「敷金10ヶ月!?高すぎやん!」オフィス入居初期費用を“ほぼ0円”にするZ不動産サービス開始!

0円だから、オフィス移転でトクできる。オフィス入居初期費用を“ほぼ0円”にするZ不動産サービス開始!

オフィス入居費“ほぼ0円”。事業拡大を強力後押し。革新的サービスZ不動産サービス開始
Saratoga agency株式会社(東京都品川区に本社)は、オフィス移転にかかる初期費用を“ほぼ0円”にする革新的サービス「Z不動産」を発表いたしました。

【Z不動産HP https://www.z-fudosan.com/

◆オフィス入居を、もっと安く、自由に、手軽に。
オフィス移転にかかる初期費用は、敷金10ヶ月以上の金額が設定されているケースも珍しくなく、住居用の賃貸契約よりも高コストであることが一般的でした。

結果、企業規模が拡大しているにもかかわらず、オフィス移転をためらってしまうことで、採用や事業の足を引っ張るケースが散見されていました。

こうした問題を解決すべく、Z不動産は初期費用を“ほぼ0円”にするサービスを開発いたしました。
 


移転にかかるイニシャルコストを削減すれば、利用者さまはその費用を人材育成や設備投資など、事業を加速させるためのエネルギーに充てることができます。

現在、13万4742社のネットワークを駆使した「ほぼ0シリーズ」のオフィス物件は、下記のURLから確認できます。

※関東、関西の2エリアに対応した“ほぼ0円物件”はコチラ
https://www.z-fudosan.com/

オフィス移転の初期費用0円というサービスを通して、利用者さまにとってもオーナーさまにとってもベストな選択をお届けします。

◆なぜ、オフィス入居が0円なの?
“ほぼ0円物件”のしくみは、簡単に言えば「スマホ料金の2年分割払い」とほぼ一緒。
 


敷金を0円にして、その金額分を分割し、毎月の賃料に加算します。 月額の賃料は1~2割程高くなりますが、利用者さまの手元には敷金として支払う予定だったが残るため、業務運用に活用できます。

さらに、オーナーさまにもメリットがあります。

本来敷金は預かり金のため、使うことができないお金ですが、“ほぼ0円物件”では敷金を分割で賃料に含めているため、物件の運営資金として利用できます。

敷金を運営資金として活用できるということは、ビルの修繕をはじめとする、物件への再投資も可能となります。

つまり、“ほぼ0円物件”は、借りたい企業さま、貸したいオーナーさま双方にとってメリットのあるサービスなのです。

この機会にぜひ、オフィス移転の費用を“ほぼ0円”にするZ不動産にご興味をもっていただければ幸いです。


◯サイト詳細
名称 :Z不動産
サービスURL : https://www.z-fudosan.com/

◯サービスに関してのお問い合わせ
東京本社:〒141-0022 東京都品川区東五反田2-8‐8 FLEZIO五反田ビル3F
大阪本社:〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2-3-9 JPS本町ビルディング2F
電話番号:03-6277-4275
E-MAIL :info@z-fudosan.com


○会社名 Saratoga agency株式会社
宅地建物取引業免許証番号: 東京都知事⑴第102503号
代表  松田 悠介
設立  2018年2月28日
URL    https://www.saratoga-agency.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Saratoga agency株式会社 >
  3. 「敷金10ヶ月!?高すぎやん!」オフィス入居初期費用を“ほぼ0円”にするZ不動産サービス開始!