MIBブラウザが無償で利用できるリミテッドエディションを追加した「Advanced Trap Receiver」の最新バージョン19.4を提供開始

~ Docker Composeを利用して簡単にトライアルが可能に ~

株式会社アド・コム(Advanced Computer Support Co., Ltd.、本社:東京都中央区、代表取締役:高野 敏晴、URL:http://www.adcomltd.co.jp/)は、通信系キャリア、データセンター、オンプレミス運用企業、および金融・医療・研究・教育機関などを対象にした、SNMPトラップ監視運用の効率化を実現するアプリケーション「Advanced Trap Receiver」の最新バージョン19.4を2019年11月1日から提供開始します。
 「Advanced Trap Receiver」の最新バージョン19.4では、有償ライセンスの「スタンダードエディション」に含まれるMIBブラウザやSNMPトラップログの参照などの一部の機能が利用できる「リミテッドエディション」を新たに追加します。今回追加する「リミテッドエディション」はネットワークやシステムのSNMPに関連する検証やテストで利用できるエンジニアリングツールとして、無償ライセンスでの提供を行います(営利目的での利用、改変、再配布は不可)。
 

「Advanced Trap Receiver」のMIBブラウザ画面「Advanced Trap Receiver」のMIBブラウザ画面

 
  本アプリケーションのMIBブラウザはオープンソースソフトウェアNet-SNMPのsnmptranslateコマンドから取得したMIBオブジェクトの情報をベースに、MIBのツリー構造やMIBオブジェクトの定義内容をWEBブラウザから参照することができます。MIBオブジェクトはシンボル(例 .iso.org.dod.internet.mgmt.mib-2.system.sysDescr)、および数値(例 .1.3.6.1.2.1.1.1)タイプのOIDに加え、モジュール名とオブジェクト名(例 RFC1213-MIB::sysDescr)を組み合わせたNet-SNMPのデフォルト出力形式に対応し、目的とするMIBオブジェクトを素早く簡単に検索することができます。

  MIBブラウザの画面では、MIBオブジェクトの値の取得や設定を行うsnmpwalk、snmpget、snmpsetの実行やSNMPトラップログの参照なども行えます。また、「スタンダードエディション」では、受信トラップのイベント通知メールの本文にMIBオブジェクト用の置換変数 {MIB.DEFINITION},  {MIB.DESCRIPTION} などを設定することができます。これにより、トラップやバインド(VARBINDS)の内容と合わせて、それらのオブジェクト定義や説明をイベント通知メールから確認できるようになります。
 

受信トラップログの参照画面受信トラップログの参照画面

 
  なお、今回の最新バージョン19.4からコンテナ型仮想化のDocker環境で「Advanced Trap Receiver」が構築できるDocker Composeファイルを用意しました。Docker Composeは簡単に複数コンテナ構成の作成や削除を一括管理することができるため、トライアルやテスト環境等を構築する場合にご活用ください。

  アド・コムでは、ITファシリティのコンサルティングをはじめ、最新技術を搭載したコンパクトで効率の高い空調機やUPS、STS、データセンター向けトラックバスダクトシステム、バッテリーモニタリングシステムなどの販売、エンジニアリングサービスを提供し、企業や研究機関における安定したシステム運用を総合的に支援していきます。

◆ 発売開始:2019年11月1日より

◆ 価格
  スタンダードエディション 198,000円~
(詳細は別途お問い合わせください)

◆「Advanced Trap Receiver」最新バージョン19.4の主な特長:

・パターン条件によるトラップの分類やフィルタリング
 (ホスト名、IPアドレス、トラップOID、バインドデータ*1に対応)
・トラップの基本情報に深刻度やカテゴリなどを付加したイベントを生成
・バインドデータを組合せたイベント名称の作成(日本語対応)
・イベント非生成期間、イベントカウンタによる重複イベントの集約
・メール通知、REST、およびシェルスクリプトに対応するイベント連携
・トラップイベントの確認操作履歴を残す管理機能
・グラフィカルなレポート表示やランキング表示(CSVファイル出力対応)
・MIBブラウザ機能(snmpwalk、snmpget、およびsnmpset機能を含む)
・ブラックリスト機能による受信トラップの除外
・トラップのデータをさまざまなアプリケーションやスクリプトでシェア
*1 バインドデータは数式条件と文字列条件にも対応

◆ 「リミテッドエディション」についての補足事項

・ライセンス利用期間は1年間(1年以降も無償ライセンスとして継続利用可)
・MIBブラウザ機能(snmpwalk、snmpget、およびsnmpset機能を含む)が利用可
・受信トラップログの参照機能が利用可(イベント生成、メール通知機能等は不可)
・ブラックリスト機能(受信トラップの除外)が利用可
・MIBモジュール数(MIBファイル数)やMIBオブジェクト数などの利用制限なし
・スタンダードエディションや弊社取扱商品の広告表示あり
・営利目的での利用、改変、再配布は不可
・ライセンスの提供は弊社のみ(パートナー経由のライセンス提供はなし)
・サポート関連(別途有償対応)

◆ 想定される主な導入先

・通信系キャリア
・データセンター
・オンプレミス運用企業
・金融、医療、研究、教育機関

◆「Advanced Trap Receiver」商品ページ
http://www.adcomltd.co.jp/appli/atr/

◆ 資料請求のお申し込み
https://www.adcomltd.co.jp/appli/atr/request/

◆ エンドユーザライセンスのお申し込み
https://www.adcomltd.co.jp/appli/atr/license/
上記URLから、「スタンダードエディション」、「リミテッドエディション」、および「トライアルエディション」(試用期間最大3ヶ月)のお申し込みが行えます。

◆ アプリケーション動作環境
・サーバーOS *2
CentOS Linux(x86-64) 7, 8 / Debian(amd64) 9(stretch), 10(buster) / Oracle Linux(x86-64) 7, 8 / Red Hat Enterprise Linux(x86-64) 7(Maipo), 8(Ootpa) / Ubuntu(amd64) 16.04 LTS(Xenial Xerus), 18.04 LTS(Bionic Beaver)

・クライアントWEBブラウザ *2 *3
Firefox 69 以上 / Google Chrome 78 以上 / Internet Explorer 11 / Microsoft Edge 44 以上 / Opera 64 以上 / Safari(macOS) 12 以上 / Safari(iOS) 12 以上 (QXGA以上)

・サポート言語
日本語(ja)、英語(en-US)

*2 弊社動作確認済みのバージョン
*3 WEBブラウザにFlash Player、Java、Silverlightなどのプラグインのインストールは不要

◆ ソリューションパートナー、およびシステムデバイスパートナー(順不同)

Zero Networks株式会社                                 http://www.zeronetworks.co.jp/
TEL: 03-6550-9246(営業部)                       e-mail: sales@zeronetworks.co.jp

株式会社アデットバリューコンサルティング     http://www.sherpasuite.net/
TEL: 050-5212-3731(営業企画本部)           e-mail: sales@addvc.co.jp

中央電子株式会社                                            http://www.cec.co.jp/
TEL: 042-621-5531(プロダクトソリューション事業部)

株式会社アイエスエイ                                      http://www.isa-j.co.jp/
TEL: 03-3208-1563(営業部)                       e-mail: info@isa-j.co.jp

 


【会社概要】

社名: 株式会社アド・コム
設立: 1992(平成4)年1月
資本金: 2,025万円
代表取締役社長: 高野 敏晴
住所: 104-0033
東京都中央区新川1丁目22番11号(永代ビル)
ホームページ: http://www.adcomltd.co.jp/

お客様お問い合わせ先:
TEL: 03-5542-0251(PR担当)
  e-mail: aips@adcomltd.co.jp
お問い合わせページ:https://www.adcomltd.co.jp/contact/

※文中の社名、商品名、機種名、各社の商標は登録商標です。
※株式会社アド・コムは本ニュースリリースの記載内容に技術的誤りや欠落、記載にあたっての誤りや漏れがあった場合でも何ら責任を負いません。
2019年10月

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アド・コム >
  3. MIBブラウザが無償で利用できるリミテッドエディションを追加した「Advanced Trap Receiver」の最新バージョン19.4を提供開始