WeWork Japan、最高経営責任者の就任に関するお知らせ

WeWorkとソフトバンクの合弁会社であるWeWork Japanは、10月2日付けで元マネージングディレクターの佐々木一之が最高経営責任者(CEO)に就任したことを発表します。

佐々木一之は以下のように述べています。

「WeWork Japanの中核事業はかつてないほど好調であり、 国内初の拠点オープンより20ヶ月経った現在では、5都市に21拠点を運営しています。国内で比類ないメンバー体験を引き続き提供することができるよう努めて参り、またメンバーの皆さま、企業のお客様、ビルオーナーのパートナーさま、そして社員の継続的な成功のために精進して参ります。」



■WeWork Japan合同会社の概要■
WeWorkは、2010年創業、ニューヨークに本社を置き、全世界の地域でコミュニティ型ワークスペースを提供・運営する企業です。2018年2月に日本で初めての拠点を開設。ベンチャー企業から大企業まで、多種多様な業種の方々がメンバーとして参加しており、世界中のコミュニティを通じて、お互いに刺激し合えるコラボレーション環境を提供しています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WeWork Japan合同会社 >
  3. WeWork Japan、最高経営責任者の就任に関するお知らせ