数や宿泊利用する人数などで日本一を誇るまでになりました。
 次ページでは箱根十七湯の各温泉場の特徴を紹介。「歴史や特徴を知ると、箱根の新しい温泉の楽しみ方が見つかるかもしれません。」と金子さん。
 

箱根の温泉は、プライベートに楽しめる!夜は旅館でホスピタリティーの原点を堪能!
 外国人観光客にとっても、日本で温泉に入るのは大きな楽しみの一つ。ただ「海外の人にとってなじみのない大浴場や混浴といった日本の温泉文化には困惑する」、と金子さん。「でも箱根なら大丈夫!プライベート温泉が充実しているので、外国人の方にも人気です。部屋風呂や貸切風呂が充実している旅館・ホテルが多いので、プライベートに温泉の楽しめるんです。ゆったりと温泉を楽しんでいる光景をインスタグラムやフェイスブックなどにあげている外国人観光客も増えていますよ。」と金子さんは安心して外国人の方に温泉をおススメしているとのこと。
 さらに、旅館・ホテルが提供する箱根の旬の素材にこだわった日本料理や浴衣、箱根の歴史ある旅館ならではの接客も、ホスピタリティーの原点といえるもの、これらも箱根の大きな魅力となっているそうです。
 

箱根では数多くのプライベート温泉が楽しめる!箱根では数多くのプライベート温泉が楽しめる!

2日目午前中:
箱根で本物のアートに出会える?!
どこまでもホスピタリティーあふれる箱根ならではの“美術館温泉”?!

 海外のツーリストが箱根の目的地のひとつとして挙げられるのが美術館。「こんな作品も日本にあったのか、と驚かれます」と金子さん。「トリップアドバイザー」をのぞくと、4点以上の高い評価を受ける美術館が揃っています。

 たとえば、箱根彫刻の森美術館は、迫力の彫刻を野外で楽しめることに加えて、300点を超えるピカソのコレクションが充実しています。また、ポーラ美術館では、モネやルノワールといった印象派の作品たちに加え、アール・ヌーヴォー、アール・デコ期のガラス細工のコレクションが好評です。ヴェネチアン・グラスの名品が揃う箱根ガラスの森美術館は、庭園を飾る「光の回廊」が「インスタ映え」スポットとして人気を集めています。

 また、金子さんがおススメするのは、どこまでもホスピタリティーにこだわる箱根を感じられるという美術館の中にある温泉。箱根彫刻の森美術館、岡田美術館には足湯があり、パリで高く評価された現代画家、平賀敬の平賀敬美術館には歴史ある異色の温泉が楽しめます。本物のアートを楽しみながら、旅の疲れを癒し元気に旅を楽しんでいただけるのも箱根ならではです。

箱根彫刻の森美術館の足湯箱根彫刻の森美術館の足湯

 

2日目午後:
旅の最後は、日本の匠の技をお土産に!
世界の人たちを魅了する箱根の伝統工芸、すべてが1点ものの「寄木細工」!

 金子さんが箱根のお土産として海外のお客さんにすすめているのが「寄木細工」。海外の方が実際に見ると「絵の具などで描いたものじゃないのか!」とビックリされるそうで、トレーやコースターといった日用品を中心に、秘密箱などもお土産として人気も高いとのことです。
 寄木細工は、樹種が豊富な地域だった箱根で、その恵みを生かして生まれた伝統工芸です。様々な樹木の自然の色合いを生かして精密な模様を作り出す技法は、江戸時代末期に畑宿に住む石川仁兵衛によって生み出され、現在も受け継がれています。すべて自然の木で作り出されるため、色の組み合わせがユニークで美しく、無限の色と柄の組み合わせがあることが大きな魅力です。伝統工芸士の金指勝悦さんが毎年製作する、寄木細工で作られた箱根駅伝往路優勝校に箱根町長から送られるトロフィーも有名です。
 最近では、伝統の技を受け継ごうと活躍する若いアーティストによって斬新なデザインの寄木細工が次々と登場しており、進化を続ける伝統工芸は、外国人観光客からの人気を押し上げています。

自然の木の色のユニークな 組み合わせが美しい寄木細工自然の木の色のユニークな 組み合わせが美しい寄木細工

(参考)17箇所20種あるといわれる箱根の温泉をご紹介。さらに詳しい情報は、箱根町観光情報ポータルサイト https://www.hakone.or.jp/996?gana=zukan/ をご覧ください。

 





 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「箱根DMO」(一般財団法人箱根町観光協会) >
  3. アメリカ人が秋に目指す日本の観光地No.1は箱根!増加を続ける箱根町の外国人観光客、宿泊者数は前年比122%の46万人*1!世界が注目!箱根の“本物”の魅力とは?!