【日本映画史上初の試み!】 映画『ママをやめてもいいですか!?』新型コロナウィルス対策で映画館とオンラインでの同時上映を緊急決定!!

 

映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション:大泉洋)映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション:大泉洋)

 株式会社インディゴ・フィルムズ(東京都世田谷区/代表:豪田トモ)は、2月29日(土)より公開するドキュメンタリー映画『ママをやめてもいいですか!?』(ナレーション: 大泉洋) は、新型コロナウィルスの感染予防、拡散防止の一貫として、映画館での上映開始と同時に、インターネットを利用したオンライン上映を行うことを決定いたしました。
 映画館とオンラインでの上映を同時に開始するのは、日本の映画史上、本作品が初めて。今回の国のコロナ対策の方針を受けて急遽、映画館側と協議し、外出を自粛せざるを得ない方たちにも映画を楽しんでもらおうと、約2週間の限定配信を決定しました。
 主な視聴対象となる子育て世代であるママたちに配慮し、オンライン上映では、1回の購入につき、3日間、パソコンやスマホ、タブレット等、複数のデバイスで視聴することを可能にします。
 なお、映画館は、感染予防のため一定期間休館され、公開日が延期される可能性ありますが、オンラインでの上映は、実施いたします。


< 映画『ママをやめてもいいですか!?』 オンライン上映 >

■    配信期間:2月29日(土)〜3月13日(金)24時まで
■    料金:1,900円
■    上映先リンク: https://vimeo.com/ondemand/mamayame/
   ※ ご購入から3日間、視聴することが可能です。
   ※ クレジットカードでのご購入になります。

< 映画館での上映:メイン映画館「新宿シネマカリテ」 >

 ◎ 所在地: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビルB1F
   http://qualite.musashino-k.jp/

映画『ママをやめてもいいですか!?』概要

映画『ママをやめてもいいですか!?』は、ワンオペ育児や産後うつ、虐待など、子どもにまつわる大きな社会問題を背景に、すべてのママへ「感謝」と「元気」、そして「希望」を届けたい、そして「ママが笑顔で子育てができる社会を創るきっかけにしていきたい!」 そんな思いから、映画『うまれる』シリーズを生み出した監督とメインスタッフが再集結して作り上げた、ママを応援する、“笑い”と“感動”、そして共感度2000%のドキュメンタリー映画。
(企画・撮影・監督:豪田トモ/ナレーション:大泉洋)

・公開日: 2020年2月29日(土)
・映画HP: http://www.umareru.jp/mamayame/
・予告編:

 




監督プロフィール   

監督:豪田トモ監督:豪田トモ

1973年、東京都多摩市出身。中央大学法学部卒。
6年間の会社員生活の後、映画監督になるという夢を叶えるべく、29歳でカナダ・バンクーバーへ渡り、4年間、映画製作の修行をする。帰国後はテレビのドキュメンタリーや PV 映像などを制作。2010年に公開したドキュメンタリー映画『うまれる』(ナレーション:つるの剛士)で監督デビュー。2014年には『ずっと、いっしょ。』(ナレーション:樹木希林)を公開。累計90万人以上を動員した。
著書に「うまれる かけがえのない、あなたへ」(PHP研究所)、「えらんでうまれてきたよ」(二見書房)、小説『オネエ産婦人科』(サンマーク出版)がある。妻は、プロデューサーとして共に映画を製作する牛山朋子。一児(小3娘)の父。仕事は全力かつストイックにと言いつつ家族第一主義。 テーマは命と家族。作品作りのモットーは重いテーマも軽やかに☆

■会社概要
社名:株式会社インディゴ・フィルムズ
代表者:豪田トモ
http://www.umareru.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インディゴ・フィルムズ >
  3. 【日本映画史上初の試み!】 映画『ママをやめてもいいですか!?』新型コロナウィルス対策で映画館とオンラインでの同時上映を緊急決定!!