深夜の“孤”育てはもう卒業! 夜泣きのつらさをタイムリーにシェアできる子育て応援アプリ『月夜のうさぎさん』Android端末向けに提供開始

夜泣き中のつらい気持ちをユーザー同士で簡単にシェア! スタンプをタップするだけの簡単なコミュニケーションで、励まし合い、子育てをもっと楽しくする育児応援アプリ

Firebaseを活用したシステム設計・運用支援・サポート事業を手掛け、『働くママ応援プロジェクト』を運営する、株式会社 シンプルメーカー(所在地:東京都中央区、代表取締役:市川喬之)は、2020年2月3日に夜泣きに奮闘するママやパパを応援するアプリ「月夜のうさぎさん」をAndroid端末向けにリリースしました。

夜泣きに悪戦苦闘している親同士のコミュニケーションツールとして開発夜泣きに悪戦苦闘している親同士のコミュニケーションツールとして開発

「月夜のうさぎさん」は、夜泣き対応中のママやパパ同士がアプリを通して繋がり合い、つらい夜泣きの時期を乗り切ろう! というコンセプトのアプリです。

夜泣きをしているまさにその瞬間の気持ちを親同士でシェア夜泣きをしているまさにその瞬間の気持ちを親同士でシェア


このアプリは立ち上げると、同じように夜泣きに対応しているユーザーと繋がることが可能。夜泣きに四苦八苦しているのは自分だけではない、という安心感を共有できることが特長です。
 真夜中の夜泣き対応は孤独になりがち。気分として、ワンオペ感が否めません。夜泣きをしている赤ちゃんをあやしながら、「ねむい」「がんばろう!」「つかれた」など、その時の自分の気持ちや状況に合ったうさぎのスタンプを送ることが可能です。繋がっているユーザー同士でスタンプを送り合うことができるので、夜泣き中のつらい気持ちを簡単にシェアすることができます。

 
<サービス概要>

[コンテンツ名]『月夜のうさぎさん』
[特長] スタンプをタップするだけで、夜泣きのつらさをユーザー間でタイムリーにシェアできる!
[説明サイト] https://tukiyonousagi.com/     
[ストアURL] http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.simplemaker.yonakiapp         
[価格] 無料
[対応OS] Android™7.0以上
※Android™の一部機種及びフィーチャーフォン等、一部端末ではご利用いただけません。

<開発概要>
本アプリのバックエンド開発には、firebaseを利用しております。

※Firebaseとは、Google社が提供するmBaaS(mobile backend as a Service)です。
※Android™はGoogle LLCの商標です。
※その他、会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。 

赤ちゃんうさぎに寄り添う、ママうさぎのほっこりかわいいアイコンです赤ちゃんうさぎに寄り添う、ママうさぎのほっこりかわいいアイコンです

ストアURLストアURL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シンプルメーカー >
  3. 深夜の“孤”育てはもう卒業! 夜泣きのつらさをタイムリーにシェアできる子育て応援アプリ『月夜のうさぎさん』Android端末向けに提供開始