AI管理のスマート農業で中山間地の里山再生

広島産キャベツ100ha栽培めざす実証実験を11月25日に

1 概 要~庄原市東城町のキャベツ農場で実験と説明会
県立広島大学の庄原キャンパス(広島県庄原市七塚町5562)では,「キャベツの大規模経営モデル」に県など関係機関が位置付けている庄原市内の農場(庄原市東城町帝釈宇山390)で11月25日,スマート農業の実証実験を行います。農業生産法人の(株)Vegeta(谷口浩一社長)が保有する75ha(ヘクタール)のキャベツ農場で,スタートから5年ほどで,中国地方で最大規模の農場に成長しています。さらなる規模拡大を目指し,まずは農場を100ha以上とすべく,AIやIOTを駆使した「スマート農業」の実現を進めます。作業の効率化と省力化が目的で,当日はドローンによる農薬散布,機械化が難しいといわれてきたキャベツの,専用機器による全自動の収穫作業などの実験を公開します。

農場内では,スマート農業に使う機器やシステムを解説するパネルを展示。農場で生産したキャベツを使った「焼きそば」や,イノシシの肉を使った「猪汁」も販売します。また農場近くの集会所では,実証内容の説明会も開催します。

2 背景~「山間地のキャベツ生産」は県の重点品目
県が作成した「農林水産業アクションプログラム」では,重点品目の一つにキャベツを掲げ,スマート農業の推進による生産量拡大を目指しています。県のソウルフードでもある「お好み焼き」でも親しまれているキャベツは,県内需要に対し県産の流通量が圧倒的に不足しています。県では令和2年度に県内需要(約4万トン)の過半以上を占める2万2千トンの供給を目指しています。

一方,県の4分の3は中山間地域で,狭小な農場が点在しています。標高差が大きいという特徴もあります。そうした「地の利」を活用し,作付面積を全県に拡大できれば,キャベツの通年での安定供給が可能になり,他の生産地の閑散期に出荷することも可能になります。全県に散らばる小さな農場を,スマート農業で集約して管理できれば,飛躍的な供給量の拡大が期待できます。25日の実証実験はその足掛かりとなり,県立広島大学の三苫好治(みとま・よしはる)教授が代表者を務め,庄原商工会議所が進行管理を担います。

3 11月25日のスケジュール
スマート農業実演(午前11時~午後2時)
場所:(株)Vegeta 農場(庄原市東城町帝釈宇山390)
内容:ドローンを使う農薬散布,オートトラクターによる
自動操舵の畦立て実演,全自動移植機による
キャベツ定植と収穫作業,リモコン草刈機の実演他。

事業概要説明会(午前11時20分~午後3時)
場所:宇山自治公民館(庄原市東城町帝釈宇山390)
内容:キャベツの機械化栽培
スマート農業を取り巻く環境など*取材ご希望の場合はお問い合わせ下さい。
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公立大学法人 県立広島大学 >
  3. AI管理のスマート農業で中山間地の里山再生