4000キロ離れた場所で育った私たちが今できること

カンボジア・プレアアン小学校の修繕工事が完了!447名の子ども達に、安全な学校と未来につながる教育を

カンボジア王国コンポンチャム州ストゥントロン郡プレイバ町のプレアアン小学校舎修繕事業への支援をさせていただきました。
住宅設備販売会社のリーディングカンパニーとして様々な分野で前進し続ける八尾トーヨー住器株式会社(本社:大阪府八尾市/代表取締役社長 金子 真也)は、令和2年5月にNPO法人 GLOBE JUNGLE様からの協力依頼を受け、カンボジア王国コンポンチャム州ストゥントロン郡プレイバ町のプレアアン小学校舎修繕事業への支援をさせていただきました。6月22日には、カンボジアでの工事が無事に完了し、現地の村人や子どもたちの思い出が詰まった校舎が生まれ変わった旨報告を受けました。

これまでも積極的にSDGs(持続可能な開発目標)へ取り組んできた当社では、ただ寄付をするのではなく、社内の仕事の質を高め、そこで生まれた利益をカンボジア支援事業等の社会貢献に充てようと考えました。今回は、一年間に発生が予想される商品破損等の逸失利益削減を全社で取り組むことで出た利益を支援金に充てることといたしました。

今後も、SDGsの課題解決を重要な経営課題と捉え、全従業員が一丸となって社会課題の解決に取り組むことで、企業価値の向上と持続的な社会の実現に一層貢献してまいります。大変お忙しいこととは存じますが、ぜひ、貴媒体におかれましても、ご取材・ご紹介いただければ幸いです。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八尾トーヨー住器株式会社 >
  3. 4000キロ離れた場所で育った私たちが今できること