タツノコプロ「ハクション大魔王」と高血圧啓発キャンペーンを実施

ハクション大魔王と一緒に脳・心血管疾患をゼロに。10月1日スタート

ハンバーグ大好き、ちょっとメタボなハクション大魔王が、10月1日からオムロン ヘルスケアと高血圧啓発キャンペーンを展開。オムロン ヘルスケアのツイッター、フェイスブックで高血圧関連情報を発信します。
 オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下 当社)と株式会社タツノコプロ(本社所在地:東京都武蔵野市、代表取締役社長:桑原 勇蔵、以下 タツノコプロ)は、タツノコプロの代表的なキャラクターである「ハクション大魔王」とコラボレーションした高血圧啓発キャンペーンを10月1日から開始します。
 
 高血圧症は、ほとんど自覚症状がないものの、脳卒中や心筋梗塞など、命にかかわるまたは一命を取り留めたとしても、本人や身近な人の生活の質(QOL)を著しく低下させる後遺症が残る脳・心血管疾患を引き起こす大きな要因となります。  当社では、毎日の血圧測定を通じて、脳・心血管疾患の発症リスクを予測し、未然に防ぐこと、それによって健康で充実した人生を送ることを目指し「脳・心血管疾患の発症ゼロ(ゼロイベント)」を事業コンセプトに掲げています。

 一方で、当社が昨年5月に実施した「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査*1」によると、40代男性の3人に1人(30.8%)が「血圧が高め」と指摘された経験がありました。そのうち、「医療機関を受診する」や「定期的に血圧を測る」などの改善行動を何もとっていない人が約3割おり、全世代平均の15%と比較して、働き盛りの40代男性は血圧改善への関心が低いことが浮き彫りになりました。
*1 2017年5月11日「高血圧に関する意識と行動に関する1万人実態調査」https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2017/0511.html

 今回コラボレーションする「ハクション大魔王」は、1969年10月5日から1970年9月27日に放映された人気アニメ番組の主人公で、現在の40代男性において高い知名度をもっています。今回の高血圧啓発キャンペーンでは、血圧改善への関心が低い働き盛り男性に向けて、「ハクション大魔王」の血圧が高めというキャラクター設定で、高血圧予防と改善行動の実践の重要性を啓発していきます。

 実際に血圧が高めでメタボリック体型であるハクション大魔王が、しっかりものキャラクターで娘の「アクビちゃん」に注意やアドバイスを受けて、高血圧の予防改善に取り組んでいきます。当社は、その様子をツイッター、フェイスブック等のSNSおよびイベントを通じて随時発信していきます。

 

キャンペーンイメージキャンペーンイメージ

 
■実施概要
ハクション大魔王、アクビちゃんによるSNSでの高血圧関連情報の発信

■期間
2018年10月1日~2019年3月31日

■ストーリー
ハンバーグが好物のハクション大魔王。当社で高血圧のリスクや予防改善方法を学んだアクビちゃんが、このままでは脳・心血管疾患になってしまう父親(ハクション大魔王)を心配して、生活習慣をスパルタで改善させていきます。

最後は健康的なハクション大魔王が登場するかもしれません。

■SNSアカウント
ツイッター
https://twitter.com/omron_hc_pr
フェイスブック
https://www.facebook.com/healthcare.omron
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オムロンヘルスケア株式会社 >
  3. タツノコプロ「ハクション大魔王」と高血圧啓発キャンペーンを実施