スタートアップのための知財ポータルサイト“IP BASE” の会員登録を開始しました

特許庁では、スタートアップに不可欠な知財に関する基礎知識や支援施策、イベントなどの最新情報を集約した知財ポータルサイト “IP BASE※” における会員登録を開始しました。今後会員向けの情報発信を拡充していきます。
※IP KNOWLEDGE BASE for Startupから名称変更しました。
1.IP BASEの機能拡充
特許庁は、昨年12月にスタートアップが「まず見るサイト」、知財専門家と「つながるサイト」として、知財ポータルサイトを開設しました。当サイトは、スタートアップやベンチャー・キャピタル、アクセラレータなどと、弁理士や弁護士などの知財専門家のために、知財に関する基礎知識、支援施策、イベントなどのコンテンツを提供しています。
本日、より深い情報をタイムリーに提供するために会員登録を開始しました。会員は、毎月のメルマガや第一線で活躍している専門家のコラムなどの会員限定情報にアクセスできます。
今後、会員向けにIP BASEに登録された専門家の検索や知財に関するオンライン相談など機能を拡充していきます。

2.IP BASEの概要
〇提供中のコンテンツ
・知財ニュース、知財に関する基礎知識、支援メニュー
・特別企画(CEOが語る知財、イベントレポート)

〇新たに提供される会員向けコンテンツ
・会員同士の勉強会の概要
・メールマガジン
・スタートアップや知財専門家等によるコラム

〇今後拡充予定の機能
・専門家の検索、オンライン知財相談、FAQなど
 
3.会員登録
2019年3月8日(金曜日)10時00分より以下のURLから可能
https://ip-knowledgebases.go.jp/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特許庁 >
  3. スタートアップのための知財ポータルサイト“IP BASE” の会員登録を開始しました