Iot/ICTによる子どもの見守り事業 和歌山市にて開始

~和歌山市立の全小学生と対象とした見守りネットワーク~

 地域の電力会社、和歌山電力株式会社 (本社:和歌山県和歌山市、代表取締役:山口高史、以下 和歌山電力)は、和歌山市からの委託を受け、2021年6月から和歌山市立小学校の全児童を対象とした「Iot/ICTによる子どもの見守り事業」を開始します。
 市内の店舗や事業所等に設置する見守り基地局(固定スポット)と指定のアプリをインストールした市民(移動スポット)によって見守りネットワークを構築し、見守り端末をランドセル等に付けた子どもが近くを通ると位置情報が記録され、緊急時には警察等関係者にその情報が共有されます。
 2021年6月から小学校区単位で順次対象地域を広げ、2~3年で全ての和歌山市立小学校区にて利用可能となる予定です。見守り基地局の設置が進み、見守りネットワークの整備が完了した小学校区から導入されます。

▼Iot/ICTによる子どもの見守り事業 詳細ページ
https://w-epco.co.jp/otta-mimamori/


■本事業開始の背景
 近年、子どもが犯罪に巻き込まれる事件が後を絶たず、地域において子どもの安全確保が急務となっています。その対策の一つとして、和歌山市はIoT/ICTを活用し、子どもの所在が把握できるなどの見守り環境を整備するとともに、緊急時に学校、役所、警察等関係機関への位置情報を提供することにより、安全で安心なまちづくりを推進しています。和歌山電力は公募型プロポーザルを通して本事業を受託し、見守りネットワークの構築を開始しました。株式会社ottaの技術協力のもと、見守りシステムを和歌山に導入し、地域の見守り環境をアップグレードしてまいります。

 

 


■本事業の特徴
1.店舗や事業所、市民で見守りネットワークを構築します。
2.市立小学校を通して、小学生に見守り端末(発信機)を配布します。
3.記録された位置情報は緊急時に警察等関係者に共有されます。

 

 

 


■見守りの仕組み
1.小学生に無料で見守り端末(位置情報を発信する笛型の発信機)を配布します(学校の案内に沿って申込みが必要)。

2.見守り端末をランドセル等に付けた小学生が、市内の店舗や事業所等に設置された見守り基地局(固定スポット)付近を通過、もしくは指定のアプリ をインストールした市民(移動スポット)とすれ違うことで位置情報が記録されます。

3.緊急時には警察等関係者にその情報が共有されます(※)。

※ 記録された位置情報を保護者がスマートフォンでリアルタイムに確認できる有料プラン(技術協力元の株式会社ottaとの契約になります)も選択可能です。


■見守りネットワーク構築のご協力のお願い

≪店舗・事業所の方へ≫
 和歌山市内の店舗や事業所等、約1000地点に「見守り基地局」を設置します。設置が進んだ小学校区から見守りサービスを導入できるため、地域の安全安心づくりのため、ぜひご協力をお願いいたします。

 市内に均等に設置するため、初回の募集は小学校区ごとに20ヶ所を予定しています。予定設置数を超えた場合や、通学路等の地域の特性・他の基地局との距離を勘案した結果、設置を延期または保留、お断りする等、ご希望に添えないことがあります。また設置した後も、最適かつスムーズな見守りネットワーク構築のため、見守り基地局を別の地点に移動することがあります。あらかじめご了承の程、お願いいたします。
 

 

≪市民の方へ≫
 スマートフォンに専用アプリ(以下、見守り人アプリ)をインストールすることで、すれ違った子どもの位置情報がサーバーに記録されます(見守り人アプリには位置情報は表示されません)。
 より多くの市民が参加することで強固な見守りネットワークを構築できるため、ぜひご協力をお願いいたします。


■保護者の手続き
 見守り基地局の設置が完了した小学校区から順次導入されます。2~3年で和歌山市立の全小学校区に導入が完了する予定です。開始時には各学校より案内がありますので、案内に沿って、お申し込みください。


■ご協力いただいている事業者様
基地局設置活動や見守り人アプリの一括導入等、見守りネットワークの強化にご協力いただいております(予定含む)。
---
きのくに信用金庫、株式会社紀陽銀行、相互タクシー株式会社、ユタカ交通株式会社、わかやま農業協同組合(JAわかやま)
※五十音順
---


■本事業概要
【事業名】 Iot/ICTによる子どもの見守り事業(和歌山市)
【事業主体】和歌山市
【受託事業者】和歌山電力株式会社
【技術協力】 株式会社otta
【その他協力】きのくに信用金庫、株式会社紀陽銀行、相互タクシー株式会社、ユタカ交通株式会社、わかやま農業協同組合(JAわかやま)※五十音順
【URL】 https://w-epco.co.jp/otta-mimamori/
【対象】 和歌山市立小学校の全児童
【開始時期】 2021年6月より小学校区単位で順次対象地域を拡大し、2~3年間で和歌山市全域において利用可能となる予定。見守り基地局の設置が進み、見守りネットワークの整備が完了した小学校区から導入されます。


■会社概要
【商号】 和歌山電力株式会社(小売電気事業者番号:A0189)
【役員】 代表取締役 山口 高史、取締役 鳴海 禎造
【所在地】 ≪営業所≫〒640-8044 和歌山県和歌山市板屋町22 和歌山中央通りビル7F
【設立】 2015年1月9日
【資本金】 5,000万円
【事業内容】 電力の売買及び仲介業務 等
【URL】 https://w-epco.co.jp/
【事業目的】 和歌山電力は、地域の皆さまのコスト軽減はもちろん、和歌山県内に唯一本社を置く経産省登録電力会社として、県外への電気料金の流出をできる限りストップし、県内で電気とお金が回る「電力の地産地消」をはじめ様々な地域経済活性化を目指し取り組んでいます。


■お問い合わせ先
≪見守り基地局や本事業に関する問い合わせ≫
和歌山電力株式会社 法人事業部
【Tel】 073-488-1375(平日9:00-17:00)
【Web】 https://w-epco.co.jp/inquiry/

≪アプリやプラン・機器に関する問い合わせ≫
株式会社otta サポートセンター
【Tel】 0570-003-722(平日9:00-18:00)
【Web】 https://www.otta.me/contact/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 和歌山電力株式会社 >
  3. Iot/ICTによる子どもの見守り事業 和歌山市にて開始