第2回フィンテックビジネスコンテストの開催について

11月5日(月)と15日(木)に開催説明会を実施します。応募締切は12月3日(月)。

千葉銀行(頭取 佐久間 英利)は、2018年10月から2019年3月にかけて「TSUBASAアライアンス」参加行及びT&Iイノベーションセンター株式会社(代表取締役 森本 昌雄、以下 「T&I」)とともに、第2回フィンテックビジネスコンテストを開催します。
本コンテストは、地域が抱える様々な課題をフィンテックの活用により解決に結び付けることをテーマとして企画したもので、今回が2回目となります。なお、本コンテストは、TSUBASAアライアンス参加行(千葉銀行・第四銀行・中国銀行・伊予銀行・東邦銀行・北洋銀行・北越銀行)に加え、新たに武蔵野銀行、滋賀銀行からも特別協賛を得て実施いたします。
今回は、地方銀行が持つビッグデータやシステムインフラ、顧客ネットワークなどの経営資源を最大限活用しながら銀行ビジネスそのものを変革しうるようなアイデアやプランを広く募集します。書類選考とその後の面談選考を通過した応募者については、アイデアブラッシュアップ期間を設け、主催者や外部有識者が事業実現性を高めるためのフォローアップを行います。
本コンテストの概要は別紙のとおりです。
なお、T&Iは「TSUBASA FinTech共通基盤」※の開発や本コンテストをつうじた様々な協業などにより順調に業容を拡大しており、このほど人員の増強に伴って事務所も移転拡張しました。
「TSUBASAアライアンス」参加行は、広域連携のメリットを最大限活かした戦略的アライアンスを一層加速させ、フィンテック分野をはじめとした金融サービスの高度化を目指してまいります。
 



※ 「TSUBASAアライアンス」参加行とT&Iイノベーションセンター株式会社が共同で構築した、フィンテック企業等の外部事業者が同一の仕様で接続できるオープンAPIのプラットフォームです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社千葉銀行 >
  3. 第2回フィンテックビジネスコンテストの開催について