株式会社XTIA、事業拡大に伴い本社を移転

〜拠点の集約、コミュニティワークスペースの新設を完了〜

光コム技術を搭載したセンサーの研究開発、並びに光コム技術を応用したソリューション提供をする株式会社XTIA(本社:東京都品川区、代表取締役社長:八木貴郎、以下「XTIA」)は、事業成長による組織拡大に伴い7月13日付けで本社を移転したことをお知らせ致します。
近年、インダストリー4.0への需要はこれまでにない高まりを見せています。そんな中、当社はインダストリー4.0における検査工程の自動化に不可欠な非接触式三次元形状測定器を世界で唯一提供できる企業として、様々な分野や企業から注目を集めてきました。

この度、事業拡大に伴い顕著となったスペース不足の解消、点在していた複数の研究拠点・デモルーム・事務所の集約、また社内外のメンバーが集い、成長の機会を得ることができるコミュニティワークスペースを新設するため、拠点の移転を決定、実施いたしました。

なお当社はこれまでにニコン、JUKI、双日といった業界を代表する企業との間で資本業務提携を締結するなど、他社との協業を推進して参りましたが、今回の移転は以上の目的に加え、それらのアライアンス事業、及びソリューション事業を更に加速するものです。

■移転先
本社:〒140-0002 東京都品川区東品川3-32-42 ISビル2階
製造拠点:〒130-0002 東京都墨田区業平1-1-9隅田倉庫A棟4階
 

また、移転先では社員間における知の共有、ネットワークの拡大を図るため、月一回の XTIA Tech Dayを設けました。XTIA Tech Dayでは社員がオフィスに集い、プロジェクト進捗の発表会、コア技術や製品の勉強会を実施するなど、これまで以上の成長を図る場となっています。

■製品や技術に関する詳細はホームページを御覧ください
https://www.optocomb.com/product/

■XTIAについて
株式会社XTIAは、ノーベル物理学賞受賞技術「光コム」を世界で唯一産業応用に成功するなど、独創的かつ高い技術力を有する技術開発ベンチャーです。光コム技術を測定メソッドとして開発、完成させることにより、製造現場における測定・検査の自動化ニーズに応え、インダストリー4.0の実現に貢献します。自動検査を実現する検査装置の開発・販売、及び、測定メソッドとして光コム技術を提供するなどの提携を実施しています。製造現場では、すでに国内大手自動車メーカで導入され、成果をあげています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社XTIA >
  3. 株式会社XTIA、事業拡大に伴い本社を移転