コンブはやはり髪によい!? 褐藻類特有の成分フコキサンチンに育毛効果を確認

2017年3月24日(金)~27日(月) 日本薬学会第137年会にて発表

株式会社 毛髪クリニック リーブ21 (本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下リーブ21)は、
2017年3月24日(金)~27日(月) に仙台で開催される「日本薬学会第137年会」において、
「褐藻類由来フコキサンチンの毛乳頭細胞活性作用」を発表いたします。


【研究概要】

古くから昆布やワカメなどの海藻は髪によいと言われてきました。
しかし、海藻類はビタミンやミネラルを多く含んでいて身体によいものの、
髪の発育と直接関係があることは証明されていませんでした。
今回報告するフコキサンチンは昆布やワカメなどの褐藻類に特徴的に含まれる色素で、抗腫瘍作用や抗肥満作用など多機能性を有する海藻由来の成分として、近年注目されています。
そこでリーブ21では、フコキサンチンを対象とした育毛作用を検討・検証しました。
その結果、フコキサンチンには育毛作用が期待できることが示唆されました。
今後はその有用性を引き続き調査・研究していくとともに、フコキサンチンを配合した商品の開発も
検討していく予定です。



【会社概要】
会社名 :株式会社 毛髪クリニック リーブ21
代表取締役 :岡村勝正
本社所在地 :大阪府大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21MID タワー22F
設立 :1993 年11 月
資本金 :40,000,000 円
従業員 :約650 名
主要サービス :頭髪の発毛施術サービスおよび関連商品の販売
URL :http://www.reve21.co.jp

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社毛髪クリニックリーブ21 >
  3. コンブはやはり髪によい!? 褐藻類特有の成分フコキサンチンに育毛効果を確認