全国の優れた物流改善の事例が集う!全日本物流改善事例大会2018 発表者募集開始!

公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会(JILS)と一般社団法人日本物流資格士会(本部:東京都港区)が共催する、第32回全日本物流改善事例大会2018の発表者募集を開始いたしました。

 

全日本物流改善事例大会2017 全日本物流改善事例大会2017 


全日本物流改善事例大会とは
全日本物流改善事例大会は、優れた物流改善の事例を発表し、合理化の手がかりやノウハウを物流の実務者同士が共有しあう交流の場です。
2018年度大会で32回目の開催を迎える本大会は、改善の機運の高まりとともに、多くの企業からの改善事例の発表があり、毎年大きな盛り上がりを見せています。

物流現場での改善を中心とした「物流業務部門」、運営・管理部門での改善を中心とした「物流管理部門」で発表事例の募集を行っております。
ご応募いただいた事例は、有識者からなる「全日本物流改善事例大会実行委員会」にて選考を行い、選ばれた「優秀事例」は、全日本物流改善事例大会2018にてご発表いただきます。

また、発表された物流改善事例の中から、特に優れた内容と成果が認められた改善事例に対して、「物流合理化賞」および「物流合理化努力賞」を決定し、2018年6月開催の当協会定時総会の席上で表彰式を行います。

2017年度物流合理化賞表彰式 当協会会長 遠藤 信博(日本電気(株) 代表取締役会長)と受賞企業 代表者の皆様2017年度物流合理化賞表彰式 当協会会長 遠藤 信博(日本電気(株) 代表取締役会長)と受賞企業 代表者の皆様


"作業の効率化" "小集団活動" "物流システム改善"など、各社で取り組まれた物流改善の成果を本大会でぜひご発表ください。全国の物流改善に取り組まれる方々からの積極的なご応募をお待ちしております。

応募要領:下記URLよりご覧ください。
http://www.logistics.or.jp/newest/kaizen_application.html
応募締切日:2018年1月19日(金)必着


全日本物流改善事例大会 実行委員会
委員長:
成蹊大学 名誉教授 渡邉  一衛  
副委員長:
東京海洋大学 学術研究院 流通情報工学部門 教授 黒川 久幸
委 員  :(社名五十音順・敬称略)
伊藤忠食品(株) ロジスティクス本部 ロジスティクス運営部部長  神山 浩二
SBSロジコム(株) 営業本部 次長(日本物流資格士会)三身 直人 
(株)オカムラ物流 取締役 物流企画部 部長 重信 敏治 
(株)カスミ ロジスティック本部 物流部 物流戦略担当マネジャー 齋藤 雅之 
サッポログループマネジメント(株) グループロジスティクス部 専任部長 木村 菊夫 
山九(株) ロジスティクス・ソリューション事業本部 企画部 部長 中原 敬一郎
東芝ロジスティクス(株) 物流改革推進部 企画担当 参与 脇田 哲也 
日本通運(株) ロジスティクスエンジニアリング戦略室 専任部長 中野 喜正   
日本システムウエア(株) ITソリューション事業本部 営業統括部 第一営業部 マネージャー(日本物流資格士会) 東川 喜之 
(公益)日本ロジスティクスシステム協会 JILSアドバイザー 飯田 正幸   
福島大学 共生システム理工学類 産業システム工学専攻 講師 筧 宗徳 
本田技研工業(株) 生産本部 SCM企画部 主幹 物流部会ヘッド 鈴木 勝
三菱地所リアルエステートサービス(株) 企業不動産三部 次長 (日本物流資格士会)堀川 亮一 
三菱電機(株) 生産システム本部 ロジスティクス部 企画グループ専任 安藤 直明 
村田機械(株) L&A事業部 営業企画室 室長  根尾 佳珠機
ロジスティクス エンジニア オフィス 茅ヶ崎 代表 (日本物流資格士会) 藤巻 敬 

【本件に関するお問合せ先】
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
JILS総合研究所:大塚
電話:03-3436-3191 メールアドレス:otsuka@logistics.or.jp

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 >
  3. 全国の優れた物流改善の事例が集う!全日本物流改善事例大会2018 発表者募集開始!