ドロップイン利用500円〜! コワーキングスペース「三茶WORK」が月額会費制の新プラン発表

三軒茶屋駅徒歩1分、最高のロケーションにある三茶WORK。その3Fワークスペースを、1回あたり500円から利用できるライトプラン(月額会費制)を新たに始めました。会員限定イベントの参加が可能など、会員に準じた特典も魅力。「ドロップイン利用でも三茶WORKコミュニティとつながりたい」という利用者のご要望を反映したプランです。

コワーキングスペース「三茶WORK」は、12月より新たな月額会員制プラン「ライトプラン」をスタートしました。ワークスペースとしての利用は月に数回でも、三茶WORKのコミュニティに関心が高い利用者のご要望にお応えするものです。

三茶WORKは、三軒茶屋から徒歩1分というロケーションに加え、カフェのような雰囲気の中でWIFIや電源を完備した快適な仕事環境を整備しています。今回の「ライトプラン https://3chawork.tokyo/lightplan/」は、11月に発表したトークイベント「三茶TALK https://3chawork.tokyo/sanchatalk201912/」に続き、三茶WORKがファシリティのみを重視したコワーキングスペースではなく、「三軒茶屋のまちを楽しむ人の仕事場」としてコミュニティを充実させ、人と人とをつなぎ、新たなコラボレーションを生み出すためのアクションの一つです。

・三茶WORK公式HP https://3chawork.tokyo/
・三茶WORKライトプランのご案内 https://3chawork.tokyo/lightplan/
・三茶TALK(12/12開催!) https://3chawork.tokyo/sanchatalk201912/

PHOTO by Takuya NagaminePHOTO by Takuya Nagamine

<背景>
三茶WORKは2019年8月にオープン。現在、約60名の会員にご利用いただいています。そのほとんどの方が、人とのつながりやコミュニティへの期待を、三茶WORKを選んだ理由にあげています。さらに、8月20日〜9月末に実施したドロップインキャンペーンをご利用いただいた方々から、ワークスペースとしての利用頻度は少なくても、三茶WORKに集まる人とつながる機会や会員限定イベントにも参加してみたいとの要望を多くいただいていました。また、会社員でも平日夜の仕事場を探している方、ワークスペースとしてのカフェ利用に電源確保や隣席との距離感など不便さを感じている方などが、ドロップインで三茶WORKをご利用くださっています。
こういった背景のもと、快適な仕事環境をより気軽にお得に利用でき、三茶WORKコミュニティにも参加いただける、月額会員制の「ライトプラン」を新たに設けました。

<ライトプランの詳細>
ライトプランは「月額料金1,000円+利用料金/回」の月額会費制。利用料金は、9:00-22:00は1,500円、18:00-22:00は500円です。全ての席で電源利用可能、ビジネス用のセキュア&ハイスピードWIFIを完備した、3Fのラウンジスペースをご利用いただけます。
・三茶WORKプランのご案内 https://3chawork.tokyo/plan/

<3F ラウンジの特徴>

①全ての席で電源利用可能、ビジネス用のセキュア&ハイスピードWIFI完備
②仕事のしやすさを考えたゆとりある座席配置と家具を設置
③ラウンジでの電話や、一時外出も可能

三茶WORKのワークスペースは「家具の使いやすさ」に定評があります。
茶沢通りに面した窓際の席はハイスツールで、質の高い革張りでクッション性があり、半日近く座っていても疲れません。大テーブルの椅子は肩肘をかけるところが絶妙で、腕を休めながらパソコン作業できます。また、大きな図面などの資料を広げて作業することも可能です。荷物をおいてもジャマにならない奥行きのあるソファ席など、細部まで使う人の目線で考え抜いたワークスペースです。

三茶WORKの運営メンバーで立ち上げの際の設計者である柴山修平はもともと家具職人。家具のセレクトにも力を入れている三茶WORKの運営メンバーで立ち上げの際の設計者である柴山修平はもともと家具職人。家具のセレクトにも力を入れている

また、三茶WORKの3Fは「茶や」という名のとおり、ワークスペースだけでなく、本格的なキッチンを備えています。お昼の時間になると、平日はeatreat.が作るカレーや参鶏湯の香りが、土日は三茶ファームが作るご飯とお味噌汁の香りがふんわり漂います。仕事の手を休め少しリラックスしたい時には、カウンター席でキッチンに立つスタッフや隣に座った人と会話を楽しみながらランチやお茶をする会員の方も多くいらっしゃいます。ワークスペースでありながらどこかほっと安らぐ雰囲気があること、これも三茶WORKのラウンジならではです。

ランチタイムには、平日はeatreat.chayaのカレーや参鶏湯、土日は三茶ファームの美味しい野菜を使った定食を提供しているランチタイムには、平日はeatreat.chayaのカレーや参鶏湯、土日は三茶ファームの美味しい野菜を使った定食を提供している

17時を過ぎると、会員がセレクトしたクラフトビールをカウンターで飲むこともできる。これも、会員の要望から生まれたサービス17時を過ぎると、会員がセレクトしたクラフトビールをカウンターで飲むこともできる。これも、会員の要望から生まれたサービス


三茶WORKは、「人が集まり、何かやりたい人といろんな妄想やアイデアがつながり、新しいコトを実現させていく」コワーキングスペースです。この新たなライトプランにより「三茶のまちを楽しむ人の仕事場&コミュニティ・三茶WORK」の仲間をさらに拡げていきます。三茶のまちでちょっと気になる場所・三茶WORKに、ドロップインはもちろんのこと、ランチでもお茶でも、気軽にフラリ、お立ち寄りください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三茶ワークカンパニー株式会社 >
  3. ドロップイン利用500円〜! コワーキングスペース「三茶WORK」が月額会費制の新プラン発表