“フロスは誰でもできる!”を子どもたちが証明

4月4日歯周病予防デー

4月4日は歯周病予防デー! 全国の歯科衛生士から成るボランティア団体、Goodbye Perioプロジェクトは今年、フロスを使いこなす子どもたちの様子を動画にまとめました。4月4日(水)から毎週1本、全部で4本を一般向けに配信し、「フロスは難しい」という先入観を払しょくするキャンペーンを行ないます。

歯ぐきから血が出たり、歯を失う原因になったりする歯周病。予防のためには、歯ぐきのなかに溜まる細菌をデンタルフロスで取り除くことが欠かせません。ところが、日本で毎日フロスをしている人はわずか9.2%((株)オーラルケア 2016年調べ)。その理由の一つに、「フロスは難しい」という先入観があります。実際は、コツさえつかめば誰でもできるもの。その証拠に、欧米ではすでに多くの人たちが習慣にしています。


当プロジェクトでは、2012年の設立当初から一貫してフロスの必要性を訴えてきましたが、今年は「先入観を取り払い、フロスに取り組むハードルを下げる」ためのキャンペーンを行ないます。

動画で紹介するのは、保育園から小学5年生までの元気な子どもたちと、その日常に溶け込むフロスの時間。そして、子どもに刺激されて初めてトライする大人たちの姿――。

プロジェクトのHPやFacebookのファンサイトで配信するほか、メンバーである歯科衛生士がそれぞれのSNSを使って拡散。広く一般の人に働きかけることを目指します。

【配信】
2018年4月4日(水)、12日(木)、19日(木)、26日(木)の全4回

【公開場所】
https://www.oralcare.co.jp/floss/

【動画URL】
https://www.youtube.com/watch?v=ZNEAsnOwWjw&feature=youtu.be
 

 

 

<活動団体>
GoodbyePerioプロジェクト(=さようなら歯周病)

成人の歯周病高罹患率を変えるべく、フロスを使った予防方法を啓蒙する歯科衛生士のボランティア団体です。歯周病は歯を失う一番の原因であり、全身の健康にも大きく関わっている病気。日本人を健康へ導くことで、国の医療費問題にも貢献します。一般向けのイベントやセミナーなども多数開催。

<発足>
2012年1月

<事務所>
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-32-9

<Web>
https://goodbyeperio.jp/

<メンバー>
歯科衛生士2,944名(2018年4月2日現在)

<活動地域>
全国47都道府県
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オーラルケア >
  3. “フロスは誰でもできる!”を子どもたちが証明