Webサイトのアクセス解析レポートを自動で生成し、メールで受信できる業務効率化ツール「KAGARI Report」をリリース

京都を拠点に200社以上の企業にWEBマーケティング支援事業を展開してきた株式会社ランプ(京都府京都市、代表取締役:河野匠)は、WEBサイトのアクセス解析レポートを自動生成、自動受信できるWEB担当者向け業務効率化ツール「KAGARI Report」をリリースすることをお知らせします。

 


「KAGARI Report」はGoogle Analyticsのアクセス解析データと連携することで、社内報告やクライアントへの報告用に6ページにまとめたPDF形式のアクセス解析レポートを自動で生成することができます。
また、事前にメール送信予約をすることで指定した期間のレポートを指定したメールアドレスへ自動で送信することができるため、企業のWEB担当者や広告担当、制作会社の業務の効率化を図ることが期待できます。

「KAGARI」サービスサイト:https://kagari.ai/

8年間、200社以上のWEBマーケティング支援を行ってきた株式会社ランプがアクセス解析に必要なノウハウと企業のWEB担当者の声を集めて開発しました。

価格は1サイトあたり月額4,000円〜(税込)で、利用が可能で10日間の無料お試し期間もございます。


【KAGARI Reportの特長】

■特徴1: Googleアナリティクスと連携するだけで一気に可視化
Google Analyticsをご利用のGoogleアカウントと連携するだけでご利用いただけます。各セクション毎のアクセス解析結果を見やすく一気に可視化します。

■特徴2: そのまま使えるレポートを指定の日時にメールで送信
レポートはPDF形式で作成されるので、重いソフトを開くことなくそのまま印刷することができます。毎月のレポートをメールで自動送信できるので、レポート作成の手間を大幅に削減でき、社内での共有やクライアントへの報告に役立ちます。

■特徴3: 解析結果をAIが自動で解説
数多くのサイトの解析を手掛けたノウハウに基づいて、AIが状況の解説をします。AIの総括コメントと提案が自動で入力されるので、そのまま印刷して報告業務にご利用いただけます。


【活用事例】


全国8都市で2千台規模のタクシー・ハイヤー・バス会社であるMKグループ様が運営されているライフスタイルメディア「MKメディア」にKAGARI Reportを導入しました。

□ 従来の課題
メディアサイトの運営ということもあり、記事コンテンツごとのユーザーの閲覧状況を分析することが重要でしたが、アクセス解析を行い社内で共有するには、次のような課題がありました。
  • Googleアナリティクス上の見方が複雑で、社内でアクセス状況を共有しずらい
  • 定期的にアクセス状況を確認したいが、レポートを作成する時間まではない
  • どの項目が良く、悪いのかがわからない

□ 導入後の効果
KAGARI Reportを用いてアクセス解析を行うことによって、サイト分析にかかる時間が大幅に削減されただけでなく、アクセス傾向から課題を発見し次月以降の企画に活かすことが可能になりました。

【会社概要】

会社名:株式会社ランプ
URL:https://lamp.jp
代表者:代表取締役 河野 匠
所在地:京都府京都市中京区三条通烏丸東入梅忠町24-1 加藤ビル2F
設立:2017年2月(創業2011年5月)
事業内容:WEBマーケティング事業、訪日インバウンド事業
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ランプ >
  3. Webサイトのアクセス解析レポートを自動で生成し、メールで受信できる業務効率化ツール「KAGARI Report」をリリース