楽器を弾くことが心の支えになり、コロナ鬱や現代社会のストレスに負けない健やかな世界を作りたい。

コロナ禍で自粛中でも、独りで楽しめる楽器演奏の薦め

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「レント&ヴィヴァーチェ」のApril Dreamです。
コロナ自粛により鬱状態になる方が多くなったと報告される一方で、楽器の演奏を再開したり、楽器を購入し新たに始める方が増えたとの報告があります。また、楽器を演奏する事がストレスに対して効果的であるという報告もされています。レント&ヴィヴァーチェは、アンサンブルの仲間を探さなくとも、独りでも楽器演奏が楽しめるようにクラシックの名曲を弦・木管・金管の13種類の器楽独奏用に編曲して楽譜と伴奏音源のセットをダウンロード販売する専門サイトです。空いた時間に楽器を弾き感動することで、どんな苦しい状況におかれても、心のバランスを取ることができ、ひいては心豊かな生活と明るい社会の実現を目指してゆくことがレント&ヴィヴァーチェのApril Dreamです。

 


医療情報提供サービス会社「eヘルスケア」が2020年8月、全国の561人の医師を対象に実施した調査では、コロナ禍の外出自粛や休業要請など生活環境の変化で、患者が増えたり、症状が悪化した疾患を複数回答で尋ねたところ、「不安障害、鬱病などの精神疾患」が38%で最多となりました。 
(参考)http://info.drsquare.jp/pr/TrackingCovid-19SurveyReport_wave5.pdf
こうした心理状態について、明星大准教授の藤井靖氏(臨床心理学)は、「コロナについて不安をあおったり、デマなど不確実な情報が降り注ぐ状況は精神的に追い込まれやすい。周囲に人がいても、体験や感情を共有できず情報を自分だけで受け止めると、極端な判断になりやすい場合がある」と解説されています。
一方、カシオ計算機が2020年7月に、この1年で楽器を始めた方に対して行った調査では、楽器を再開または始めた方の割合は、2020年3月11.7%、4月13.3%とクリスマス商戦で高くなる12月の7%より増加したとの結果を発表しました。外出自粛期間中に、自分の時間を楽しむために始める人も多かったようです。
(参考)https://www.casio.co.jp/release/2020/0820_lk-315_lk-515/
また、音楽が心理的にストレスを緩和する音楽療法の研究は各方面で進んでいます。音楽のサブスクリプションサービスを提供する「Spotify」の科学的調査によると、楽器を演奏することは成人のメンタルヘルス(心の健康)にプラスの影響を与え、特に幸福感とリラクゼーションの面では、その影響が大きいことがわかったとのことです。
レント&ヴィヴァーチェでは、クラシックのピアノ曲、オーケストラ曲、歌曲の名曲を、独りで弾いても楽しみにくい単音楽器である弦楽器3種(バイオリン、チェロ、ビオラ)、木管楽器6種(フルート、クラリネット、オーボエ、ファゴット、アルト・サックス、テナー・サックス)、金管楽器4種(トランペット、トロンボーン、ホルン、ユーフォニアム)の独奏用に編曲し、楽譜データ(PDF)と伴奏音楽データ(MP3)をセットにして1曲500円でダウンロード販売をしています。
アマチュアの演奏家の皆さんが、就職、結婚、子育てなど、ご自身を取り巻く社会環境の変化で楽器を奏でる時間が持てなくなった、またコロナ禍でアンサンブル(合奏)が自粛によりできなくなった、などの理由で楽器演奏が疎遠になってしまった方に向けて、また楽器を始めたが基礎練習曲だけでは楽しくないと感じている方々に向けて、伴奏の音源があることで、スマホなどの再生用MP3機器と持ち運べるスピーカーがあれば、ご自宅、屋外、カラオケボックスなど、お好きな場所で独りでもアンサンブル演奏が楽しめます。単に原曲メロディを機械的に楽器の音域に合わせた移調をするのではなく、レント&ヴィヴァーチェでは、その楽器の美しい響きの音域を尊重した楽器ごとにフレーズを変えた編曲をしています。
「聴く感動から、弾く感動へ。」クラシック作曲家の名曲に込めた深い音楽性に触れ、その感動を演奏を通して表現することでストレスの多い現代社会との心の距離バランスを取ること、また、その演奏をご家族などに披露して、明るい社会を実現することがレント&ヴィヴァーチェのApril Dreamです。

 

ご自宅でご自宅で

屋外で屋外で

 

 








 

ホームコンサートでホームコンサートで

 

 


「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
 

【レント&ヴィヴァーチェとは】

2019年9月8日よりサイトをオープン。レント(Lento)は「ゆっくり」ヴィヴァーチェ(Vivace)は「快活に」という音楽用語より、ゆったり感とワクワク感を生活に感じてだきたいという願いから命名。著作権の切れたクラシックの名曲を最大13種類の器楽独奏用に編曲し楽譜PDFと伴奏音源MP3をダウンロード販売。2021年3月19日現在 45曲、575楽譜を販売中。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レント&ヴィヴァーチェ >
  3. 楽器を弾くことが心の支えになり、コロナ鬱や現代社会のストレスに負けない健やかな世界を作りたい。