マーケティング・グラビティ×東芝テックの協業により、レジ待ちを解消する新サービス「ゆめピ!レジ」をイズミのゆめタウン廿日市で導入開始

株式会社マーケティング・グラビティ(本社:東京都港区、代表取締役社長:浅井洋一、以下「マーケティング・グラビティ」)と東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:池田隆之、以下「東芝テック」)は両社の協業により、マーケティング・グラビティが運営するタブレット付きカートサービス「ゆめピ!Powered by ショピモ」に、東芝テックが開発したカート型セルフレジシステムを搭載し、「ゆめピ!レジ」として納入しました。
「ゆめピ!レジ」は、中国・四国・九州を拠点に「ゆめタウン」「ゆめマート」を運営する株式会社イズミ(本社:広島県広島市、代表取締役社長:山西泰明、以下「イズミ」)の「ゆめタウン廿日市」にて、2019年1月23日より導入を開始しています。

 

【サービス概要】

「ゆめピ!レジ」はショッピングカートに取り付けられたバーコードスキャナを使い、お客様自身で商品バーコードを読み取った後、専用レジでセルフ会計できるサービスです。クーポン等の販促・メディア機能を搭載したタブレット付きショッピングカート「ゆめピ!Powered by ショピモ」にセルフ会計機能を組み合わせることによって、お得感や楽しさに便利さをプラスした新しいお買い物体験を提供します。

 

 

「ゆめピ!レジ」使用イメージ「ゆめピ!レジ」使用イメージ

 

「ゆめピ!レジ」画面イメージ「ゆめピ!レジ」画面イメージ

「ゆめピ!レジ」画面イメージ「ゆめピ!レジ」画面イメージ

【ご利用方法】

「ゆめピ!レジ」は、「ゆめピ! Powered by ショピモ」に付いているカードリーダーにイズミのポイントカード「ゆめカード」をかざしてログインすることで、誰でも無料で利用できます。ログイン後は、カートに備え付けられたスキャナで購入したい商品のバーコードを読み取りながらお買い物カゴに入れていき、最後に専用レジで会計してください。決済方法は現金・クレジットカード・電子マネー「ゆめか」を利用できます。


【導入店舗】 ゆめタウン廿日市(広島県廿日市市下平良二丁目2-1)
【サービス開始日】2019年1月23日(水)
【対象カート数】20台

【背景
スーパーなどの店舗において、お客様からの最も大きな不満の1つは、混雑時のレジ待ちと言われています。その対策として、店舗ではこれまで「セルフレジ」(お客様自らが商品バーコードのスキャンと会計を行うレジ)や、「セミセルフレジ」(店舗スタッフが商品バーコードをスキャンした後、お客様自身で会計をするレジ)の導入などで解決を図ってきましたが、東芝テックでは解決策のひとつとして、スーパーのショッピングカートにバーコードスキャナを取り付けて、お買い物中にお客様自身が商品バーコードをスキャンした後、専用レジでセルフ会計をする新たなカート型セルフレジシステムを開発しました。

2016年10月よりタブレット付きカート「ショピモ」をサービス展開しているマーケティング・グラビティは、東芝テックのカート型セルフレジシステムを「ゆめピ!Powered by ショピモ」(イズミ仕様のショピモ)に搭載し、イズミの「ゆめタウン廿日市」において2018年6月から約2ヵ月間にわたり実証実験を実施。その結果、新システムは同店内の通常レジやセルフレジに比べて、お客様1人当たりの会計にかかる時間が大幅に短縮(最大で3分の1)することが分かりました。カート型セルフレジシステムを利用したお客様からは「レジが混まないからスムーズにお買い物ができていい」「かごに入れながらお買い物の途中で合計金額が分かるのが便利」といった声を多数いただきました。

また、実証実験では、「ゆめピ!Powered by ショピモ」の特長である専用の商品クーポンも従来とほぼ変わらずに利用されており、スーパーでの買い物をお得に楽しくする販促機能と、レジ待ち時間を削減する利便性が同じサービス内で共存できることを実証。この結果を受けて、マーケティング・グラビティと東芝テックは、「ゆめピ! Powered by ショピモ」にカート型セルフレジシステムをイズミ向けに「ゆめピ!レジ」として搭載し、導入するに至りました。

今後、両社ではさらなる機能追加として、セキュリティに配慮した万引き防止機能のほか、専用レジを使わずにカートで会計まで行うキャッシュレス決済機能、バーコードスキャンした商品データとID-POSデータ・お客様の位置情報を組み合わせた精度の高い販促レコメンド機能、スマートフォンを利用したバーコードスキャン機能などの開発、小売様向け営業活動等で協業を続けていく予定です。

【協業に関する各社のコメント】
■(株)マーケティング・グラビティ代表取締役社長/浅井洋一のコメント:
「イズミ様には本協業実現の場をご提供いただき大変感謝しております。また、圧倒的なPOSレジ市場シェアを持つ東芝テック様とタブレット付きカートサービスに於ける協業が実現され大変嬉しく思います。我々は本協業がお客様の実店舗でのお買い物をより楽しく、より便利にする確信をもっています。これをきっかけにさらなるお買い物のイノベーションを起こし、お客様、小売り様、メーカー様にとってメリットのあるサービス作りを加速して参ります」

■東芝テック(株)リテール・ソリューション事業本部 商品・マーケティング統括部 量販店ソリューション商品部部長/中島隆司氏のコメント:
「今回レジ機能を搭載したタブレット付きカートサービスを、実証実験を経て導入させていただき、イズミ様のお客様に快適なお買い物ができる環境を提供したいという思いに、ご協力させていただけることとなりましたこと感謝いたします。今後も、店舗内の省力化、人手不足などの市場の状況に適用した製品、また消費者にとって快適な買い物環境が提供できる製品を展開して参ります」

【マーケティング・グラビティ会社概要】
名称:株式会社マーケティング・グラビティ
代表者:代表取締役社長 浅井洋一
本社所在地:東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル3F
設立年月日:2017年4月3日
資本金:16億2000万円(資本準備金含む)
出資構成:三井物産100%
事業概要:情報処理サービス事業、広告業並びに販売促進事業
公式ホームページ:https://www.marketing-gravity.com/

【東芝テック会社概要】
名称:東芝テック株式会社
代表者:代表取締役社長 池田隆之
本社所在地:東京都品川区大崎1-11-1(ゲートシティ大崎ウエストタワー)
設立年月日:1950年2月21日
資本金:399億円
事業概要:POSシステム、複合機、オートIDシムテム及びその関連商品並びにインクジェットヘッドの製造・販売・保守サービス
公式ホームページ:https://www.toshibatec.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マーケティング・グラビティ >
  3. マーケティング・グラビティ×東芝テックの協業により、レジ待ちを解消する新サービス「ゆめピ!レジ」をイズミのゆめタウン廿日市で導入開始