AIが自動で写真を選別。プリント写真やデジタル写真を送るだけで高品質なアルバムができる「おくってフォトブック」。

AI丸投げフォトブック

有限会社バサラ(本社:岡山市北区、代表取締役:遠部雅弘)は、2020年10月に「おくってフォトブック」をリリースした。
  • 「おくってフォトブック」の概要

“丸投げなのに高品質”をコンセプトに、AIとデザイナーが監修するこれまでなかったインターネットサービス「おくってフォトブック」がスタートする。現在デジタル写真のみに対応するアルバム制作サービスは存在するが、古いプリント写真に対応するサービスがないため、シニア世代は思い出が詰まった大量のプリント写真を抱えて、困惑している。また若い世代はスマホの普及により手軽に写真が撮影できるようになったため、大量の写真の中から“写りの良い写真”をセレクトするのが面倒で、撮りっぱなしの状態になっている。プリント写真のシニア世代とデジタル写真の若い世代。「おくってフォトブック」は、大量の写真を持て余している両世代共通の悩みを解消。魅力的な写真だけが凝縮された、コンパクトでスマートな「グッと!アルバム」を作ることができる。
また「おくってフォトブック」の場合、かさばる古いアルバムやプリント写真にも対応しているので、生前整理や遺品整理に活用することができる。

 

 

 

 

 

  • 「おくってフォトブック」のメリット
古いプリント写真やアルバムをそのまま箱に詰めて指定先に送り、希望のアルバムのタイプとページ数、使用する写真枚数を決めて注文するだけで、高品質なアルバムが出来上がる。デジタル写真の場合も同様で、指定先のサーバに写真データを送るだけで、希望のアルバムが出来上がる。アルバムを作るためにユーザーが専用ソフトのダウンロードやあれこれ操作しなければならない手間は、一切ない。「デジタル写真だけなら他にもアルバムを作ることができるネットサービスはありますが、写真選びから配置までユーザー自身が操作しなければならなので、完了するまでに数時間かかります。おくってフォトブックはAIを開発したため、ご注文まで数分で完了します。」(担当者)と話す。
 

 

 

「グッと!アルバム」は、プリント写真もデジタル写真も大量の写真の中からAIが写りの良い写真を選別し、ベストショットの写真を集めてアルバムに仕上げることができる。
例えば、古いアルバムに貼られた300枚の写真をAIが200枚選別し、スッキリとコンパクトにまとまったアルバムに編集することもできる。
  • 「グッと!アルバム」の特徴
「グッと!アルバム」には2種類のタイプがある。手に取って見やすい「ソフトタイプ」は、柔らかい紙質のカジュアルな仕上がり。保存に便利な「ハードタイプ」は、上製本でハイグレードな仕上がり。好みや使い方に合わせて選ぶことができる。アルバムのサイズはA4サイズと、A5サイズ、スクエアサイズの3つから選ぶことができる。
 

 

 

 

 

またアルバムは表紙と台紙のデザインを選ぶことができる。子どもの運動会、結婚式、旅行、さらには故人の思い出のアルバムなど、ライフイベントによってデザインを変えることが可能。表紙に写真を印刷するタイプもある。

 

預けたプリント写真は1枚ずつデータ化され、メディアに保存して「グッと!アルバム」の納品時に一緒に送付される。したがってAIの選別に漏れた写真も全てデータとして残るので、古いアルバムを処分しても安心。また、データ化のみを希望する場合も対応している。(随時見積もり)

 

 

預けたプリント写真は全て返却される。もし写真の処分を希望する場合は、有限会社バサラが責任を持って処分する。その場合、お焚き上げ供養を行う。(別途費用:アルバム1冊・バラ写真300枚につき500円)
  • 写真選別AI「AQUEM(アクエム)」について
写真選別システムAI「AQUEM(アクエム)」は、画像や映像に関する研究に積極的に取組んでいる岡山県立大学と協同で研究・開発した。「AQUEM(アクエム)」のアルゴリズムは、写真全体の審美性、解像度、顔の位置、サイズ、笑顔度、ボケ具合など多岐にわたり学習を行っており審美性評価の尺度は独自のものとなっている。さらに、人はどんな写真に魅力を感じるのかをテーマに「AQUEM(アクエム)」の開発以前から岡山県立大学が取り組んでいた、人の感性の多様性を考慮した視覚的顕著性も搭載し、審美度判定の精度を高めている。
これらの審美度判定は、モノクロ写真であってもカラー写真であっても同様に行うことができ、人物写真と風景写真のセレクト、主人公設定により対象人物の顔検出を行うこともできる。
最終的は仕上がりをデザイナーが監修することにより、写真の魅力が引き立つ高品質なアルバムが制作される。

●審美性による写真の評価
人の感性による写真の審美性評価を総合的にAIが学習。所謂「インスタ映え」を基準に、自動的に審美度の高い写真を選別する。
●類似度による対象人物の検出
写真から顔を検出後、対象人物かどうかを選別。成長による顔の変化や加齢による顔の変化を考慮して、一定のカテゴリー分けを行なった上で推定する。
●対象人物の写りの良さを判定
顔の大きさ・位置(構図)・向き・光の加減・表情・身体の写り・隠れなどの「絶対的特徴」と、他者の数・他者の顔の大きさなどの「相対的特徴」により、対象人物の写りの良さを判定する。
  • 「グッと!アルバム」利用の流れ
オンラインストアにて注文内容を入力して申し込み。申し込み後、アルバム・プリント写真を箱に入れ、記載されている住所へ元払いで発送する。(箱は自身で用意)デジタル写真の場合は、指定先のサーバーに写真をアップロードするほかメディアに入れて郵送。荷物が指定先に到着後、制作に取り掛かる。(制作期間は注文内容によって変動)
完成した「グッと!アルバム」は、預けた写真と共に返却される。

 

 

 

  • 「おくってフォトブック」開発経緯
同社は創業以来26年間、広告物全般からホームページなどの企画・デザイン制作を行っている。創業20周年を契機に新事業として、Web会員制の終活サービス「リガーズサービス」を開始。「リガーズサービス」では、簡単なフォームに沿って入力するだけで意思を残せる「エンディングノート」。文章や写真を織り交ぜて「エンディングノート」では語りつくせない想いを指定した人に伝える「うたかたより」。自分の想いや軌跡をスライドショーや映像で残し伝える「よろシネマ」。お墓にQRコードを取りつけスマホなどで読み取ることで、ご先祖様の写真を見ることができる「なごリスト」。自身のとっておきの写真を使った遺影をつくることができる「ラストフォト」。思い出の写真やビデオをメディアに保存できる「リコレクト」など、終活に役立つ6つのコンテンツが利用できる。これらの終活サービスの経験を通じて、シニア世代は古いアルバムやバラのプリント写真、若い世代はスマホやデジカメに保存している撮りっぱなしのデジタル写真、どちらの世代も大量の写真の整理に苦慮している現状を把握。これらの問題を解決するため、魅力的な写真(インスタ映え)を選別するAIを岡山県立大学と協同で研究・開発し、新たなサービスとして「おくってフォトブック」を開始。魅力的な写真がまとまっている「グッと!アルバム」を提供するに至った。

●おくってフォトブック
【商品名】グッと!アルバム
【特設サイト】https://okutte.jp

●商品価格
<「グッと!アルバム」基本料金(全サイズ共通)>
・ソフトタイプ
12ページ 2,100円
20ページ 3,800円
28ページ 5,400円
36ページ 7,100円
・ハードタイプ
12ページ 3,500円
20ページ 6,200円
28ページ 8,950円
36ページ 11,700円
40ページ 13,000円
48ページ 15,800円
※「グッと!アルバム」1冊分の送料込2冊目以降から500円が加算されます。)
<プリント写真スキャン料金>
50枚 2,500円
※プリント写真による制作には、「グッと!アルバム」 基本料金にスキャン代が加算されます。
<送料(アルバム・バラ写真の返却用)>
1箱につき 750円
※当サービスにご発送いただく送料はお客様ご負担となります。
<おたきあげ>
お預かりしたアルバム・バラ写真の処分
アルバム1冊(バラ写真300枚まで) 500円
<オリジナル表紙(オプション)>
1冊 2,500円
※表示価格はすべて税抜きです。

●会社概要
【会社】有限会社バサラ
【代表】遠部雅弘
【本社所在地】岡山市北区今6丁目15-35 インペリアル3
【事業内容】 デザイン制作、Webサイト制作、サービス企画立案
【ホームページ】http://basara.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 有限会社バサラ >
  3. AIが自動で写真を選別。プリント写真やデジタル写真を送るだけで高品質なアルバムができる「おくってフォトブック」。