豊洲市場 初! 業務用食材卸 受発注システムの『タノム』が仲卸業者間の受発注に対応開始

株式会社タノム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川野 秀哉、以下 当社)が提供する飲食業界向け加工食品・青果等の受発注システム『TANOMU』(タノム、以下 TANOMU) は、2020年3月31日より、青果仲卸業者間の受発注に対応を開始します。

導入第一号業者 豊洲市場青果仲卸「西岩商事」塩田さまコメント

仲卸業者は日々忙しく、受注情報の取りまとめに多大な時間を費やしてきました。TANOMUを導入することによって、毎日のルーティン業務の中でも多くの時間を費やしている受注情報の取りまとめ時間を削減できることを期待しています。


現時点ではまず仲卸業者間の取引に利用をする予定ですが、説明会を行った際の従業員の反応も良く、また別の販路(飲食店からの受注)にも利用していける手応えを感じています。

【背景】
当社はこれまで『TANOMU』の提供を通じ、飲食店と「納め屋」と呼ばれる納入業者間の電話、FAXでの受発注業務をスマートフォンに置き換えることで卸業者の業務効率化に貢献してまいりました。

しかし、業界内でヒアリングを重ねた結果、納入業者の食材仕入れ元である仲卸業者においても、受注業務はアナログで煩雑であり、同様の課題を抱えていることがわかりました。

仲卸業者は同じ市場内の仲卸業者と相互に仕入れを行い、自社取扱い商品に限らない様々な商品を納入業者、飲食店へと供給しています。従来、この仲卸業者間の受発注は電話や口頭で行われており、受注業者はそうして受けた
注文を手書きで集計するために、日々数時間もの工数をかけています。

そうした仲卸業者の受注業務および集計業務の効率化に貢献するべく、タノムでは仲卸業者間の受発注での利用に対応することにいたしました。
仲卸業者間をつなぐ受発注システムはこれまでになく、東京都中央卸売市場 豊洲市場内での初の取り組みです。(※当社調べ)

【本機能追加の概要】
・仲卸業者が発注者として利用することが可能に
・受注者となる仲卸業者は、受注内容を商品ごとに集計し、エクセルフォーマットでダウンロードすることが可能に

【TANOMUについて】
TANOMUは飲食店と食品卸売業者間の受発注をPCやスマートフォンで管理可能な、次世代型の受発注管理システムです。

<TANOMUの特長>    URL:https://lp.tano.mu/
(1)徹底したモバイルファーストのインターフェース
・従来型の受発注システムと異なり、あらゆる操作がスマートフォンで完結
・PCを普段使用しない卸売業者・飲食店の方々にも即日で導入することが可能

(2)卸売業者の売上増加
・その日の仕入れ状況をタイムリーにお知らせし、発注を促進
・ECサイトのような注文画面で、飲食店からの「ついで買い」を誘引

■株式会社タノムについて
名称:株式会社タノム
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-6-7 トーエイ・ハイツ 1A
代表者:川野 秀哉
事業内容:WEBサービスの運営・開発事業
サービス開始日:2018年11月1日
URL:https://lp.tano.mu/
サービスに関するお問い合わせ:https://lp.tano.mu/contact/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タノム >
  3. 豊洲市場 初! 業務用食材卸 受発注システムの『タノム』が仲卸業者間の受発注に対応開始