『捨て猫に拾われた男 猫背の背中に教えられた生き方のヒント』刊行のお知らせ

自己啓発、生き方論、脱力系人生論・・・

発売10ヶ月で15万部を突破した
『「言葉にできる」は武器になる。』の著者が贈る猫から学んだ脱力系人生論!?
日本経済新聞出版社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 豊)は、9月15日(金)に、ベストセラー『「言葉にできる」は武器になる。』著者最新作となる『捨て猫に拾われた男』を刊行いたしました。

人生を変えたければ、猫の里親になればいい!?
元野良の黒猫『大吉』が教えてくれた、等身大の生き方のヒント!


妻様の一言で里親会に参加した『僕』。その人生に対する考え方は、元野良の黒猫『大吉』との出会いによって一変してしまった。そう、捨て猫を拾ったはずの僕が、大吉によって救われ、拾われたのだ。甘えたい時に甘え、構って欲しくない時には容赦なく爪を立てて牙をむく。それにもかかわらず、なお愛される『大吉』の生き様に、相手の顔色ばかりを窺いながら生きる現代人へのヒントがある!

猫のためになる、いい猫ブームを作りたい!
本書籍の根底にあるのは、社会問題にもなっている「捨て猫問題と里親制度」に対する「楽しい啓蒙」である。本書籍が「里親になると、猫も、人間も、幸せになれるんだ!」と実感するきっかけとなり、多くの捨て猫たちが温かい安住の地を得ることに寄与できればと、切に願っている。

【書誌情報】
書名:『捨て猫に拾われた男  猫背の背中に教えられた生き方のヒント』
著者: 梅田 悟司
体裁:四六判並製/224ページ/定価:本体1,200円+税
ISBN:978-4-532-17621-1
発売:2017年9月15日(電子書籍同時発売)
発行:日本経済新聞出版社
webサイトはこちら! ☞ http://www.nikkeibook.com/book_detail/17621/


【目次】

第1章:生活・暮らし
・猫をかぶるのもラクじゃない
・できない、という魅力
・困ったら寝るか
・健康はいちばんの節約になる
第2章:仕事・自実現
・爪痕を残してナンボだろう
・着地よければすべてよし
・「楽しい」より「楽しむ」を
・鈍感力は武器になる
第3章:友情・恋愛
・すべての猫は例外である
・抱いてもいいぞ
・抜け毛で示す存在感
・愛し合うことは痛いのだ
★猫エピソード満載の読み切り人生論を24項目収録★

梅田悟司 (うめだ さとし)
株式会社電通 コピーライター

カンヌ広告賞、グッドデザイン章、観光庁長官表彰など国内外30以上の賞を受ける。CM 総合研究所コピーライターランキングトップ10に2014~2016年、3年連続選出。近作に『世界は誰かの仕事でできている。』『バイトするなら、タウンワーク』。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本経済新聞出版社 >
  3. 『捨て猫に拾われた男 猫背の背中に教えられた生き方のヒント』刊行のお知らせ