住宅メーカー・大倉は、中国AloTプラットフォームであるTuya Smartとパートナーシップ契約を提携しました。

「Tuya Smart」×「大倉」で日本のスマートビジネスの新時代を構築

国内の住宅メーカーとして初の「Tuya Smart」プラットフォームを活用したスマートホーム事業
2019年12月9日、株式会社大倉(大阪府、代表取締役:川合南都子、以下大倉)はグローバルAloTプラットフォームであるTuya Smartと正式に業務提携を結びました。

(パートナーシップ契約に調印するTuya Smartの社長 陳燎罕氏と大倉 会長 清瀧 静男)
 

*1‥‥Tuyaは、Alibaba、Baidu、Haier Electronicsなどの中国の技術大手、ベテラングループとともに2014年に設立され、中国の杭州に本社を置き、深セン、香港、シリコンバレーにオフィスを構えています。家電製品をIoT化するソリューション「Tuya Smart」を提供し、全世界で10万社以上、3万個以上の商品に採用され、出荷製品数はすでに1億個を超える世界屈指のグローバル企業です。(2019年 Tuya Global Inc.調べ)

■「Tuya Smart」×「大倉」で日本のスマートビジネスの新時代を構築

中国の杭州にて執り行われた調印式では、Tuya Smartの共同設立者兼社長の陳燎罕氏、Tuya Smartユーラシア地域の統括マネージャー俞菲氏、Tuya Smart Japanのマネージャー安岡浩氏、及び大倉の代表取締役会長 清瀧静男が署名式に出席し、パートナーシップ契約に調印しました。

(中国の杭州にて執り行われた調印式の様子)


調印式で大倉の清瀧は「Tuyaは信頼できる優れた企業理念を持つグローバルインテリジェントプラットフォームです。今回の大倉とTuyaの提携は、大倉スマートシティ計画を進めるための重要な一歩です。インターネットが非常に成熟した時代に、Tuyaが日本のスマート不動産とスマートホームに安定した高効率的なシステムとハードウェアを提供し、世界中のスマート機器との相互接続を実現できると信じています。」と述べ、今後、お互いに強い連携を組み、スマート産業の構築を完成させ、日本スマートビジネスの新時代を共同で構築していくと表明しました。

■大倉が「AloT時代」を先進

大倉では近年、AloT時代を先進するために、スマートシティ計画を積極的に進めており、今回のパートナーシップ契約により、大倉が取り扱う全住宅の機能として、Tuyaが提供するスマート家電及びスマートホームの機能を標準仕様として販売をおこなう予定です。 

(AloTスマートホームのイメージ図)

11月には世界的に著名な経済誌であるForbesの中国版・Forbes Chinaにて「AIoTトップ100企業2019」に選出されており、日本国内でスマート事業の展開をさらに拡大させ、IoT及びスマートホームの普及を目指します。

<株式会社大倉について>
 https://www.okura.co.jp

【会社名】株式会社 大倉
【本社】大阪市北区天神橋2丁目北2番11号
【設立】昭和39年1月
【資本金】30億円
【代表取締役】川合 南都子

1962年創業。主に生活の基盤となる「住」の領域を中心に、戸建住宅ニュータウンの開発、分譲マンション、リフォームの事業を展開しています。また1974年には、お客様に「快適な暮らし」を提供する目的から、会員制リゾート事業も立ち上げ全国で積極的に事業を展開しております。これからも大切なお客様へ、より一層「安心」「安全」「快適」な暮らしを提供するため、最新技術の導入にも積極的に取り組んでまいります。

<問い合わせ先>
本リリースに関するお問い合わせはこちら
E-mail: okura.press@okura.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社大倉 >
  3. 住宅メーカー・大倉は、中国AloTプラットフォームであるTuya Smartとパートナーシップ契約を提携しました。