AMR臨床リファレンスセンター/11月は「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」

 世界的に脅威となっている薬剤耐性(AMR)問題に係る全国的な普及啓発活動を推進するため、日本では、毎年11月を「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」に設定しています。
 AMR臨床リファレンスセンターは、今年のテーマを 「ウイルスに抗菌薬は効きません‼」とし、おなじみのTVアニメ「はたらく細胞」とコラボレーションして、さまざまな施策で啓発活動を行っていきます。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

■キャンペーンサイト公開中!
https://amr.ncgm.go.jp/information/campaign2021.html

  • ① TVアニメ「はたらく細胞」 コラボ 薬剤耐性対策啓発ツール
・メインヴィジュアルポスター

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction


・リーフレット












©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

・ノベルティ(クリアファイル、シール)





〇リーフレット配布先(総数137,000部) :
 小児科クリニック、薬局
 FQ JAPANフリーマガジン設置先
  (産婦人科クリニック、幼稚園等)
 日本科学未来館  (11月より配布予定)


©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
 

  • ② 2021年新作動画


「書に学ぶ」
https://www.youtube.com/watch?v=qIcOdGOB0MQ

抗菌薬の正しいのみ方を指南します。



 


「ちょっと待って!!
  かぜに抗菌薬は効かないよ!」

https://www.youtube.com/watch?v=F-DwBaO_Ra8

2人のフェアリーが、ポップな歌とダンスで楽しく薬剤耐性と抗菌薬について教えます。

 

  • ③ キャンペーンサイトコンテンツ
・ポスター、リーフレットダウンロード












©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

・「薬剤耐性(AMR)」クイズ」














©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction


・​「薬剤耐性あるある川柳」総集編と第5回告知



AMR対策について、一般の方にも自分の事として関心をもって考えていただくため、第5回「薬剤耐性あるある川柳」 の公募を行います。公募サイトは11月から公開予定。        
 
  • ④ その他のキャンペーン施策
   ●男性育児雑誌「FQ JAPAN」との誌面・WEBタイアップ
      「FQ JAPAN」 9月号、「FQ JAPAN BABY&KIDS」 秋号
      「FQ Kids」 秋号

   ●小田急電鉄車内ビジョン広告 15秒 (11月1日-28日)
     TVアニメ「はたらく細胞」スライド展開、「書に学ぶ」

   ●WEBニュース、SNS広告での発信 (11月~)

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター AMR臨床リファレンスセンター >
  3. AMR臨床リファレンスセンター/11月は「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」