第3回建設職人甲子園 東京地区決勝大会、2017年4月2日(日)に開催

~建設職人が叫ぶ、本当の建設業の姿・実態~

500万人の建設業界から日本を変える一般社団法人建設職人甲子園(事務局:東京都文京区本郷3-3-11IPB御茶ノ水ビル9F)が「第3回建設職人甲子園 東京地区決勝大会」を、2017年4月2日に開催いたします。
エントリー企業の中から選び抜かれた3社によるプレゼン、参加者からの投票、そして表彰までを2時間半で一挙にお送りします。


3回建設職人甲子園 東京地区決勝大会、201742日(日)に開催
~建設職人が叫ぶ、本当の建設業の姿・実態~
500万人の建設業界から日本を変える一般社団法人建設職人甲子園(事務局:東京都文京区本郷3-3-11IPB御茶ノ水ビル9F)が「第3回建設職人甲子園 東京地区決勝大会」を、2017年4月2日に開催いたします。
エントリー企業の中から選び抜かれた3社によるプレゼン、参加者からの投票、そして表彰までを2時間半で一挙にお送りします。

日本の物づくりに携わる人の平均年齢は47.3歳。その内の6割以上が50歳以上です。次の世代へバトンを繋ぐため、世間からの色眼鏡で見られる彼らの本音と、縁の下で人々の生活を支えるその取り組みを神保町 一ツ橋ホールのステージから発信します。

昨年は内閣総理大臣安倍晋三様や様々な国会、県議会議員の方からの応援メッセージなども頂き、団体が大きく成長しました。



▼一般社団法人 建設職人甲子園:http://k-shokunin.org/

イベントの主旨
建設業界の未来を変える!建設職人の価値を高める!子供たちが憧れる業界を目指す!建設職人が持つ、「世の中へのメッセージ」を伝えられる場所が本大会です。
2回大会は全国7地区(東京、埼玉、千葉、神奈川、栃木、大阪、九州)にて約1000人規模の地区決勝大会を行いました。



開催概要
主催:一般社団法人建設職人甲子園 協力:国土交通省、厚生労働省
日時:2017年4月2日(日)
会場:一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2)
参加人数:1000
プレス席:あり
会社概要
商号:一般社団法人建設職人甲子園
代表者:理事長 鈴木誠
所在地:〒113-0033
東京都文京区本郷3-3-11IPB御茶ノ水ビル9F
設立:2014年5月
事業内容:
・建設業界で働く人たちに学ぶ場、成長する環境を提供する
・現場で働く職人に、さらなる生きがいと働きがいを創る
・建設職人の新しい価値を創造し、地位向上を目指す
・会員の企業経営を通して、日本の発展と繁栄に貢献する
会は、上記の目的を達成するために、次の事業を行う
(1) あらゆる業界に、プラスの影響を与えられる『決勝大会』を開催する
(2) 企業経営に生かし、業界活性化につながる『ブロック大会』を開催する
(3) 地域ごとの企業に光を当てる『地区大会運営』を支援する
(4) 企業・職人のスキルアップのための『地区勉強会』を開催する
(5) その他当法人の目的を達成するために必要な事業


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人建設職人甲子園 >
  3. 第3回建設職人甲子園 東京地区決勝大会、2017年4月2日(日)に開催