CyCraftとセキュアブレイン(日立システムズ子会社)が業務提携

AIセキュリティサービス立ち上げで国内成長を加速する

株式会社CyCraft Japan(サイクラフトジャパン、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:呉 明蔚、以下「CyCraft」)は、会社設立から一年にあたり、株式会社セキュアブレイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:青山 健一、以下「セキュアブレイン」)をCyCraft Japan認定パートナーとして迎えたことを発表いたします。同社は日本国内でCyCraft AIRを提供し、AIを活用したサイバープロテクションの普及を加速させます。
ハッカーの活動はますます高度に隠密化・巧妙化しており、侵入を完全に防止することは実質的に不可能になりました。いまや組織は「侵入前提」のアプローチを採用し、これに基づくセキュリティツールを配置しています。たとえばエンドポイントでの防御強化にはエンドポイント検知・対応ソフトウェア(Endpoint Detection and Response、 EDR)が使われ、そして情報セキュリティ分析とオペレーションの時間短縮にAIが活用されています。CyCraft AIRはこの2つの技術を組み合わせ、現代のサイバー脅威に対してもっとも有効なソリューションを実現しました。

CyCraft AIRの登場以前は、EDR運用にはセキュリティ専門家に加えて、大規模調査や分析の実施に長時間を要し、組織が日常的に運用する防御システムへの統合は困難でした。CyCraft AIRは、これらの問題をMITRE ATT&CK®情報セキュリティ・フレームワークをサポートする自動AIエンジンで解決します。定期的なセキュリティ通知、分かりやすく視覚化された分析、推奨される改善策に加えて、規模を問わずわずか数分で組織が直面するあらゆる脅威を分析し、分かりやすく具体的な対策がとりやすい報告書を作成します。これにより専門家の助言や膨大なセキュリティデータの解析を経なくても、情報セキュリティの問題が解決できるようになりました。

CyCraft Japanのジェームズ・チェンCOOが「CyCraftの人工知能とセキュアブレインの有能な専門家が組めば、本格的なモニタリング、深層解析、最速のレスポンスなど、これまで以上のセキュリティサービスレベルで現代のハッカーから日本の顧客を守ることができます」と語りました。

CyCraft AIRは軽量実装と攻撃の明確な可視化、そして迅速なケース報告をすべて同時に実現します。エンドポイントをスキャンするソフトウェアは、顧客のニーズに合わせて予定時刻または継続的に起動可能(インストール不要)です。攻撃と隠れたデバイスの水平相関分析はマップ化され、脅威の重要度に基づき色分けされるので、一目瞭然です。ハッカーの複雑な侵入経路はAIにより分析され、シンプルで分かりやすい日本語の報告書が作成されるので、決裁者は状況を直ちに把握して行動できます。このようにCyCraft AIRは、インストールを要さず、わずか数分でセキュリティ調査を実施できます。日本では、すでに多くの企業・組織でサイバーセキュリティの緊急事象に早急、丁寧かつ正確な対策を取るのに活用されています。AI活用により、企業はサイバー攻撃の初期段階で速やかに対抗措置を講じることができ、時間を要してさらなる被害を招く恐れのある証拠収集も大幅に短縮します。

セキュアブレインの山村元昭COOは、「これまで企業はサイバーセキュリティに沢山の投資を行なってきたにもかかわらず、サイバー攻撃者は依然として企業ネットワークに侵入しており、企業のインシデントレスポンスの必要性はこれまで以上に重要になっています。 セキュアブレインはCyCraftと提携してAI主導型のSecOpプラットフォームを企業に提供し、新しいサイバー攻撃に迅速に対応し、一歩先を行くことを支援することに興奮しています」と語りました。
  
株式会社セキュアブレインについて
セキュアブレインはネットワークセキュリティサービスを専門とする日立システムズの完全子会社です。「ネット犯罪からすべての人を守る」を企業ミッションに、日本の顧客に最先端の技術で最高品質のセキュリティ製品とサービスを提供しています。

株式会社CyCraft Japanについて
株式会社CyCraft Japanは、APT攻撃及びデジタルフォレンジックに深い知見を持つ、台湾トップレベルのセキュリティ専門家によって設立された企業です。アジアの政府機関、フォーチュン・グローバル500企業、アジアの主要銀行および金融機関や、台湾・シンガポール・日本・ベトナム・タイをはじめとするAPAC諸国の主要インフラ・航空・通信・テック企業と中小企業に、サイバーセキュリティサービスを提供しています。独自のAI主導MDR(マネージド型脅威検知・対応)、SOC(セキュリティオペレーションセンター)オペレーションソフトウェア、脅威インテリジェンスプラットフォーム(Threat Intelligence Platform, TIP)、ヘルスチェックツール、自動フォレンジックツール、インシデントレスポンス(Incident Response, IR)ツール、でSOCの運営を支援。CyCraftはMITRE ATT&CK®評価の第2ラウンドに選定されたアジアのサイバーセキュリティベンダー2社のうちの1社で、サイバーセキュリティ・アワードでは「アジアの最優秀サイバーセキュリティ企業」、「最優秀フォレンジクス」、「最優秀AIサービス」などで金賞を多数受賞しています。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CyCraft Japan >
  3. CyCraftとセキュアブレイン(日立システムズ子会社)が業務提携