【厚生労働省が認めた!】微酸性次亜塩素酸水(電解水)を生成する装置「visanzia」がついに登場。ノロウイルスやインフルエンザ、その他の食中毒菌などの感染対策に。HACCPへの対応にもおすすめ!

プライムケア東京株式会社(代表取締役 久木田八州郎)は、微酸性次亜塩素酸水(電解水)を生成する装置「visanzia(ビサンジア)」のレンタルサービスを開始しました。

  • 微酸性次亜塩素酸水(電解水)とは
微酸性次亜塩素酸水(電解水)とは、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液です。微酸性次亜塩素酸水(電解水)による使用は、ノロウイルスやインフルエンザ、その他の食中毒菌などの感染対策におすすめです。

 

平成14年6月には、厚生労働省により安全性が認められ、「人の健康を損なうおそれがないことから、食品添加物として指定することは差し支えない」と、使用基準及び成分規格が定められました。

食品関連の現場では、殺菌・消毒剤として次亜塩素酸ナトリウムが使われていますが、最近は、安全性が認められた「微酸性次亜塩素酸水(電解水)」が注目されており、HACCPへの対応にもおすすめです。

 

  • visanzia(ビサンジア)の特徴
1)ハンドセンサー対応
ハンドセンサーに手をかざすだけで、微酸性次亜塩素酸水を自動で生成するため、簡単に手洗いが可能。

2)高い除菌効果のある成分を連続生成
高性能な電極の使用により、除菌の基となる次亜塩素酸(HOCL)の含有率が最も高いpH領域の微酸性次亜塩素酸水を連続生成することが可能。
 
  • 使用例
【手洗いで感染予防】


【超音波噴霧器で空間除菌】


【気になるところにスプレー除菌】

  
  • HACCP(危害要因分析重要管理点)
HACCP(ハサップ)とは、「Hazard Analysis and Critical Control Point(危害要因分析重要管理点)」 の略です。原料の入荷・受入から製造工程、さらには製品の出荷までのあらゆる工程において、発生するおそれのある危害要因を分析し、製造工程の重要管理点や管理基準、測定法などを定め、記録する手法です。

平成30年6月13日に食品衛生法等の一部を改正する法律が公布され、原則としてすべての食品等事業者にHACCPに沿った衛生管理に取り組んでいただくよう盛り込まれています。
 
  • visanziaの詳細
http://www.primecare-tokyo.co.jp/visanzia/index.html
 
  • 会社概要


プライムケア東京株式会社
〒243-0432 神奈川県海老名市中央2-9-50 海老名プライムタワー24F
お問い合わせ先:046-240-0171
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プライムケア東京株式会社 >
  3. 【厚生労働省が認めた!】微酸性次亜塩素酸水(電解水)を生成する装置「visanzia」がついに登場。ノロウイルスやインフルエンザ、その他の食中毒菌などの感染対策に。HACCPへの対応にもおすすめ!