【WMF Nitro】世界的トレンドの泡立ちアイスコーヒー「ナイトロコーヒー」用サーバー発売開始!

「最高の一杯を。」アイスコーヒーとナイトロコーヒー、どちらがお好み?

業務用コーヒーマシンの販売で国内トップクラスのシェアを持つWMF株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:服部 雅能)は、2019年2月19日(火)より東京ビッグサイトで開催される「国際ホテル・レストランショー2019」にて、新製品のプレミアムアイスコーヒーサーバー「WMF Nitro」の発売開始を発表します。
[WMF展示ブース:3-H16]

「WMF Nitro」はプレミアムなアイスコーヒーサーバーです。 「WMF Nitro」はプレミアムなアイスコーヒーサーバーです。


■Nitro Coffee(ナイトロコーヒー)とは

カスケードが発生したNitro Coffeeカスケードが発生したNitro Coffee

近年、欧米を中心に世界的に流行している、アメリカ西海岸が発祥のアイスコーヒーの一種。別名「ニトロコーヒー/ドラフトコーヒー/ニトロドラフト等」とも呼ばれ、黒ビールのような見た目が特徴です。
窒素(Nitrogen)をたっぷり含むことでグラスの中でカスケード(※)が発生し、細かく泡立てられたアイスコーヒーは、酸化が抑えられ、まろやかな口あたりとクリーミーな味わいが感じられます。
※カスケード(Cascade):連なった小さな滝を意味し、グラス内で窒素が波打っている様子のこと


 

■プレミアムアイスコーヒーサーバー「WMF Nitro」とは

 

「WMF Nitro」にて抽出したアイスコーヒーとナイトロコーヒー「WMF Nitro」にて抽出したアイスコーヒーとナイトロコーヒー


「WMF Nitro」は、ナイトロコーヒーとアイスコーヒーの2種類に対応したダブルタップ仕様のアイスコーヒーサーバーです。
カウンタートップのコンパクト設計に、シンプルかつ力強い造形と上質な金属の輝きを与えたシームレスなデザインが特長で、WMFのアイデンティティが凝縮されています。設置場所を選ばずにどんなインテリアにもマッチします。
「WMF Nitro」から抽出するナイトロコーヒーは、コーヒーに絶妙な混合比で注入された圧縮窒素。豆の風味を活かした豊かな味わいとなめらかな口あたりを実現するプレミアムなアイスコーヒーサーバーです。

※「WMF Nitro」は、WMFより登録商標出願中です。


「WMF Nitro」の特長

  • カウンタートップのコンパクト設計
  • シンプルなシームレスデザインでインテリアにもマッチ!
  • 1台で2種のドリンクの抽出が可能(ナイトロコーヒーとアイスコーヒーに対応)
  • 繊細なクレマ(泡)の上にはラテアートも可能(⇒「Ripples」との相性も抜群!)
  • 気品溢れる外観は上質な空間​(ホテル、レストラン、カフェ、バーなど)と調和


■「WMF Nitro」仕様

メニュー数:2種​
外形寸法 : W265×D448×H650mm​(吸排気に必要なスペース左右背面各50mm)
乾燥重量 : 約30kg
電源   :100V 50/60Hz
消費電力 :160/180W​
急冷機能 : 25L/1日あたり (30℃から5℃の場合)
冷媒   : ​R134a
必要ガス : 食添用窒素ガス
​生産国  : ​日本

 

「WMF Nitro」は2タップ仕様です。「WMF Nitro」は2タップ仕様です。


<ナイトロコーヒー導入のメリット>

  • 新メニューとしての訴求
  • 提供ドリンクのバリエーション拡大(ナイトロコーヒー+シロップ、ミルクなど)
  • 客単価アップ
  • 顧客満足度アップ
  • 新規顧客層の開拓
  • 表面のクレマ(泡)でラテアートなどのおもてなし効果(QRコードやネームタグも読める!)
  • SNSの活用(ムービージェニックなカスケードの「映え」を期待)
  • エコトレンドに貢献(ストローや氷が不要)
  • ヘルシー志向にマッチ!(まろやかなので砂糖やミルク使用量の低減)


普段アイスコーヒーを飲まない層でも、飲みやすい口当たりで、新規顧客層の開発も可能。
ナイトロコーヒーはおしゃれな新メニューとういうだけでなく、健康にも貢献できる新しいドリンクとしての広がりが期待できます。

ホテルのバーなどの空間にマッチホテルのバーなどの空間にマッチ


動画でもご紹介しています。

 


「WMF Nitro(ダブリュー・エム・エフ ナイトロ)」の詳細(特設サイト):
https://www.wmf-nitro.com/


ラテアートと使ったマーケティングツール「Ripples(リップルズ)」
https://www.wmf-japan.co.jp/ripples/

 

Ripples(リップルズ)でラテアートも!Ripples(リップルズ)でラテアートも!



■プレミアムアイスコーヒーサーバー「WMF Nitro」をいち早くご覧いただくには、
イベント: 「国際ホテル・レストランショー2019」
会場:東京ビッグサイト
会期:2019年2月19日(火)~22(金)
時間:10:00~17:00(最終日は16:30まで)
WMFブース:東展示棟[3-H16]

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


WMF (ダブリュー・エム・エフ) 株式会社とは
日本では1962年に創業し、 ドイツ製WMF(ドイツ語:ベーエムエフ/英語:ダブリュー・エム・エフ) および、スイス製Schaerer(シェーラー)ブランドの業務用コーヒーマシンの販売およびメンテナンスを行っています。
有名ホテルや大手チェーンレストラン、 コンビニエンスストア等に数多く導入され国内トップクラスのシェアをいただいております。

The WMF Groupは、ドイツ トップレベルの認知度を誇る、 南ドイツ ガイスリンゲンに本社を置く1853年創立の老舗ブランド。 160年以上の歴史があり、 優れた品質と洗練されたデザインに定評があり、 当社扱いの業務用のコーヒーマシン以外に、 圧力鍋などの家庭用製品群の販売も行っています。

【会社概要】
会社名:WMF (ダブリュー・エム・エフ)株式会社
所在地:東京都港区西新橋3丁目23番5号 御成門郵船ビル10階
代表者:代表取締役社長 服部 雅能
設立:昭和37年7月18日
URL:http://www.wmf-japan.co.jp/
事業内容:
WMF ブランド(ドイツ)、Schaererブランド(スイス)業務用コーヒーマシンの販売およびメンテナンス

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WMF, Schaerer >
  3. 【WMF Nitro】世界的トレンドの泡立ちアイスコーヒー「ナイトロコーヒー」用サーバー発売開始!