水素菌を用いたバイオジェット燃料製造に関する共同研究契約の締結について

CO2を原料としたSAF(持続可能な航空燃料)製造に向けた共同研究を開始

株式会社CO2資源化研究所(本社:東京都江東区、代表取締役 湯川 英明)は、太陽石油株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 岡 豊)とバイオジェット燃料の原料であるイソブタノール製造に関する共同研究契約を締結しましたのでお知らせします。
当社は、CO2(二酸化炭素)を原料に水素をエネルギー源にして、革新的なバイオ技術を高度に利用し、バイオ燃料の他、ヒト用プロテイン、各種化学品等の分野で研究開発と事業化を進めています。今回のバイオジェット燃料製造の共同研究を通じて、産業への貢献と低炭素社会の実現をいっそう加速すべく、技術開発に邁進して参ります。

 1.共同研究の概要
当社は、増殖速度が非常に速い「UCDI水素菌」を開発し、水素と二酸化炭素を原料としたイソブタノール生成に関する基盤技術・特許を有しております。本共同研究では、当社が保有する基盤技術と太陽石油株式会社の石油精製に関する知見を融合し、水素と二酸化炭素を原料としたSAF製造の実証化に向けた技術開発を実施して参ります。

2.背景
世界的な脱炭素化に向けた対応が急速に求められる中、航空輸送分野においてもバイオマスや廃食油等を原料としたSAFの製造、供給が進められています。一方、これらの燃料は食糧との競合、水資源や地球環境保全への影響、原料確保等、様々な課題を有しており、大量生産には不向きな状況にあります。この解決方法として、二酸化炭素から燃料を製造するカーボンリサイクルへの期待が高まっています。


<太陽石油株式会社の概要>
 本   社     東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル15F
 代表者     代表取締役社長 岡 豊
 設   立   1941年2月
 資本金     4億円
 HP      https://www.taiyooil.net/


株式会社 CO2 資源化研究所/Utilization of Carbon Dioxide Institute Co., Ltd.
<会社概要>
  本社/研究所 東京都江東区青海2-4-32 タイム24ビル15階
  代表者    代表取締役 湯川 英明
  設 立    2015年8月
  資本金等   1億6,290万円
  URL             https://www.co2.co.jp
<事業分野>
当社は、CO2を栄養源として、24時間で1個体が1600万個(1gが24時間で16t)に増殖する「UCDI水素菌」を核に、革新的なバイオ技術を高度に利用し、研究開発と産業化を進めています。
1. Biofeeds(飼料用動物性たんぱく素材)2.ヒト用プロテイン 3.バイオ燃料 4.各種化学品の4事業分野において、食糧問題解決と脱石油社会の実現に貢献してまいります。

技術基盤と4つの事業分野技術基盤と4つの事業分野


※「UCDI」は当社の英文社名略称であり登録商標です。







 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CO2資源化研究所 >
  3. 水素菌を用いたバイオジェット燃料製造に関する共同研究契約の締結について