「2018フェアプレイ会議」を開催!

~これからのスポーツ界を担う若者がフェアプレーを考える~

 日本スポーツ協会(東京都渋谷区/会長 伊藤雅俊 略称:JSPO)は、12月18日(火)に、将来のスポーツ界を担うユース年代(19~25歳)を対象に、フェアプレーについて考える「2018フェアプレイ会議」を開催しました。
 本会議は、昨今のスポーツ団体のガバナンス低下やスポーツ指導者による暴力行為等の事案発生を受けて開催したもので、今回が初開催となります。
 当日は、①有識者の発言を通じてフェアプレーについて学ぶ「理解セクション」、②フェアプレーについて語り合い、若者同士で意識を共有する「考えるセクション」、③会議を経て感じたことを明日からの行動目標としてアウトプットする「行動セクション」の3つのセクションを通じてフェアプレーについて考えました。
 理解セクションでは、フェアプレーに関する理解を深めるため、フェアプレーは大切なものだとわかっていながらできていない(できない)現状があること、フェアプレーがなくなると世の中はどうなってしまうか、といった切り口でコーディネーターやパネリストが発言し、参加者に問題提起しました。
 考えるセクションでは、グループごとに「フェアプレーできない状況はどう生まれるのか?それはなぜか?」、「フェアプレーの輪を広げるために、私たちに何ができるか?」をテーマに、自身のスポーツ経験やフェアプレー観などから議論しました。グループの発表では、「外的(周囲の期待)・内的(過剰な勝利への執着)の様々な要因でフェアプレーが妨げられている現状がある」、「フェアプレーを日常的に話題にすることがフェアプレーが広がるのではないか」といったコメントがありました。
 最後の行動セクションでは、参加者それぞれが今後実践するフェアプレー行動を発表し、決意を新たにしていました。具体的には、「自分がフェアプレイ大使になる」、「戦う相手がいる感謝を発信する」、「フェアプレイとは何か、常に考え続ける」といった宣言があり、次代を担う若者としての気づきや思いが表れていました。
 

当日の様子2当日の様子2

当日の様子1当日の様子1

当日の様子3当日の様子3








 

 

■2018フェアプレイ会議 実施概要
日程: 2018年12月18日(火) 18:00~20:00 (17:30受付開始)
会場: 日本スポーツ協会 1階会議室(東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館1F)
登壇者: 松尾 哲矢(立教大学副総長、教授)
             田中 安人(株式会社グリッド)
             松崎 康弘(公益財団法人日本サッカー協会常務理事)
参加者: 19~25歳のスポーツ関係者(プレーヤー、トレーナー、学連関係者) 22名

 

「フェアプレイで日本を元気に」キャンペーンとは
 日本スポーツ協会では、スポーツを通じて育まれるフェアプレイが社会を元気にする人づくり・地域づくり・国づくりに必ず貢献できるはずと考え、世の中にフェアプレイの輪を浸透させるために2011年から「フェアプレイで日本を元気に」キャンペーンを行っています。
 来たる2020年を見据え、世界からも注目が集まる日本。フェアプレー精神を広め、日本中がフェアプレーに溢れることを目指し、フェアプレーに溢れる社会となった日本で、世界中のお客様をお迎えしたい。そのためにもこの広がりをスポーツ関係者に留めることなく日本全国にメッセージを発信していきたいと考えています。

 

「フェアプレイキャンペーン」公式HPについて
 「フェアプレイで日本を元気に」キャンペーンでは、公式HPを開設しています。
 本キャンペーンでは、日本スポーツ協会が考えるフェアプレイに共感しご賛同いただいた方が、公式HP内で「フェアプレイ宣言」が行えるようになっています。宣言いただいた方は、宣言No.を付した「フェアプレイ宣言書」が発行され、「フェアプレイ応援団」であるAKB48チーム8バージョンのオリジナル宣言書もダウンロードできます。
 ※フェアプレイ応援団「AKB48チーム8」の活動
  ・本キャンペーンを応援する動画に、メンバー全員に出演いただきました。
  ・各メンバーのメッセージと写真が入ったフェアプレイ宣言書を作成しました。
  ・全国の小・中学校を(元)アスリートが訪問しフェアプレイの授業を行う「フェアプレイスクー
   ル」に、レポーターとして参加いただきました。
<キャンペーン公式HP>http://www.japan-sports.or.jp/portals/0/data0/fair/index.html

 

日本スポーツ協会が考えるフェアプレイとは
 日本スポーツ協会の考えるフェアプレイとは、「行動としてのフェアプレイ」と、「フェアプレイ精神」、大きく分けてその2つです。
 スポーツは、定められたルールのもと、対戦相手(記録)と競い合い勝利を目指します。スポーツを成立させるためには、「ルールを守る」、「審判や対戦相手を尊重する」、「全力を尽くして戦い、勝っても驕らず負けてもふてくされない」というフェアなプレイに徹しなければなりません。
 しかしスポーツでは、どうしても勝ちたいという欲求の中で、自分の勝利を難しくするルールや、勝利という同じ目的を持って自分を阻もうとする相手を尊重しなければならないという、相反する厳しい状況におかれます。そのような中でフェアなプレイに徹するための揺るぎない心(魂)が必要とされます。自分自身の心に問いかけた時に恥ずかしくない判断ができる心、それがフェアプレイ精神です。行動と精神は切り離せないもの。だからこそ、スポーツを真に楽しむ上でこの2つのフェアプレイは欠かせないものだと考えます。

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本スポーツ協会 >
  3. 「2018フェアプレイ会議」を開催!