【法人向け】ブロックチェーン特化のプログラミングスクール「Blockchain Code Camp」が『企業向け研修事業』をリリース!


株式会社 Blockchain Technologiesが(所在地:東京都千代田区、代表取締役:武内 洸太)が運営するBlockchain Code Campは、先日「Solidityコース」をリリース致しました。それに続いて『法人向け研修事業』を2019年3月27日(月)よりスタートすることをここで発表させていただきます。


■講座開設の背景
ブロックチェーン技術に対する企業ニーズは大きくなる一方で、そのニーズを満たす人材が市場に不足しているといった現状があります。これらの課題を解決するため、ブロックチェーン特化のプログラミングスクール 「Blockchain Code Camp」を一般消費者の方に向けて運営してきましたが、その傍らで企業様から社内の研修として利用したいとの声も頂いてきました。そういった声にお応えするため、「Blockchain Code Camp」のカリキュラムをベースに法人様の研修に最適化したカリキュラムを作成し、今回リリースさせていただくに至りました。


◼研修をご利用いただく対象企業様例
・ブロックチェーン技術を導入する以前に、ブロックチェーンの基礎的な近いを得たい企業様
・ブロックチェーン技術の導入を検討するため、ブロックチェーン技術の基礎的な理解を得たい企業様
・ブロックチェーン技術の導入フェーズに既に入っており、人材育成の必要性を感じている企業様


◼研修を受講していただくことで身につくスキル
・ブロックチェーン技術の基礎的な技術に対する理解
・ブロックチェーン技術を使った基礎的なアプリケーションの開発技術
・ERC20、ERC721に準拠したトークンの発行技術
・ERC20、ERC721トークンに対応したウォレットの開発技術
・ブロックチェーンの開発の際に使用する周辺ツールの使い方
※企業様のニーズに合わせてカスタマイズすることも可能です。
 

 

 


■カリキュラム概要
期間:2ヶ月
想定学習時間:120時間前後(15時間/週)
値段:14万8千円/1人
受講人数:最低2名~
受講形式:オンライン
その他の特徴:
・不明点はメンターにオンラインチャットで随時質問可能
・メンターには現役のブロックチェーンがつく
・週1回のビデオチャットメンタリングで進捗、モチベーションの管理
申し込みフォーム:
https://blockchaintechnologies.co.jp/contacts

■Blockchain Code Campとは?
「Anyone can create DApps」をコンセプトに掲げ、ブロックチェーンを用いたアプリケーションを用いたこれまでにないサービスを創り出す人材を輩出することを目的とした、「ブロックチェーン特化のオンライン完結型プログラミングスクール 」です。プログラミング未経験者でも、ブロックチェーンを活用したアプリケーション を開発することができるようになります。現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けることができることも特徴として挙げられます。
https://lp.blockchaincodecamp.jp
 



■運営会社
会社名:株式会社Blockchain Technologies
所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル7階
事業内容:
・ブロックチェーンのコンサルティング
・ブロックチェーンの受託開発
・ブロックチェーンメディア
・ブロックチェーン教育事業
代表者/ 代表取締役 武内 洸太
取締役/ 取締役&CTO 鈴木 健二

■リリースに関するお問い合わせ
株式会社Blockchain Technologies 広報担当 安西 翔平
Mail : pr@blockchaintechnologies.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Blockchain Technologies >
  3. 【法人向け】ブロックチェーン特化のプログラミングスクール「Blockchain Code Camp」が『企業向け研修事業』をリリース!