教育機関で日本初、仙台育英学園がアメリカ留学前のVRシミュレーショントレーニングを正式に導入。海外留学の渡航制限対策としても期待。

米immerseのVR英語サービスを活用し、留学前の生徒のスピーキング力やアメリカへの文化理解を高める。

仙台育英学園高等学校(宮城県)の外国語コースは、現在行われているハワイ短期留学の効果を最大に高めるため、VRシミュレーショントレーニングをハワイVR留学プログラムとして導入することを決定した。同校は新型コロナウイルスなどによる海外での教育活動中止・延期への対策としても期待をかけている。

日本でVR英会話サービスを展開をしている会社Immerse Inc.(名称:イマース、本社:米国カリフォルニア)と協力し、仙台育英学園高等学校外国語コースは長年実施しているハワイ短期留学の事前シミュレーショントレーニングとしてハワイVR留学プログラムを2020年夏から正式導入する。

 


「空港」「海外レストランやカフェ」「ホームステイ先における自己紹介」など、留学先で発生する英語でのコミュニケーションをVR上で作り出し、アメリカ人講師とシチュエーション英会話をすることで、生徒は留学に限りなく近い感覚を持ちながら、バーチャルシーン上で”留学”の一部を事前に行うことが可能。
 

 

これまでの仙台育英学園高等学校外国語コースの短期留学事前研修は臨場感と緊張感が十分でなかったために、初めて海外渡航する生徒の中には様々なシチュエーションにおける相手国の文化的背景や自身の”実戦”での英語レベルを一部理解できないままに渡航することがあった。
そのため、「想定以上に会話ができないことに現地で気づき、十分に会話チャンスを掴めないなど留学機会に見合った効果を実感することなく帰国する」というケースもあった。

このようなことから、仙台育英学園高等学校外国語コースではイマースのVRシミュレーショントレーニングを活用し、本来留学に行くまで感じられなかった生徒自身の課題を事前把握させ、短期留学における文化理解や語学学習をより効果的に行うことを目指している。

仙台育英学園高等学校は昨年2019年10月よりイマースが提供するVR英会話を試験的に使用を開始。生徒の満足度や学習効果を測定をした結果、生徒の満足度が高く、学習効果も統計的に有意に上昇した例もあったことから、VR留学プログラムとして正式に導入することを決定した。

英語学習の正式なプログラムとしてVRを利用することは日本の教育機関で初となる。VR留学プログラムとして正式導入する学校法人仙台育英学園の常務理事である加藤聖一氏は以下の様にコメントしている。
 

「同社のVR英会話サービスを昨年試験的に導入した際に得られた生徒の満足度・学習効果や技術的特徴に関する知見から、短期留学の事前研修での活用に大きな可能性を感じ、導入を決定しました。

本校では新型コロナウイルスにより、現在、海外に100校以上ある姉妹校との国際交流や留学などの海外教育活動の予定に大きな影響が出ております。
このような中で、VR留学プログラムをいち早く開発・導入・実践することは、英語教育だけでないVRによる教育活動の可能性を探究するだけでなく、突発的リスクによる教育活動への影響軽減にも繋がり、仙台育英学園高等学校・秀光中等教育学校が認定を受けている国際バカロレア教育をはじめとしたグローバル教育を安定的に提供する基盤になると考えています。」


2020年は外国語コースに導入することで、生徒へのヒアリングを含めた教育効果測定を同校とイマースは共同して行う。今後はレッスン内容やVRシーンのカスタマイズなどを行い、他コースへの展開も含め、同校は生徒にとって最適な形へ改善を行う予定である。


◆Immerse Inc. 会社概要
・CEO : Quinn Taber(クイン・テイバー)
・本社所在地:カリフォルニア州アーバイン
・会社URL :https://www.immerse.online/ja/home

◆本件に関するお問い合わせ
・担当者 :Immerse Inc. 澤田和信
・問合わせ先:kazunobu@immerse.online

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Immerse Inc. >
  3. 教育機関で日本初、仙台育英学園がアメリカ留学前のVRシミュレーショントレーニングを正式に導入。海外留学の渡航制限対策としても期待。