文化を纏うブランド「renacnatta(レナクナッタ)」が伝統工芸西陣織でつくる"一生着られる"ウェディングドレスと金彩イヤアクセサリーを発表

株式会社Dodici(読み:ドーディチ 代表取締役:大河内愛加)は日本とイタリアで生産されたデッドストックや伝統工芸品などの貴重なテキスタイルを組み合わせ巻きリバーシブルスカートを主に展開するブランドrenacnatta(以下、レナクナッタ)を運営しています。
レナクナッタでは、2020年3月7日(土)〜4月29日(水)の期間、クラウドファンディングにて「西陣織でつくる"一生着られる"ウェディングドレス」と「金彩イヤアクセ」、その他アイテムを発表いたします。(https://www.makuake.com/project/renacnatta2/

 

▪️ブランドについて▪️
renacnattaは「文化を纏う」をコンセプトに日本とイタリアの素材を組み合わせた巻きスカートをメインに展開するブランドです。今回発表するアイテムは京都の伝統産業とのコラボレーションとなっており、受注生産になります。

▪️アイテムの一部▪️
1)西陣織でつくる"一生着られる"ウェディングドレス (60,000~180,000 yen)
ドレスはトップスとスカートのセットアップになっており、トップスは着物をイメージしたデザインになっています。そして西陣織の上にさらに繊細な手刺繍を施しています。
ウェディングドレスは一生に一度だけ着るものなのでレンタルが主流ですが、このドレスはセットアップになっているのでトップスやスカートだけで、たとえば結婚記念日だったり、お子様の入学式など人生の特別な節目に着ていただけます。また上下ともに巻いて着られるフリーサイズになっているのでサイズの変動にも対応します。

 

2)西陣織ネクタイ (15,000 yen)

3)金彩イヤアクセ (11,000 ~ 13,200 yen)

金彩は、染め上がった絹の生地に金や銀の箔、金粉等を接着する技術で、友禅染をより華やかにする加工の一つです。今回のリターンではイタリア製の80年代に織られたビンテージのデッドストックシルクに金彩を施したアイテムをご用意しています。


▪️資金の使い道▪️
クラウドファンディングで集まった資金は今後の運営費と今年6月に行われるミラノデザインウィーク出展の資金として使わせていただきます。
ミラノデザインウィークは毎年4月にイタリア・ミラノで開催され、毎年約40万人前後の人が訪れる世界最大級のデザインの祭典です。(今年は新型コロナウイルスの影響で6月に延期となりました。)
デザイナーだけでなく、バイヤー、建築家、職人、インテリアコーディネーター、ジャーナリスト、トレンドリサーチャーなど、デザイン業界に関わるあらゆる職種の人々が世界中から集まるこの機会に、日本の伝統工芸の新しいカタチと可能性をアピールしていきます。

▪️クラウドファンディング詳細▪️
実施期間:2020年3月7日(土)〜4月29日(水)

ページurl:https://www.makuake.com/project/renacnatta2/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Dodici >
  3. 文化を纏うブランド「renacnatta(レナクナッタ)」が伝統工芸西陣織でつくる"一生着られる"ウェディングドレスと金彩イヤアクセサリーを発表