「スマート仲介 360˚VR内見」サービスを提供開始

100%宅建士“プロ不動産エージェント”ミライアス

ミライアス株式会社(代表取締役:山本健司、本社:東京都渋谷区)は、2020年5月8日(金)より不動産売買仲介サービス「スマート仲介 360˚VR内見」サービスを開始いたします。


■「スマート仲介」について
 
「スマート仲介」は、売却物件情報の囲い込みをせずマッチング機会を最大化させ、売主様・買主様のいずれか一方しか仲介手数料を貰わない「完全片手報酬型不動産仲介」と、本サービス適用住宅をご売却される売主様・他社顧客を含めた全ての買主様が対象となる「建物・設備修補保証」を組み合わせた不動産売買仲介サービスです。

スマート仲介 売却サービス
https://miraias.co.jp/lp-sell/
 



■「スマート仲介 360˚VR内見」サービス詳細

当社と媒介契約を締結いただいた売主様の売却物件に対して、室内空間を疑似体験(疑似内見)できる「スマート仲介 360˚VR内見」サービスを提供いたします。

本サービスを利用し、ウェブ上で疑似内見を行うことにより、取引関係者の内見手続きを大幅に軽減することが可能になります。

従来提供されている360°内見等の類似サービスは売却担当の不動産会社名が記載されているサイトにデーター掲載がされているため「囲い込み」が発生するリスクがありました。

「スマート仲介 360˚VR内見」では、不動産会社名を記載しない360˚画像データーを開放するため、全ての検討者様が他不動産会社を介したかたちであっても、ウェブ上で自由に疑似内見が可能です。

「囲い込み」を行わない開放型の「360˚VR内見」であり、売主様・買主様の負担を軽減することで、マッチング確率が向上するサービスであることが特徴です。


【売主様のメリット】

開放型の「360˚VR内見」により、参考見学者数を減らすことができるため、内見受け入れのための時間調整・片付けなどの準備負担を軽減することができます。
質の高い内見集客を行うことにより、成約率の向上と、より具体的な販売の効果測定が可能になります。
 

【買主様のメリット】

日時・天候の影響を受けることなく、室内内覧を疑似体験することができます。
従来の内見方法で生じていた、写真と現地確認時のイメージのギャップを最小限に抑えることができ、最小の負担で、より理想に近い内見ができるようになります。
また、現地内見後に、再度室内を確認するツールとしても活用ができます。


※なお、本サービスは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の不動産に限り適用となります。



■実施背景

新型コロナウイルスの影響により、住宅購入検討者からは、不動産会社への来店・現地内見などの外出機会を極力減らし、「最小限の外出で、内見は具体的な物件に限って住まい探しをしたい」というニーズが、売主様からは接触頻度を極力減らすため「具体的な、成約可能性の高い検討者様の集客をしたい」というニーズが、高まっています。

当社ではこうした背景を受け、「囲い込み」が発生しない仕組みをベースに、「取引関係者にとって最短距離かつ最良の住宅流通促進を実現する」ことを目的として、本サービスの提供を開始いたします。
 

ミライアスは今後も、「あたりまえを、あたらしく」をミッションに、「豊かな未来型社会」を実現するためのサービス提供に努めてまいります。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミライアス株式会社 >
  3. 「スマート仲介 360˚VR内見」サービスを提供開始