HRSがホテルへの支払いソリューション「Invisible Pay」の提供を開始グローバル企業の出張宿泊費への支払いプロセスを変革

統合プラットフォームにより、ホテルプログラムのコンプライアンスが30%向上可能に

HRS
企業向け出張ホテルソリューションをグローバルでリードする HRS は、企業向けの新たな宿泊費の支払いプラットフォーム「Invisible Pay」の提供を発表致しました。このソリューションは、規定外の宿泊費の支払い、推奨ホテルの低い利用率という出張管理業界の長年の課題に対して、最新の自動化されたペイメントのテクノロジーにより課題を解決していくものとなります。
2019年10月23日、ドイツ・ケルン - 企業向け出張ホテルソリューションのエンド・ツー・エンド・テクノロジー・プロバイダーとして世界をリードする HRS は、企業向けの新たな宿泊費の支払いにおけるプラットフォームの提供を発表致しました。Invisible Pay (英語サイト)と呼ばれるこのソリューションは、規定外の宿泊費への支払いと推奨ホテルの低い利用率という出張管理業界の長年の課題に対して、最新の自動化されたペイメントのテクノロジーにより課題を解決していくものとなります。
 
HRSは、支払い方法の容易さと、出張者が選ぶホテルの間に関係があることを調査から導き出しました。出張者が嫌う業務として(1)ホテルのフロントデスクでの複雑な支払いプロセス、(2)面倒な経費報告の作成の2点が浮き彫りになりました。Invisible Pay は、HRS独自のホテル管理のシステムを用いながら、出張者、企業、ホテルパートナーのすべてにメリットをもたらすソリューションであり、このような非効率な業務を省略することが可能になります。

またGBTAが2019年7月に発表した報告(英語サイト)では、企業の出張者は、よりシンプルで、よりシームレスな支払いのプロセスを切望しているという結果となりました。企業がホテルの支払いを一括または直接の支払い方法を導入した場合、出張者の88%がこれらの支払い方法が使えないホテルよりも使えるホテルで予約するという調査結果は、注目に値する内容となりました。

Invisible Payは、企業の経理部門とホテル双方からのデータの要求、支払いプロセスの迅速化、98%の正確性という確実な財務データに応えるべく構築されました

 


「HRSはここ数年、統合したホテルペイメントソリューションを世界各地で推進してきましたが、ペイメントソリューションの導入により企業のホテルプログラムにおけるコンプライアンスの基準が明確になってきました。また、クライアント企業が我々のペイメントソリューションを利用することで、ホテルコンプライアンスが平均で23%向上しています。宿泊料金と、よりシームレスな経費プロセスという2つの直接・間接コスト削減を企業の財務責任者は世界各地に展開してコスト削減を最大化させています」とHRSのCEOトビアス・ラガーは述べています。

 

HRSのInvisible Pay事業部門は、HRSの実績ある他のソリューションと連動して、革新的なチェックイン/チェックアウトのペイメントテクノロジーを推進しています。企業の出張者は、今年これまでにHRSの自動化されたペイメントソリューションを世界150カ国以上で利用し、その取引額は10億米ドル以上に達しています。HRSはすべての請求書を回収、監査、照合し、結果をプロセスオートメーションや企業出張分析のためにデジタル化しています。HRSのペイメントソリューションは、企業のホテルペイメントにとりわけ複雑なルールが存在する中国のマーケットにおいても、同国トップのハイテク企業、Eコマース、そしてモバイル&通信企業などから利用されています。

Invisible Payは、企業の2つの部門と従業員にメリットをもたらします。
  • 経理部門:初期導入では、プロセスにかかる時間を7分から1分に短縮、85%の削減を実現。請求書の精度は79%から98.8%に向上。
  • 出張調達部門:一貫性のある手順と、ホテルとのより密な関係で無駄な予約を減少させ、データの品質も向上。また、推奨ホテルの利用を30%程度向上させることも可能。
  • 出張者:保証された予約により、フロントデスクでのチェックインが迅速化され、自動化された支払いによりチェックアウトを待つ人の列も解消。またホテル経費の報告作業も大きく自動化。すべて項目化されたデジタル領収書が企業の経費管理システムにアップロードされ、社員は1件の経費報告作業につき平均で12分の節約が可能となり、迅速で適切な精算も促進。

 またホテルにとっても、安全確実なデータプロセスにより、財務部門の業務を最小化させることが可能となります。

# # #

HRSについて
HRS は、ホテルに特化した出張をシンプル化する支援を行なっており、世界中の企業のトラベルマネージャーならびに出張者からホテルの選択、出張に関係するプロセスに対して高い信頼を得ています。また、専門性を要するホテルとの企業レートの調達ならびに交渉、宿泊やミーティングの際のペーパーレス支払いの最適化や請求書プロセスの自動化なども行なっています。多国籍企業3,000社以上がHRS のGlobal Hotel Solutionsを利用しています。その顧客には、フォーチュン500社に入るGoogle、シーメンス、アリババ、チャイナモバイル、フォルクスワーゲン等が含まれます。HRS はまた、ホテルサプライヤーとも協業し、透明化の推進、企業へのホテル供給プロセスの効率化の支援を行っています。HRSは1972年にドイツのケルンで創立され、現在はベルリン、ロンドン、ミラノ、ムンバイ、ニューヨーク、パリ、サンフランシスコ、サンパウロ、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、東京、ワルシャワなど世界35都市以上のオフィスで展開しており、1,500名以上の従業員で構成されています。企業クライアントと出張者は、HRS の現地マーケットの専門知識とグローバルネットワークを活用することが出来ます。詳細は、https://corporate.hrs.com/jaでご確認ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HRS >
  3. HRSがホテルへの支払いソリューション「Invisible Pay」の提供を開始グローバル企業の出張宿泊費への支払いプロセスを変革