社労士による新型コロナウイルス感染症対応のための労務管理・労働相談ダイヤルを開設

全国社会保険労務士会連合会(会長:大野 実)は、新型コロナウイルス感染症拡大による企業活動への影響に鑑み、同会に開設している無料電話相談窓口において、新型コロナウイルス感染症の対応に関する労務管理・労働の相談対応を令和2年3月12日より行うこととしました。
新型コロナウイルス感染症対応のための労務管理・労働相談ダイヤル

期間:令和2年3月12日(木)
    ~4月30日(木)(予定)

時間:11:00~14:00

相談費用:無料

相談受付内容:新型コロナウイルス感染症対応のための労務管理上の実務(事業所閉鎖に伴う休業補償やテレワーク、時差出勤など)に関する、経営者や働く皆様からのご相談に社労士がお答えします。



■社労士(社会保険労務士)とは
社労士は、「人を大切にする」働き方改革の専門家です。
一人ひとりの心を大切にする職場になるように、そして、誰もが安心して働き暮らせるようになるように、「働く」に関する企業の様々な悩みに寄り添い、豊富な現場経験を基に、各社の実状に応じた労務管理の提案を行っています。

■全国社会保険労務士会連合会
https://www.shakaihokenroumushi.jp/
■社労士とは
https://www.shakaihokenroumushi.jp/about/tabid/203/Default.aspx
■社労士を探す
https://www.shakaihokenroumushi.jp/consult/tabid/527/Default.aspx

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 全国社会保険労務士会連合会 >
  3. 社労士による新型コロナウイルス感染症対応のための労務管理・労働相談ダイヤルを開設