手指をふれずに「押す&引く」がこれひとつ!エレベーターのボタンやドアノブから手を守るシルバーリング「mamotte(マモッテ)」。

ボタンを押す作業とドアノブを押したり引いたりする作業が、手指を触れずにできるシルバーリング。感染予防アイテムと思えないおしゃれなデザインで、いつも身につけられ、バッグから出す煩わしさがありません。

「mamotte(マモッテ)」は、シルバージュエリー工房を営む店主が、自身がエレベーターのボタンやドアノブを直接触ることが気になったために友人からのアドバイスを得て企画した、感染接触から手を守るためのシルバーリング。エレベーターや自動販売機などのボタンだけでなく、ATMやレジなどのタッチパネル、スマートフォンやタブレットにも。ドアノブを押したり引いたりの動作も、手指をふれずに行うことができます。
保護猫譲渡ステーションを併設した日本初のジュエリー工房をもつジュエリーブランド「Catton」(キャットン)を運営する株式会社ゴールデンリバー(所在地:熊本県荒尾市、代表:崔昌奎)は5月20日(水)より自社オンラインショップにて、エレベーターのボタンやドアノブからの接触感染を予防するシルバーリング「mamotte(マモッテ)」の販売を開始いたしました。

「mamotte(マモッテ)」は、熊本県荒尾市でシルバージュエリー工房を営む店主が、自身がエレベーターのボタンやドアノブを直接触ることが気になったために友人からのアドバイスを得て企画した、接触感染から手を守るためのシルバーリング。

感染予防アイテムと思えないおしゃれなデザインで、いつも身につけることができ、バッグやポケットから取り出す煩わしさがないのが特徴となります。

素材はシルバー925(抗菌性があるとされる銀92.5%の金属)を使用。銀イオンは細菌やウイルスに対して抗菌・抗ウイルス効果があると言われています(※)。

すべて自社工房で制作された「mamotte(マモッテ)」のデザインがこちら。丸みをおびたシンプルかつ曲線的なデザインのラウンドタイプと、男性も気軽に着用しやすい直線的なデザインのスクエアタイプ。そして各タイプに、わたしたちのジュエリーブランド「Catton(キャットン)」のロゴが浮かび上がるタイプの合計4タイプとなります。

接触感染を予防するシルバーリング「mamotte(マモッテ)」の使い方はこちら。エレベーターや自動販売機などのボタンだけでなく、ATMやレジのタッチパネル、スマートフォンやタブレットにもご利用OK。ドアノブを押したり引いたりの動作も、手指をふれずに行うことができます。

<エレベーターなどのボタンや、ATMの画面などを押すとき>
指を曲げて、リング先頭の突起部分でボタンや画面を押します。

<ドアノブを引くとき>
「mamotte(マモッテ)」のボトム部分は、中央がくぼんだ形をしています。そのくぼみにドアノブをひっかけることで、手指をふれずにドアノブを引くことができます。

<ドアノブを押すとき>
リングを180°くるっと回転させて、ボトム部分のくぼみにひっかけて、ドアノブを押すことができます。

リング(指輪)はもともと、魔除けや無病息災などのおまじないとして使われたのが起源であったといわれていますが、まさに”現代の疫病”ともいえる新型コロナウイルスの接触感染を予防し、健康であることを願うような「Catton」の接触予防リング「mamotte(マモッテ)」。

わたしたちはこれからも、熊本の工房でつくるシルバージュエリーに今の時代のニーズをかけあわせた、おしゃれでユニークな商品をつくってまいります。

<参考URL>
接触予防リング「mamotte(マモッテ)」
https://shop.catton.jp/c/ring/mamotte
Catton
https://shop.catton.jp/

<商品情報>
材質:シルバー925
サイズ:5号~28号(1号単位)
幅:13ミリ
販売価格:7,900円(税別)※Catton(キャットン)ロゴ入りは+1,000円(税別)となります

※銀イオンの新型コロナウイルスへの抗ウイルス効果については、検証されておりません。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゴールデンリバー >
  3. 手指をふれずに「押す&引く」がこれひとつ!エレベーターのボタンやドアノブから手を守るシルバーリング「mamotte(マモッテ)」。