次世代の身体採寸テクノロジー「Bodygram」フィットネス領域へ参入を発表

アンバサダーに競泳オリンピックメダリストの松田丈志氏が就任!2020佐渡国際トライアスロン大会での新たなチャレンジをサポート

 次世代の身体採寸テクノロジー「Bodygram(ボディグラム)」を提供するBodygram Inc.の日本法人Bodygram Japan株式会社(本社:アメリカ 、ファウンダー兼CEO Jin Koh)は、「Bodygram」の技術を活用して、フィットネス領域への参入を発表いたします。さらに競泳オリンピックメダリストであり、現在は「CrossFit(クロスフィット)」トレーナーとしても活動する松田丈志氏が、Bodygram公式アンバサダーとして就任いたしました。
 今後「Bodygram」は、アパレルのみならずフィットネス領域へと活用範囲を拡大し、多様な場面で独自の身体採寸技術を提供して参ります。
「Bodygram 」を活用して身体のサイズ変化を記録!フィットネス領域でも技術活用
 独自人工知能(AI)を駆使して全身の推定採寸を行う先進技術「Bodygram」は、いつでも・どこでも・誰にでも使ってもらえる技術を目指し、洋服を着たままの状態でスマートフォンからの画像と簡単な数値入力だけで、全身の身体サイズ推定を行います。
 当社は「Bodygram」のさらなる活用シーンとして、フィットネス領域でのビジネス展開を本格化して参ります。フィットネス領域においては、フィットネスジムでの導入を想定し、「Bodygram」で測定した体型データ記録を活用した効率的なトレーニングメニューの開発や個人間のデータ比較による多角的な商品開発など、あらゆる活用方法を検討してまいります。

※上記の画像はイメージです。

アンバサダーとして松田丈志氏が就任
2020佐渡国際トライアスロン大会(Aタイプ)への挑戦を「Bodygram」と味の素(株)「勝ち飯®」が全面サポート

左:Bodygram CEO Jin Koh (ジン・コー) 氏, 右:Bodygram 公式アンバサダー 松田丈志氏左:Bodygram CEO Jin Koh (ジン・コー) 氏, 右:Bodygram 公式アンバサダー 松田丈志氏

 

 フィットネス領域に参入していくBodygramの公式アンバサダーとして、競泳オリンピックメダリストであり、現在はクロスフィットトレーナーとしても活動する松田丈志氏が就任いたしました。さらに、松田氏は来年9月に開催予定の「2020佐渡国際トライアスロン大会」Aタイプ(スイム4㎞、バイク190.0㎞、ラン42.195㎞)へ挑戦することも発表いたします。このコースは総距離236.195㎞で競い、コースのアップダウンも激しく国内でも有数の過酷なロングレースと呼ばれ綿密なトレーニングが必要となります。
 Bodygramは松田氏が同じくアンバサダーを務める味の素(株)「勝ち飯®」と共同でフィットネスプログラム面・栄養プログラム面で全力サポートして参ります。Bodygramは今回の具体的なサポート内容として、トライアスロンにおける理想的な体型変化を確認するためのデータ計測・提供を行います。松田氏によって提供されるアスリートの貴重な身体データを蓄積することで、Bodygramはフィットネス領域への参入を確立いたします。さらに、松田氏がトレーナーを務めるフィットネスジム「CrossFit(クロスフィット)」でも、「Bodygram」を活用して参ります。
 今後、松田氏の「2020佐渡国際トライアスロン大会」挑戦の様子は味の素(株)「AJINOMOTO×SPORTSサイト」及び、「AJINOMOTO×SPORTS」公式アカウント、松田氏自身のSNSにて発信して参ります。
 今回の発表に関して松田氏は以下のようにコメントしています。

松田丈志氏コメント
「Bodygramアンバサダーに就任する事を光栄に思います。私は現役選手の時から、自分の現状を知るために様々な測定を行い、データを積み上げてきました。データを蓄積し自分の中に様々な指標を持つことが結果を出すための近道であり、目標を達成する可能性を高めるからです。Bodygramのテクノロジーは今後、アスリートの恒常的なコンディション観察の指標になりうると考えています。私もこれから来年9月に開催される2020佐渡国際トライアスロン大会に向けての体作りにBodygramのテクノロジーを活用していきたいと思います。」
味の素(株)AJINOMOTO×SPORTSサイト:https://www.ajinomoto.co.jp/sports/
味の素(株)AJINOMOTO×SPORTS公式Twitterアカウント:https://twitter.com/aji_spo

■Bodygram Inc.について
身体採寸ツール「Bodygram」およびデータ・プラットフォーム「BodyBank」のBtoB事業を、当初開発した前身の会社Original Inc. から独立させ、スピンアウトしました。2019年1月にBodygram Inc.として米国にて設立しました。ファッション・ライフスタイル・ヘルスケアなど人々の生活に関わる様々な領域での「Bodygram」の活用を視野に入れて開発を行っています。2019年5月に子会社となる日本法人Bodygram Japan 株式会社 を設立しました。
Bodygram Japan株式会社:https://bodygram.com/jp/

■松田丈志氏について

1984年宮崎県延岡市生まれ。競泳選手として2004年から2016年まで4度のオリンピック出場を果たしている。2008年北京五輪200mバタフライ銅メダル獲得。2012年にはロンドン五輪で競泳日本代表チームの主将を務める。2016年のリオ五輪では当時32歳日本競泳界最年長で出場を果たし、800フリーリレーで52年振りの銅メダルを獲得。現在はスポーツ団体のアスリート委員を務めるなどスポーツの普及活動を中心に、スポーツジャーナリストとして、スポーツ ニュース、執筆、講演、またトライアスロンやオーシャンスイムに挑戦するなど幅広く活動中。
オフィシャルサイト:http://matsudatakeshi.com/
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/tkc200?s=20
公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/tkc001/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Bodygram Japan株式会社 >
  3. 次世代の身体採寸テクノロジー「Bodygram」フィットネス領域へ参入を発表