世界禁煙デー(週間)に“チャバコで一服”はいかが?禁煙推進の記念日ならではの“お茶の自動販売機”が東京駅及び秋葉原に出現!

タバコのような箱に入った粉末スティック茶『チャバコ』を販売している株式会社ショータイム(静岡県掛川市東山1172-3 代表取締役 森川翔太 Tel.0537-29-5588)が、5月31日(木)の「世界禁煙デー」及び「世界禁煙週間」(5月31日〜6月6日)に向けて、同記念日(週間)にちなんだ“チャバコの自動販売機”を『日本百貨店とうきょう』(住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内 B1F グランスタ内)及び『日本百貨店しょくひんかん』(住所:東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA内)に期間限定で設置いたします。
【設置期間】
・『日本百貨店とうきょう』   5月14日(月)から5月26日(土)まで
・『日本百貨店しょくひんかん』 5月27日(日)から6月2日(土)まで

 タバコのような箱に入った粉末スティック茶『チャバコ』を販売している株式会社ショータイム(本社:静岡県掛川市、代表取締役:森川翔太)は、5月31日(木)の「世界禁煙デー」及び「世界禁煙週間」(5月31日〜6月6日)に向けて、同記念日(週間)にちなんだ“チャバコの自動販売機”を期間限定で東京駅及び秋葉原に設置いたします。

 お茶の名産地として知られる静岡県掛川市は、人口10万人以上の国内の市区のなかでガン死亡率が男女ともにもっとも低い(※1)日本屈指の“健康タウン”でもあります。そんな掛川市産のお茶『チャバコ』を通じて、愛煙家の方々が自らの健康を楽しく気遣うきっかけを創出するとともに、少しでも多くの人に日本茶への興味を持っていただくことで、茶業界にさらなる刺激と活力を与え、“高い健康機能が世界的に注目されているにもかかわらず生産者数や栽培面積が減少している”という茶業界の現状に歯止めをかけていきたく存じます。

 報道関係各位におかれましては、ぜひご来場の上、ご取材いただきますようご案内申し上げます。

​※1 厚生労働省が公表するH20-24人口動態保健所・市区町村別統計データを分析 

・自動販売機設置期間:2018年5月14日(月)から6月2日(土)
・設置場所:①5月14日(月)から5月26日(土) まで
『日本百貨店とうきょう』(住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内 B1F グランスタ内)
※設置時間:月〜土・祝日 9:00〜22:00/日・連休最終日の祝日 9:00〜21:00

②5月27日(日)から6月2日(土)まで
『日本百貨店しょくひんかん』(住所:東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA(ちゃばら)内)
※設置時間:各日11:00~20:00

※自動販売機設置期間中の週末(土曜日及び日曜日)は実演販売も実施いたします。

 

お札とともに意識もチェンジ!?「両替+意識変換機」
1000円札を100円玉に“替える”だけでなく、「愛煙家の方々の健康への意識も“変わって”ほしい」という願いを込めた、たばこを消しているような見た目の両替機。

 

お茶を通じて笑顔を拡散しよう!「笑う自動販売機」
「お茶を通じてたくさんの笑顔が生まれて欲しい」との思いで、不要になったたばこの自販機をカスタマイズしたチャバコの自動販売機・世界禁煙デー(週間)エディション。


【商品説明】

世界農業遺産認定の「茶草場農法」で作られた掛川産100%の茶葉を使用したスティックタイプの粉末茶。コンセプトは、「世の中を“茶化”そう」。従来のお茶商品の常識を覆すパッケージ&従来の粉末茶の常識を覆す本格的な味わいが特徴。茶草場深蒸茶・茶草場ほうじ茶・有機煎茶・有機玄米茶の全4種。
※Chabacco®︎は、株式会社ショータイムの登録商標です。

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ショータイム >
  3. 世界禁煙デー(週間)に“チャバコで一服”はいかが?禁煙推進の記念日ならではの“お茶の自動販売機”が東京駅及び秋葉原に出現!