農業IoTの「スマホのような存在」を目指す

株式会社Momoがオープン型農業IoTシステムの予約販売を開始

農業IoTの「スマホのような存在」を目指す
株式会社Momoがオープン型農業IoTシステムの予約販売をMakuakeで開始


・農業IoTの現状
近年、農業IoTは圃場(ほじょう:畑や菜園、田畑)の見える化により農法や作業のにおける効率向上化や改善をもたらす先進的スマート農業技術として注目を集めています。 しかし、サーバにまでデータを送り保存できるような農業IoTデバイスは廉価化が進んでおらず、一般農家にまで普及しているとまでは言い難いのが現状です。 今回株式会社 Momo がAgVenture Lab(JA グループのオープンイノベーション推進組織)やKDDIムゲンラボの支援の下、試験や仕様の作り込みを行ってきた結果、他のプロジェクトからの部品の共通化、極限までハードウェア構成を削ぎ落とすことなどにより従来の無線型センサの半額以下の価格を実現できました。


・「Agri Palette」とは
「Agri Palette」は、株式会社 Momo が農業法人に BtoB で納品してきたハードウェア/データハブのプラットフォームをサードパ ーティ開発企業向けに開放するサービスです。 データ連携 (Web hook)技術により同一ハードウェアを用いてパートナー企業が自社サービスを開発・展開することを可能にしました。これにより農家や農業法人は1組のデバイスを購入するだけで複数のアプリケーションによるユーザ体験を享受できます。


オープン型プラットホームで開発者や開発企業が参加する


例えば、肥料メーカーによる土壌センサのデータを活用した施肥の最適化サービスや、食品や飲料メーカーや小売企業の自社農園管理業務システムへのセンサの連携による業務効率化など、従来一社だけでは開発しきれなかった多様なユースケースでの活用を想定しています。 センサのラインナップはCO2センサ・日照量センサ・温度湿度センサ・土壌一体型(EC・水分量・温度)センサ・土壌Phセンサの5機種(取得可能なデータは8種類)。
 


・予約販売の開始
株式会社Momoは、今年12月25日より上記のIoTシステムAgeri Paletteの予約販売をMakuake(https://www.makuake.com/project/agripalette/)にて開始いたします。 ターゲットとしてはスマート農業に関心のある農家や農業法人、農業領域に参入する事業会社やSIer企業を想定。

また、パートナー企業の募集も開始した。 すでにSI企業では株式会社ソーバル・株式会社神戸デジタルラボ・IoTBase株式会社が参加を表明しており、株式会社Momoは今後も「Agri Palette」開発パートナー企業を募集を継続し、来年度末までに50社を目指す。

-------------------------------------
株式会社Momo

株式会社Momoは手軽にIoT(Internet of things モノのインターネット)を導入できるプラットフォームシステム 「Palette IoT」 を2017年末に発表。  「Palette IoT」は、IoTシステムの構築に必要な全てのツールが1つのキットにまとめられており、複雑な回路設計やプログラミング作業が不要で、誰でも簡単にIoTシステムが導入でき、2019年末現在までに40超のプロジェクトへの納品を行ってきた。 今までに神戸市・大阪市・KDDI・JXTG・日本Microsoftなどのベンチャー支援事業に採択されている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「Makuake」プロジェクト実施概要 実施期間:2019年12月25日〜2020年2月28日
プロジェクト名:農作物の気持ちが分かっちゃう!お手頃スマート農業システムAgriPalette プロジェクト
URL:https://www.makuake.com/project/agripalette/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Momo >
  3. 農業IoTの「スマホのような存在」を目指す