DataStrategyが参画した、兵庫県豊岡市城崎温泉における「新型コロナウイルス対策ガイドライン」第二版が発表

国・世界基準ガイドラインに準拠、さらに地域独自の要件を“データ活用”を通じて実装

7月14日付に発表された、兵庫県豊岡市城崎温泉の「城崎温泉における新型コロナウイルス感染症 対策ガイドライン 〜温泉街全体でお客様に安心・安全を提供するために〜(第二版)」(以下、本対策ガイドライン)に、DataStrategy株式会社代表取締役CEO武田元彦および、研究員の久保健治が参画しましたので、お知らせいたします。
AI・データサイエンスを使って「できたらいいな」を実現するパートナーである、DataStrategy株式会社では、豊岡のDMOである一般社団法人豊岡観光イノベーションの政策アドバイザー(データ分析・マーケティング)を2016年度より受託しています。豊岡市役所とともに、AI・データサイエンスを活用した、観光施策策定、インバウンド観光客戦略策定などを実施してきました。

本対策ガイドラインは、城崎温泉観光協会、城崎温泉旅館協同組合、(一社)豊岡観光イノベーションが官民連携で、各種専門家の指導のもと策定しています。当社では、5月31日に発表された第一版から関わり、この度7月14日付で発表された第二版では、特に感染症専門家の視点を取り入れた改訂を推進致しました。

本対策ガイドライン策定時のポイント(第一版・第二版共通)
・ 官民連携による、独自ガイドライン:
DMOを中心に、旅館組合、城崎温泉の各種組合が連携しガイドラインの策定を開始。行政(豊岡市大交流課)が民間の動きを支援する官民連携により、早期のガイドライン発行が実現
・ 国・業界団体のガイドラインに準拠:
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」中にある「各業種のガイドライン等の作成に当たって求められる基本的な考え方や留意点の例」等に留意し、さらに各業界団体が出しているガイドラインに準拠
・ 世界基準を適用:
インバウンド観光を見据え、世界基準で採択されたガイドラインと照合。宿泊施設に関しては AHLA(全米ホテル&ロッジング協会)や世界規模のホテルチェーン(ハイアットグループ、マリオットグループ等)のガイドラインを適用
・ 城崎温泉特有の「外湯」という観光資源を、データ活用でリスクマネジメント:
国と世界基準をクリアしたうえで、城崎温泉エリア独自で対策が必要とされる要件を追加。主に、データ戦略の活用を軸に、外湯の混雑状況のWEBサイトでの可視化により、各旅館へのデータ提供を行うことによるリスクマネジメントを実装


<上図>
平常時より活用していた 外湯混雑状況モニタリング「ゆめぱ」を、感染症対策向けにも最適化・活用
ウェブサイト https://kinosaki-spa.gr.jp/about/spa/7onsen/#congestion よりどなたでも確認可能

参画した久保健治研究員は、以下のように述べています。
「城崎温泉では、DMOのリーダーシップのもと、平常時より観光政策策定においてデータ活用が推進されてきました。新型コロナウイルスは観光業に大きな影響をもたらしましたが、日ごろから導入されているデータ活用のマインドセットと技術が、リスクマネジメントにも転用されている好例であり、温泉観光地としては先駆的であると考えています。第二版では、経済活動が再開し始めている中、特に感染症専門家の助言を取り入れ、城崎温泉ならではの観光経験の復活のために、安全性とお客様の満足度の最大化のためのバランスを注意深く検討いたしました」。

城崎温泉は2020年で1300年を迎えた老舗温泉であり、「まちが一つの温泉宿」をコンセプトに観光事業を展開しています。DataStrategy社代表取締役/CEOの武田元彦は、以下のように述べています。
「城崎温泉は、インバウンド観光客が7年で49倍(2018年実績値54,330人泊)、国内観光では約8割のお客様がリピーターという特徴を持った歴史ある観光地です。城崎温泉では、6月1日より一部営業の再開が始まりました。国内・国外旅行者の皆様に安心・安全な旅行体験を再開いただくきっかけとなりうる、本対策ガイドライン策定に参画できましたことを光栄に思います。引き続き、当社ではデータ活用を推進した貢献を続けてまいります」。

<資料>
・ガイドライン第1刷
https://kinosaki-spa.gr.jp/core/wp-content/uploads/2020/05/covid19_guideline_20200528.pdf

​・ガイドライン第2刷
https://kinosaki-spa.gr.jp/news/9069/

・海外のお客様向けの新型コロナウイルス感染症情報発信(英語)
https://visitkinosaki.com/news/


DataStrategy株式会社について
当社は、AI・データサイエンスを使って「できたらいいな」を実現する事業推進パートナーです。教育・航空宇宙・自治体/ソーシャルセクターをはじめ、幅広い事業の課題に合わせて、AI・データサイエンスの専門性に加えて各業界・職能で優れた知見と実績のある国内・外からのメンバーによるチームを組成し、プロジェクトを成功に導きます。それにより、様々なステークホルダーとともにAI・データサイエンスを通じたより良い世の中づくりに貢献します。
https://datastrategy.jp/


DataStrategy株式会社 代表取締役/CEO 武田元彦について
東京大学大学院経済学研究科修了。株式会社三菱総合研究所、教育系NPO団体、フリーのデータサイエンティストを経て、2016年にDataStrategy株式会社を創業。ナレッジ・マーチャントワークス株式会社社外取締役、兵庫県豊岡市政策アドバイザー、帝京大学非常勤講師(2018~19年度。マーケティングサイエンス・情報処理論)


本リリースに関するお問い合わせ先
DataStrategy株式会社 メディアご関係者お問い合わせ
press@datastrategy.jp



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. データストラテジー株式会社 >
  3. DataStrategyが参画した、兵庫県豊岡市城崎温泉における「新型コロナウイルス対策ガイドライン」第二版が発表