「農業×IoT」新鮮なお米をタイムリーに自宅へ届けるサービスを開始

 米ライフ株式会社(本社 東京都千代田区、代表取締役 富田航大)は、IoTを活用した米びつセンサーがご家庭のお米残量を計測することで、精米したての新鮮なお米をお届けするサービス開始します。(http://my-life.co.jp/)


 米びつセンサーとは“米びつ”のお米が少なくなると、皆さまのスマートフォンに自動でお知らせいたします。弊社スマートフォンアプリの“米ライフDash”と併用いただくことで、お米の買い忘れをなくし、いつでも精米したての新鮮なお米を召し上がっていただけます。

びつセンサーの使い方
 ご自宅の米びつ内部のフタや天井面に簡単に貼り付けることができます。スマホアプリ"米ライフDash"と併用することで、お米が満杯の状態と、スマートフォンに通知される最小の量をそれぞれ設定していただけます。
無料レンタル受付中:http://my-life.co.jp/

米ライフDashについて
 農家さんの美味しいお米をご購入いただけるスマートフォンアプリです。スマートフォンのBluetoothをオンにして頂くことで、自動で米びつセンサーと連動いたします。それにより、米びつセンサーが検知したお米の残量が表示されます。
iOS:https://appsto.re/jp/OsZuhb.i

Android:https://goo.gl/uK21cR


 多くのお米は、産地や品種毎にブレントされ、皆様の食卓にのぼります。しかし、ブレンドされてしまうがゆえに、"産地偽装"が後を絶ちません。弊社では、安心・安全で美味しいお米をお届けするという理念の下、元農家の代表自らお米の産地まで足を運び、農家さんから直接仕入れをしております。米という字は、“八十八”の手間をかけて作られていることが、その由来です。米ライフは、産地や品種、価格だけではなく、お米本来の美味しさや、農家さんの想いでお米を選んでいただけるサービスです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 米ライフ株式会社 >
  3. 「農業×IoT」新鮮なお米をタイムリーに自宅へ届けるサービスを開始