11月14日(いい投資の日)に新資格【投資診断士®】の申込がスタート!

日本に正しい投資の考え方を根付かせたいという思いのもと、一般社団法人投資診断協会(本社:新宿区新宿三丁目、代表理事:高松 伸吾、以下「IDA」)を設立。これを機に新たな資格の申込がスタート。

■日本に正しい投資の考え方を根付かせたい
投資は、誰しもが一度は検討する資産形成手法です。
ただ現実には、金融リテラシーの向上に目を向けず投資を実行し、結果、投資で失敗している方が日本にはたくさんいます。
投資自体は、将来資産形成を検討する上で必要性が高い手法です。
投資自体に問題性があるわけではありません。
問題なのは個人が金融リテラシーを高めるための行動を起こしていない事や、高めるための“知識研修や資格”が世の中に少ないことです。
金融リテラシーの向上から、自分のリスク許容度にあった投資の選択を実行していく。
そのためにIDAが設立されました。

■新資格【投資診断士®】がスタート
投資を検討している方、投資を検討しているが踏み出すのが怖い方、投資で後悔したくない方、そういった方々に投資についてアドバイス(啓蒙)をしていく人材を世の中に増やすべく、新たな資格【投資診断士®】が誕生。

〇資格の特徴
・研修を通して仮想通貨やIT情報リテラシー等も含めた投資に関する幅広い知識が身に着く
・投資への考え方のアドバイスが可能になる
・【投資診断士®】の名称を名刺等に記載できる

〇主な対象者
・保険募集人
・銀行員
・証券外務員
・税理士
・ファイナンシャルプランナー
・不動産投資物件販売従事者
・不動産コンサルティング
・金融コンサルティング
等、投資性商品を扱う業種・職種、金融商品を扱う業種・職種の方々。

〇資格取得の流れ
下記記載の研修を受講し認定試験にて一定の成績を修める必要があります。

〇研修の趣旨
ひとえに投資といっても、投資には様々な投資先、投資種類があります。それを一つずつ自分で勉強し判断していくのは至難の業です。また、そういった研修、資格が少ないのも現状です。
【投資診断士®】資格の取得には、一人でも世の中から投資で失敗する人を減らしたい、自分に合ったリスク許容度を理解して投資を実行していく人を増やしたいという想いの下、
投資する上で必要な知識全般について盛り込まれた研修を受講して頂きます。
また、情報技術(IT)を活用した投資手法が増加していることから、現代の投資を理解するのに重要なIT情報リテラシーも研修に盛り込んでいます。

〇主な研修項目
・総論、倫理、コンプライアンス
・IT情報リテラシー研修
・金融に関する経済基礎
・金融商品について
(株式、債券、投資信託、生命保険、不動産投資、現物投資、貯蓄型金融商品、FX、仮想通貨など)
・制度投資(確定拠出年金、NISAなど)
・マネーポートフォリオの考え方

■【投資診断研修】も開催致します
また、自分で投資について勉強したい人向けに、研修部分を【投資診断研修】単体として提供いたします。
【投資診断研修】は金融のプロの方々だけでなく、幅広く投資についての知識を身につけたい一般の方々(学生、主婦など)の受講もおすすめです。
 


■申込方法
資格取得や研修単体での受講のお申込みは下記URLから行えます。
〇資格取得・研修受講の流れやお申込みはこちら
https://toushishindan.com/investment.php#investmentcapacity

投資診断協会は金融リテラシーの向上から、日本に正しい投資の考え方を根付かせます。

◆お問い合わせ先◆
一般社団法人 投資診断協会 事務局
E-mail:info@toushishindan.com
TEL:03-6447-4104
FAX:03-6434-5216
https://toushishindan.com

◆IDA 一般社団法人投資診断協会◆
https://toushishindan.com


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 投資診断協会 >
  3. 11月14日(いい投資の日)に新資格【投資診断士®】の申込がスタート!