SV FRONTIER投資先のLA発ECベンチャーMassGenieが、取扱額成長率3,000%超で急成長

MassGenieは、2018年7月に約3兆円のNASDAQ上場を果たした中国発のECサイトPinduoduo(ピンドゥオドゥオ)に似たビジネスモデルを展開している、米国LA発の急成長ベンチャーです。

例えば、Buyerは任天堂Switchを格安に買うためのグループ購入に参加し、Sellerは利益が小さくてもボリュームに魅力を感じてギリギリの価格を出す事で、Power Dealが成立します。

舞台裏では「ビッグデータ・機械学習・リアルタイムビッディング(RTB)などの技術」がフル活用されています。「Amazonなどの価格>絶妙な価格レベル>大量注文ならsellerが出してくれそうな価格」を予測/提案し、buyerとsellerの参加/不参加を自動的に仕切って複数の取引を連続成立させています。
 

 

MassGenie Growth Continues to Accelerate: GMV Up 3,034%, Social Shopping Up 27,258% & Free Advertising Up 81%
https://bit.ly/2UnK8wt  

上記の通り、2018年Q1から2019年Q1で、取扱額は3,034%(2019年Q1 $3.3million 約3億7千万円)増加、サイト訪問者数は9,064%増加しています。

取扱商品は、電化製品やゲーム関連製品に加えて、ファッション・健康・美容・日用品に注力した結果、後者は全体の29%にまで割合が増えてきています。

顧客獲得コストは、2018年29ドルから、2019年20ドル以下となっており、今後も魅力強化による顧客流入に集中して、広告費不要のECサイトを目指していきます。

この座組みを創った1人が在LA日系CEO Bruce Watanabe氏、もう1人がビットアイルを創業しエクイニクスに売却した寺田航平氏です。この2人はSETA Internationalというベトナムでのオフショア開発会社を成功させた後に再びタッグを組んだ連続起業家達です。SETAのエース級CTOと優秀なエンジニアたちで数年間R&Dを繰り返してから満を持してローンチしたのがMassGenieで、準備期間に時間とリソースをかけた分、急速に右肩上がりで初期成功を実証してきています。現在、シリーズAラウンドを 日米で募集しています。

■ MassGenieについて    https://www.massgenie.com/
MassGenieは、Buyer多数とSeller多数の間で、双方にメリットあるEC取引を連続的に成立させていくプラットフォームです。2015年から開発を始め、2018年5月にβ版ローンチ、同年末にステルスモードから本格稼働に転じて急成長しています。

CEOのBruce Watanabe氏は、連続起業家であり、SIRE (SMSマーケティング), SETA International (グローバルなオフショア開発会社) を共同創業した経験を持っています。

■ SV FRONTIERについて    http://www.svfrontier.com
SV FRONTIERは、強い開発力を持つ技術ベンチャーに投資を行い、強い支援力で日本との事業開発を多数実現しているシリコンバレー発のVCファンドです。実績例:投資先AppurifyをGoogleにEXIT、Google卒業後の連続起業家に再び投資して成功。AarkiやShakrの日本進出支援。Boomtown NetworkとNECネッツエスアイとの資本連携など。

【お問い合わせフォーム】 https://bit.ly/2Go7Fpv 広報担当まで
  1. プレスリリース >
  2. SV FRONTIER >
  3. SV FRONTIER投資先のLA発ECベンチャーMassGenieが、取扱額成長率3,000%超で急成長