東大・松尾研発iLectがエグゼクティブ向け「AI革命とビジネス講座」(DL4Biz)を開発・提供開始 - 第一弾をNPO法人アイ・エス・エル(ISL)アラムナイに提供

運営:NABLAS株式会社

実践的なAI人材育成プログラムを提供する iLect(運営:NABLAS株式会社、本社:東京都文京区本郷7−3−1)は、非エンジニア/技術職向け「AI革命とビジネス講座」の提供を開始しました。本講座は、企業の経営者層や管理職を主な対象として、AI技術(特にDeep Learning技術)の本質を理解し、テクノロジーで自社ビジネスの変革を主導していくための知識や思考方法を提供します。第一弾として、次世代経営者育成のための全人格リーダーシップ教育機関である、特定非営利活動法人アイ・エス・エル(以下、ISL)のアラムナイ向けに本講座を実施しました。
【「AI革命とビジネス講座」の特徴】


本講座は、数学的知識やプログラミングスキルは不要ながら、演習を取り入れることで、AI開発の現場感覚を理解するとともに、技術の本質を体感できるように設計されています。受講者には以下の力を身につけていただくことを目標とします。
  • 「AI」という言葉に振り回されず、できること/できないことを区別して考える
  • 自社の事業領域における適用・応用を想定し、経営判断に生かす
  • AI分野のスピード感/ダイナミズムを取り入れ、自社の変革につなげる

DL4Biz - http://ilect.net/dl4biz
 

 

【iLect(アイレクト)について】

iLect(ilect.net)は、東京大学松尾研究室が開発したAI人材教育コンテンツについて、東京大学から正式にライセンスを受け、学外向けに提供している唯一の事業者です。独自開発のGPU向けの高度な仮想化技術を利用したiLectシステムとともに、大規模な法人向けDeep Learning研修や研究現場などで利用されています。

AI人材育成活動の基盤である「iLect Edu」の他、プロフェッショナルのデータサイエンティスト・AI研究者のための「iLect Pro」、企業内・プライベートクラウド向けソリューションの「iLect Enterprise」などを提供しています。


【NABLASについて】

NABLASは、東大・松尾研発のAI総合研究所であり、最先端のAI技術、特にDeep Learning技術を活用したソリューションを提供します。事業へのAI導入や、新規事業の立ち上げなどを行い、人・テクノロジー・社会問題を繋げ、人が人らしく生きられる社会の実現へ貢献していきます。


【代表取締役 中山浩太郎のコメント】

iLectでは、最先端AI技術が使える人材を育成する教育事業を提供し、啓蒙活動を行ってきました。その中で、「AIの何が大事なのか、何ができて何ができないのか」「AIが大事なことは理解したが、何をすれば良いかわからない」といったご相談を何度も受けてきました。そのような背景から、本講座「AI革命とビジネス講座」を立ち上げました。AI技術を理解するためには、聞くだけ・見るだけよりも、実際にやってみるのが、最も効果的かつ確実な方法です。


【特定非営利活動法人アイ・エス・エル(ISL)について】

ISLは、英・仏のビジネススクールで教鞭を取っていた野田智義が(光文社新書『リーダーシップの旅』の著者)”世界に誇りうる全人格リーダー排出を通じた日本再生”を志し、2001年に設立されました。約100名の講師陣、地域・セクターを超えた約70の団体/組織と300名の有志、1,400名超の卒業生、17年間の活動により、ネットワークは日本そして世界に拡大しています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NABLAS株式会社 >
  3. 東大・松尾研発iLectがエグゼクティブ向け「AI革命とビジネス講座」(DL4Biz)を開発・提供開始 - 第一弾をNPO法人アイ・エス・エル(ISL)アラムナイに提供