EC事業者向けデータ変換・連携クラウドサービス「ECコネクター®」正式版をリリース

システム連携コスト削減とEC業務効率化を実現するiPaaS(アイパース)

 株式会社久(本社:東京都港区、代表取締役:工藤暢久、以下久)は、EC事業で必要な異なるサービスやシステム間のデータ変換や連携を可能にするクラウドサービス「ECコネクター®」正式版の提供を開始いたします。


■ECコネクター®とは
 異なるサービスやシステム間のデータ変換・連携を簡単にできるサービスです。店舗・ブランド・チャネル(各モール・自社EC)ごとに取得している各種情報から基幹システムや倉庫管理システム(WMS)、マーケティングシステム等に対してのデータ変換と連携を行います。オプションでAPI・バッチ処理・RPAによる自動連携も可能となります。

■背景
 株式会社久は創業以来、クライアント企業の自社ECサイトをメインとしたEC総合支援を約10年間行ってきました。その間、様々な売上拡大・業務効率化のサービス・システムが登場する中、既存の仕組みとそれらサービス・システムがスピード感を持って利用できない問題や利用するために大きなコストが発生する事、そもそも利用できないといった場面に多く遭遇してまいりました。こうした課題を解決するため2019年7月にECコネクター®β版をリリースいたしました。β版リリース後も継続的に開発を行い、この度、正式版としてリリースする運びとなりました。

■主な機能
4つのコネクター(受注コネクター、会員コネクター、商品コネクター、在庫コネクター※1)があり、それぞれデータの表示・検索・編集・削除、インポート、エクスポート機能があります。また、利用者自身がデータ形式をカスタマイズできるデータカスタマイズ機能を2021年中に提供予定です。
  1. 受注コネクター
  2. 会員コネクター
  3. 商品コネクター
  4. 在庫コネクター(※1) 
※1在庫コネクターは現在開発中 2021年中リリース予定

■β版からの変更点
サービス・システムの刷新
β版では、カートシステムの受注データを基幹システムデータ形式に変換する「受注データコンバーター」、基幹システムの商品データをカートシステムデータ形式に変換する「商品データコンバーター」として提供しておりましたが、正式版では、受注コネクター・会員コネクター・商品コネクターと扱うデータ種類を拡張、インポート・エクスポート連携サービスの拡充等、システムの完全刷新を行っています。

■料金体系
各コネクターは、初期費用無料・月額1万円~からご利用可能となっております。プランごとに、保存できるレコード数の制限がありますので、ユーザー様のご利用ボリュームによって、プランをお選び頂くという料金体系になります。

 


■その他のカスタマイズ活用事例(β版の事例)
・カートシステムの受注データを基幹システムへ連携
・基幹システムの商品データをカートシステムへ連携
・カートシステムの商品データをサイト内検索エンジンシステムへ連携
・購入金額や購入商品に応じたノベルティ商品明細のレコード付与
・簡易バーコードリーダーによる店舗受取機能

■今後の展望について
 継続的にインポート・エクスポート連携サービスの拡充を行うとともにメーカー直送機能、ソーシャルメディア(SNS)ショッピング対応などを予定しております。

■ECコネクター®の詳しい情報はこちら
サービスサイト:https://www.ec-connector.com

■お問い合わせはこちら
support@ec-connector.com


【株式会社久について】
所在地:東京都港区南麻布1-5-9-3F
代表:工藤暢久
事業内容:ECコンサルティング、ECサイト構築、EC運用代行等EC総合支援/ECシステム開発
URL:https://www.qinc.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社久 >
  3. EC事業者向けデータ変換・連携クラウドサービス「ECコネクター®」正式版をリリース