『キレイキレイ』×体験型科学館『ソニー・エクスプローラサイエンス』が初のコラボレーションでワークショップ開催

子どもたちが、創造力豊かなアイデアで、プログラミングブロックMESHTM※1を使って手洗いをしたくなる装置を開発!

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)のハンドソープブランド『キレイキレイ※2』は、ソニー株式会社が運営する体験型科学館『ソニー・エクスプローラサイエンス※3』(所在地:東京都港区台場)と共同で、小学生を対象にしたプログラミングワークショップを2019年6月15日(土)に開催たしました。

 


開催当日のワークショップでは、子どもたちが自由なアイデアで手洗いしたくなる仕組みを考え、ソニーのプラグラミングブロックMESHTMを使って、楽しみながらプログラムを組んでいきました。まずは、プログラミングのやり方やMESHの基本的な使い方のレクチャーからスタート。動かすと音がなる、押すと音がなる、光るなど、様々な種類のMESHに子ども達は興味津々な様子。「早く作りたい!」「楽しみ!」などの声があがっていました。

その後、ライオンの担当者より“手洗いの大切さ”について説明があり、食中毒が心配な季節が近づく中、子どもたちに手洗いの大切さについて考えてもらいました。どんな時に手を洗わなかったか、なぜ手を洗わなかったか、どうすれば手を洗うようになるか、というステップでアイデアを膨らませていきました。参加した子どもの一人は、「外から家に帰ってきたとき」「おなかが減ったとき」などの手を洗って欲しいタイミングで、「“手を洗え”と連呼されると手を洗うようになる」、というアイデアから、自らMESHに「手を洗え、手を洗え」と声を吹き込み、センサーが反応すると声が出る仕組みなどを考えていました。ワークショップの最後には、それぞれが創造した「手洗いをしたくなる装置」をみんなの前で発表。「ポンプを押すと拍手される」、「手を洗い終わったらファンが回って手を乾かしてくれる」、「お母さんの声で“手洗いしましょう”と言われる」、など大人では思いつかない独創的なアイデアばかりで、会場からは驚きや笑いの声が沸き起こっていました。
ライオンのハンドソープブランド『キレイキレイ』は社会貢献活動の一環として、子どもたちに手洗いの大切さや正しい手洗いの仕方などを伝える清潔衛生習慣の定着活動を全国で展開しています。また、『ソニー・エクスプローラサイエンス』はソニーの科学教育支援活動の一環として、次世代を担う子どもたちの好奇心や創造性を育む機会を提供しています。

今回、『キレイキレイ』は『ソニー・エクスプローラサイエンス』とコラボレーションし、よりよい生活習慣づくりとして、衛生教育と科学教育を組み合わせたワークショップを初めて実施しました。参加した子どもたちからは、「とても楽しかったし、勉強になった」「手を洗う大切さを学んだので、家でも作ってみたい」といった声をいただきました。

 

また、同日に開催した「科学実験ショー サイエンスバトラー」にも多くの親子が参加。スペシャルゲストとしてライオンちゃんが登場し、正しい手洗いについてわかりやすく説明しました。参加した親子には、ライオンの『キレイキレイ薬用泡ハンドソープ』がプレゼントされました。



※1 ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・プログラム)」から生まれた、誰でもかんたんにデジタルなものづくりができるツールです。さまざまな機能を持った無線でつながる小さなプログラミングブロック(MESHブロック)を組み合わせることで、難しい電子工作の知識やプログラミングの知識がなくても、「あったらいいな」と思うIoT(モノ・コトのインターネット化)を活用した仕組みをつくることができます。ひとつひとつのブロックは小さく、アプリや他のブロックと無線でつながり、身近なものと自由に組み合わせてアイデアを自由にかたちにすることができます。子どもたちは、MESHを通して、新しい仕組みを生み出す創造力や、身の回りの課題を解決する思考力など、これからの時代に必要な力を身につけることができます。

※2 1997年に発売以降、生活者の手洗い習慣の定着を促進することにより、きちんと殺菌してバイ菌から手肌を守るハンドソープ売上No.1のブランドです(2018年1月~12月シリーズ累計販売金額 インテージSRIハンドソープ市場(ボディ用石鹸除く))。

※3「光」「音」「エンタテインメント」を科学するサイエンスミュージアムです。エレクトロニクス製品やゲーム・音楽・映画などのエンタテインメント技術に応用されている科学の原理を体感できる常設展示をはじめ、プログラミング学習ができるワークショップや、科学の原理を学べるライブショー、ミニ実験などの様々な企画を開催しています。


■実施したイベントの概要
「プログラミングブロックMESHTMで手洗いをしたくなる装置を開発しよう!」

【開催期間】    2019年6月15日(土)
【開催時間】    12:00-14:00、15:30-17:30 (各回2時間)
【会場】          ソニー・エクスプローラサイエンス 内 「スタジオSES」
【対象】          小学3年生から6年生の生徒と保護者
【定員】          各回10組20名、計40名
【主催】          ライオン株式会社、ソニー・エクスプローラサイエンス

■次回開催
『キレイキレイ』と『ソニー・エクスプローラサイエンス』とのコラボレーションイベントは、今後、2019年7月20日(土)、21日(日)、8月3日(土)、4日(日)、26日(月)の合計5日間実施されます。
※イベントの詳細はソニー・エクスプローラサイエンスのホームページで6月末に公開予定。
 https://www.sonyexplorascience.jp/
※8月26日(月)は平日のため「科学実験ショー サイエンスバトラー」の実施はありません。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライオン株式会社 >
  3. 『キレイキレイ』×体験型科学館『ソニー・エクスプローラサイエンス』が初のコラボレーションでワークショップ開催