新鮮過ぎて切り口から水が滴る「東京都多摩市産アスパラガス」 「東京産 多摩のアスパラ」いよいよ収穫開始!

-東京都多摩市のアスパラガス「採りっきり栽培®」の取り組みから約2年-

生食(※約1日)もOK!東京産の朝採れアスパラガスをお試しあれ!
多摩市の直売所以外にも、港区のレストラン「RAMON WINE&GRILL」にて超新鮮な「東京産 多摩のアスパラ」が3月19日(火)より楽しめます!
 東京都多摩市では、2016年8月に明治大学で行われた「新世代アグリチャレンジャー育成講座」をきっかけにアスパラガスの「採りっきり栽培®」への挑戦をスタートし、試験栽培も含め約2年の月日を経て本年3月中旬、
いよいよ本格的な収穫時期を迎えました。

 多摩市では、2016年の上記「育成講座」を経て、2017年より多摩市農業委員と多摩市内4軒の農園でアスパラガスの「採りっきり栽培®」の取り組みをスタートし、明治大学の協力を得ながら2018年には株数を6倍に増やし、さらに2軒の農家さんも栽培に加わり、農地・収穫量の拡大を図ってきました。
 2017年から取り組んでいるのは、青木農園、太田農園、小形農園、小暮農園の4軒。その年は試験的だったこともあり、1つの農園で栽培したのは30株ほどでしたが、どの農園でもかなりの量が収穫でき、小暮農園においては大小合わせて700本ほどを収穫した実績があります。
 都市近郊栽培なので地方産の輸送モノとは根本的に違い、アスパラガスの根元を切って下を向けると水が滴るほどで、収穫してから丸1日は土から出ている部分すべてが生で食べられるほどの新鮮さを誇ります。
今年は本格的な収穫を迎え、また農園数も増えたことから収穫・販売量も昨年より拡大する見通しとなっています。

 さらに今年初の取り組みとして、多摩市の直売所でしか入手できなかった新鮮な「東京産 多摩のアスパラ」を、より多くの方に味わって頂きたく、3月18日(月)にグランドオープンする商業施設「GEMS田町」の5F 、
スパニッシュイタリアンのお店「RAMON WINE&GRILL」にて、週に1回、火曜日のディナーにおいて限定15組の方に新鮮なアスパラ料理をご提供するキャンペーンも実施します。3月19日(火)~約3ヶ月にわたり展開いたしますので、ぜひ東京産の新鮮なアスパラをお楽しみください。
 ※農作物のため、天候不順等でご提供できかねる場合もございますので予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
■今年収穫期を迎え始めたアスパラ畑の様子














アスパラガスの「採りっきり栽培®」について
通常、収穫まで3年かかるアスパラガス栽培を1年に短縮した画期的な新栽培法の「採りっきり栽培®」
明治大学農学部農学科の野菜園芸学研究室×パイオニアエコサイエンス株式会社×東京都多摩市(他2市)による共同開発!
 
 アスパラガスは野菜のなかでも常にベスト10に入る人気野菜ですが、栽培に手間暇がかかり、農業従事者の作業負荷が大きく、取扱いが難しい野菜となっています。同研究室ではこうした栽培現場の問題を解決すべく、アスパラガスの新しい栽培方法「採りっきり栽培®」を開発し、当年定値でこれまでにない日本最大級の成長を実現させています。こうした研究は、これまでのアスパラガスの常識を覆し、さらには日本の問題となっている水田転作や都市農業の課題を解決する糸口としても期待できます。
※引用:明治大学HPより

 「採りっきり栽培®」と名付けられた新栽培法は、明治大学の元木准教授のアイデアをもとに開発され、従来の露地栽培では苗を植えてから本格的な収穫まで3年ほどかかっていたのを1年に短縮、病虫害にも強い特徴があります。
※「採りっきり栽培Ⓡ」はパイオニアエコサイエンス株式会社の登録商標です。

「採りっきり栽培®」の利点
 通常10年以上、1つの苗で収穫が続けられるアスパラガス。1年で収穫を終了してしまうのがもったいない気にもなりますが、10年の間、病害虫の防除をし続けるのは大変で、年を追うごとに病気にもかかりやすくなるのも現実。以下にその他のこの「採りっきり栽培®」の利点について紹介します。

<病気になりにくい>
 若い苗なので元気。苗が丈夫だと病気や虫がつきにくく、農薬や消毒が少なくて済みます。しかも1年で株を終わらせるので、仮に病気や虫にやられて失敗しても、次の年に場所を変えてリベンジできます。

<収穫量が増える>
 2年目以降を考えずに春先にできたアスパラガスを全て収穫できるので収穫量が増えます。なので、アスパラガスの春芽は全国平均収穫量が450㎏に対して、この栽培法だと1t近い収穫が見込めるので収穫量が2倍以上に!

<収穫が終わり次第、すぐに他の野菜の栽培が可能>
 アスパラガスを栽培すると、10年間ほどアスパラガスにその畑が占領されてしまうのが通例ですが、この栽培法であれば、同じ畑で輪作が可能です。これまでの試験結果から、収穫が終わり次第、人参などを播種できます。
                         引用:多摩市の農産物応援サイト agri agri ブログより  
「東京産 多摩のアスパラ」が味わえる!
 スパニッシュイタリアン「RAMON WINE&GRILL」について

 3月18日(月)にグランドオープンする商業施設「GEMS田町」の5Fにnew openする、溶岩石グリルとワイン庫を兼ね備えた楽しみ方豊富なスパニッシュイタリアン「RAMON WINE&GRILL」では、3月19日(火)から週に1回火曜日に、朝採れの新鮮な東京都多摩市産のアスパラガスを使った料理を振る舞って頂けます。

開始日 :2019年3月19日(火) ~ 約3ヶ月間予定
曜日  :毎週火曜日のディナータイムのみ
ご提供数:毎週15組様限定
     ※農作物のため、天候不順等でご提供できかねる場合もございますので予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
URL  :http://www.gems-portal.com/shop/detail.php?id=115

★「RAMON WINE&GRILL」オーナー 佐藤 洋一氏からのコメント
 新店舗オープンと同じタイミングで、東京都多摩市産の朝採れ新鮮アスパラガスをご提供できるということで、お客様の反応が今からとても楽しみです。
 東京産で、しかも生でも食べられるほどの新鮮なアスパラガスがあると聞いた時は是非新店舗のおススメとして提供したいという想いから、今回特別に仕入れさせていただくことになりました。なかなか手に入らなく貴重なため、数に限りはありますが、必ず美味しいお料理にして提供させて頂きますので是非ご来店ください。
 
多摩市のココに行けば東京産 多摩のアスパラ」が手に入る!
 昨年に比べ農地や収穫量が増えたとはいえ、まだまだ大々的に「出荷」できるまでには達していない、ある意味「希少価値の高い」本アスパラガス。水も滴る超新鮮な「東京産 多摩のアスパラ」を購入したい方は、ぜひ多摩市まで足を伸ばしてみてください。
※農産物のため、入荷数が一定ではありません。未入荷や売り切れの場合がありますので予めご了承のほどよろしくお願い申し上げます。なお、本件に関しての各店舗への問い合わせは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
 

①    いきいき市

所在  :多摩市関戸1-1 聖蹟桜ヶ丘駅前

営業日 :毎週月曜・木曜日
営業時間:13:30~(売り切れ次第終了)


 

②    朝市
所在  :多摩市関戸6‐11⁻1 JA東京みなみ多摩支店の敷地内
営業日 :毎週水曜・金曜日
営業時間:8:45~(売り切れ次第終了)


 

③    グリーンショップ多摩
所在  :多摩市関戸6-11-1 JA東京みなみ多摩支店
営業日 :月曜~土曜日
営業時間:9:00~16:00


 

④    多摩市&長野県富士見町共同アンテナショップ「Ponte(ポンテ)」
所在  :多摩市永山1-4 グリナード永山1F
営業日 :月曜~日曜日(定休日は年数回)
営業時間:10:00~17:00
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 多摩市 >
  3. 新鮮過ぎて切り口から水が滴る「東京都多摩市産アスパラガス」 「東京産 多摩のアスパラ」いよいよ収穫開始!